【動画】謎の構造物からクモが生まれる、種は不明

アマゾンのミステリー「シルクヘンジ」の実態が見えてきた

2016.12.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 蒸し暑い南米のジャングルで見つかる、白い尖塔と周りを囲む円形の柵から成る不思議な構造物。謎に包まれたこの構造物を、研究者らは「ストーンヘンジ」にならって「シルクヘンジ」と呼んできた。このほどそのシルクヘンジから、赤ちゃんのクモが生まれ出る映像が公開された。

 今回のシルクヘンジが採集されたのは、エクアドルのヤスニ国立公園。熱帯生物学者のフィル・トレス氏は、「パズルを解くピースが増えました」と語る。トレス氏は、ペルーアマゾンにあるタンボパタ研究センターで、この構造物を初めて観察した人物だ。(参考記事:「石油開発に揺れる熱帯雨林、エクアドル、ヤスニ国立公園」

「シルクヘンジのこのような場面が見られるのは、まさに貴重な機会でした」とトレス氏。これにより、謎に満ちたクモの生態解明に1歩近づけるかもしれない。

アマゾンのミステリー

 これまで、科学者らはペルー、フランス領ギアナ、エクアドルでクモの糸による同様の構造物を発見しているが、タンボパタ周辺での発見が最も多い。(参考記事:「アマゾンのタンボパタ、チョウの知られざる生態が明らかに」

 2013年、研究者のトロイ・アレキサンダー氏が、奇妙な柵を含む物体を初めて写真に収めたのもその地だった。間もなく、写真は大きな話題を呼んだ。当初は誰が何のために作ったものか見当もつかなかった。クモか菌類か、あるいは糸を使うほかの昆虫の仕業なのか。そして、柵に囲まれたこんな塔を作る目的は何なのか?

 その年の12月、トレス氏はタンボパタのジャングルで例の塔の作成者を捕まえようと試みた。連夜の雨の中、トレス氏らのチームはうっそうとした熱帯雨林を這うように探したものの、収穫はなかった。

 ところが、トレス氏に幸運が訪れた。以前研究センターに持ち帰っていたシルクの塔から、オレンジ色をした半透明の子グモが1匹、はい出てきたのだ。これにより、シルクヘンジを作っていたのはクモということになった。とはいえ、種も属も分からない。このクモが卵1個のためにここまで手の込んだことをする理由も、全く不可解だった。(参考記事:「アマゾンのシルクヘンジ、正体が判明」

厄介な相手

 その謎は今も解けていない。だがトレス氏と、同僚の昆虫学者アーロン・ポメランツ氏は、今回の最新映像から新たな手がかりが得られることを期待している。ポメランツ氏はナショナル ジオグラフィック協会が支援するエクスプローラーでもある。

 今回、エクアドルで見つかったシルクヘンジでは、同じ1つの塔から3匹の子グモが孵化した。1匹だけだったペルー、タンボパタのときとは違う。「シルクヘンジは、現在確認されているよりもずっと広範囲に存在するようです。また、1個~数個の卵が塔に入っているのがおそらく普通なのでしょう。それでも、クモの卵嚢1つ当たりの卵の数としては、わかっている中で最少レベルだと思いますが」とトレス氏。

「時間をかけて観察すれば、私たちが本当に見たいもの、つまりこのわけのわからない代物を成虫が作るところも、きっと観察できるはずです」

 成虫が見つかれば、クモの種も特定され、謎の解明に近づくかもしれない。トレス氏とポメランツ氏としては、何であれシルクヘンジから孵化した幼虫を成虫まで育てるのが理想だろう。幼虫を育てるという試みが今後うまく行けば、研究チームは種の特定ができるかもしれない。少なくとも、クモが属する科は判明する可能性がある。(参考記事:「こちらも謎の構造物、ハチをかわす幼虫のスゴ技動画!」

 それが失敗した場合、次善の策は子グモのDNAを分析し、既知の種のいずれかと一致するかどうかを見ることだ。

 ポメランツ氏は今年、すでにその策を実行している。子グモのDNAのうち特定の配列をカナダの施設に送って調査した。その結果、シルクヘンジから生まれたクモの配列は、既知のクモのうちヒメグモ科、フクログモ科、サラグモ科と86%一致することが分かった。しかし、その程度の類似性では属や種を絞り込むことはできない。同程度の一致は、人間と魚類の間にもあるからだ。(参考記事:「クモの進化の謎解く鍵、3億年前の化石で新種発見」

「私が見る限り、今回のDNA調査では『クモだ』ということを確認しただけでした」とトレス氏は言う。「何とも厄介な相手です」

未知のクモはまだまだ多い

 他の専門家たちは、簡単なDNA調査でクモを同定できなかったのは驚くべきことではないと語る。ドイツにあるゼンケンベルク研究所のクモ学者、ペーター・イェーガー氏は、「無脊椎動物のうち、記録されている種はわずか10%です。そのうち、DNAデータベースに入っている種はごく一部でしかありません」と話す。

 ポメランツ氏とトレス氏は、このクモを含む系統樹の枝をより多く明らかにするという課題に意欲を見せている。「DNA調査の教訓は、今後も試行錯誤を続けてシルクヘンジの子グモを成虫に育てろということです」とポメランツ氏。「もしくは、もっとたくさんのクモたちの遺伝子配列を調べることですね」(参考記事:「【動画】人の声で触角を伸ばすイモムシが見つかる」

文=Nadia Drake/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加