世界初、恐竜のしっぽが琥珀の中に見つかる

羽毛に覆われた9900万年前の尾、ありのままの姿

2016.12.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
琥珀の中から驚異的に保存状態が良い恐竜の尾が見つかった。(解説は英語です)

 琥珀の中から9900万年前の恐竜の尾が発見されたとする論文が、12月8日に科学誌『カレント・バイオロジー(Current Biology)』に掲載された。尾には、骨や軟部組織だけでなく、羽毛まで残っていたというから驚異的だ。

 恐竜が生息していた時代の羽毛が琥珀の中から発見されることはこれまでにもあり、羽毛の痕跡のある恐竜の化石も発見されたこともあるが、保存状態の良い羽毛が恐竜とはっきり関連づけられたのは今回が初めてだ。この発見により、恐竜の羽毛の進化とその構造についての理解が深まることが期待される。(参考記事:「恐竜から鳥へ 羽はどうやってできたのか?」

 中国地質大学の古生物学者リダ・シン氏が率いるこの研究には、ナショナル ジオグラフィック協会のエクスペディション・カウンシルも支援を行っている。

琥珀の中に保存されていた9900万年前の恐竜の尾の一部。羽毛で覆われているのがわかる。琥珀には白亜紀のアリと植物の断片も閉じ込められていた。(PHOTOGRAPH BY R.C. MCKELLAR, ROYAL SASKATCHEWAN MUSEUM)
[画像のクリックで拡大表示]

尾が語ること

 白亜紀中期のものとされるこの琥珀には、空を飛ぶための鳥の羽毛と恐竜の羽毛が枝分かれして間もない時期の、恐竜の羽毛が閉じ込められている。

 それは繊細な羽毛に覆われた動物の尾だ。長さは37mmで、羽毛の色は背側が茶色で、腹側は白っぽい。研究者たちは、化石の尾の構造から、コエルロサウルス類の幼い個体のものだろうと推測している。コエルロサウルス類は、ティラノサウルスから現生の鳥につながる系統まで含む獣脚類の恐竜だ。

マイクロCTスキャンにより、恐竜の尾を覆う繊細な羽毛の存在が明らかになった。(PHOTOGRAPH BY LIDA XING)
[画像のクリックで拡大表示]

羽毛恐竜は飛べたのか?

 尾椎の関節があることから、この尾の持ち主が鳥であった可能性は否定される。現生の鳥や、これに近い白亜紀の鳥は、尾椎骨が癒合して一つの骨(尾端骨)になっており、尾羽をまとめて動かせることを特徴としているからだ。

 カナダのロイヤル・サスカチュワン博物館の無脊椎動物古生物部門のキュレーターで、今回の論文の共著者であるライアン・マッケラー氏は、「七面鳥の下ごしらえをしたことのある人なら誰でも尾端骨を見たことがあるはずです」と言う。

尾の下側のスキャンからは羽毛の並び方がわかる。(PHOTOGRAPH BY LIDA XING)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の恐竜の羽毛は中心の羽軸がしっかりしておらず、尾の両側に並んで生えているように見える。まばらで柔軟な構造を持つ羽毛は、現生の鳥の風切羽よりも飾り羽に似ている(風切羽は羽軸がはっきりしていて、羽軸から羽枝が生え、さらに細かい小羽枝があり、その先端のフック状の構造が全体の形を保持している)。

 この研究チームは、今年6月にも、琥珀の中に保存されていた白亜紀の鳥の羽毛を発見したと報告しているが、こちらの羽毛は現生の鳥の風切羽と非常によく似ていた。(参考記事:「恐竜時代の鳥の翼、琥珀の中でありのまま保存」

恐竜の羽毛はまばらで柔軟な構造を持ち、現生の鳥の飾り羽に似ている。(PHOTOGRAPH BY ROYAL SASKATCHEWAN MUSEUM)
[画像のクリックで拡大表示]

 研究者たちは、恐竜の尾の全体が今回の標本のような羽毛で覆われていたなら、この恐竜は飛べなかっただろうと結論づけている。このタイプの羽毛は合図や温度調節の機能を担っていたのではないかと、マッケラー氏は推測する。

 尾の羽毛があまり発達していないことから、シン氏は、白亜紀に生息していたこの尾の持ち主は、獣脚類の進化の系統樹の根に近い方、「おそらく原始的なマニラプトル類」だろうと考えている。マニラプトル類はコエルロサウルス類の一系統で、オヴィラプトルやテリジノサウルスといった恐竜を含む。(参考記事:「史上最長の爪をもつ動物、テリジノサウルス」

宝飾品から標本へ

 この琥珀標本の正式な名称は「DIP-V-15103」だが、研究者の間では恐竜学者フィリップ・カリー氏の妻の名にちなんで「エヴァ」と呼ばれている。エヴァは、ミャンマー北部のカチン州にあるフーコン渓谷の鉱山で発掘された。この地域の琥珀は、白亜紀の多種多様な動植物を含んでいることで知られる。(参考記事:「勃起したザトウムシの化石、琥珀の中に見つかる」

 エヴァは、シン氏の研究チームが2015年にカチン州の州都ミッチナーの有名な琥珀市場で購入した琥珀の1つだ。購入したのは12個ほどだったが、ほかの2つの琥珀には、彼らが今年初めに発表した恐竜時代の鳥の翼が入っていた。

ミャンマーの鉱山で発見された琥珀「エヴァ」は、宝飾品加工業者により部分的に卵形に成形されていた。(PHOTOGRAPH BY R.C. MCKELLAR, ROYAL SASKATCHEWAN MUSEUM)
[画像のクリックで拡大表示]

 ミャンマーの琥珀の大部分は宝飾品や彫刻に利用されるため、エヴァも成形されてしまっていた。けれどもマッケラー氏は、加工には良い点もあったと言う。尾の「すばらしい断面」から露出した表面の化学的性質を分析することができたからだ。

 分析の結果、かつて恐竜の軟部組織にあった血液中のヘモグロビンが分解してできた第一鉄(2価の鉄)が存在していることが明らかになった。「鉄が残存しているなら、今後の分析には大きな期待が持てます。皮膚の色などに関する化学的情報が得られるかもしれません」とマッケラー氏。(参考記事:「恐竜に濃淡のカムフラージュ模様、初めて見つかる」

 シン氏によると、ミャンマー政府とフーコン渓谷を支配するカチン独立軍の間では数十年にわたって紛争が続いていたが、この紛争は「終わりに近づいている」という。紛争が終結すれば、科学者が琥珀鉱山に調査に入り、素晴らしい発見が相次ぐことになるだろう。

 「完全な恐竜も見つかるかもしれません」と彼は自信をのぞかせる。

文=Kristin Rome/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加