【動画】クジラが集団大移動するレア映像を撮影

南アフリカ沖の大海原を潮をふきながらゆったり、美しい映像

2016.12.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】うっとりするほど美しいザトウクジラの群れ
2016年12月2日にドローンを使って撮影した。ザトウクジラは通常、2~3頭からなる小さな集団で泳ぐが、この動画には、南アフリカのケープタウン沖を移動するとても大きな群れが写っている。動画を撮影したアントン・シュッテ氏によると、彼がこの群れを目撃したのは撮影を初めてから数日後だという。

 ザトウクジラが集団で移動する様子をとらえた珍しい映像が、南アフリカ沖で撮影された。出産と子育てに適したオーストラリアの暖かい海を目指している。

 ザトウクジラは、一時は絶滅の危機にあったものの、近年は数を増やしている。夏の間、南極や北極に近い冷たい海でオキアミを食べ、冬になると「ポッド」と呼ばれる小規模の群れで、天敵の少ない暖かい海へと移動する。こうした移動や出産・子育ての時期になると、ザトウクジラは一切餌を摂らず、体に貯め込んだ脂肪を消費して過ごす。(参考記事:「【動画】ザトウクジラが桟橋前で大口開け食事」

 彼らの移動距離は1万キロ近くにも及ぶ。北半球のザトウクジラは主にハワイへ、南半球のザトウクジラはオーストラリア東部に向かう。浅く暖かい海で、メスは子を産み、オスはメスの気を引くために互いに競い合う。このときメスと子クジラに付き添って泳ぐオスは、「エスコート」と呼ばれる。(参考記事:「クジラの背に乗るアシカの写真が話題」

【次ページ】Your Shotに投稿された厳選!クジラ写真集21点

 クジラは通常、2~3頭(メス、子供、エスコート)のポッドで行動するが、繁殖エリアでは、メスを目当てにたくさんのオスが集まって大集団を作ることもある。

 クジラの尾びれは、人間の指紋と同じく個体ごとに特有のものだ。同じ尾びれはふたつとないため、クジラを追跡する際にはこれが便利な目印となる。(参考記事:「【動画】サメやクジラも結集!「世界最大の魚群」」

次ページ:Your Shotに投稿された厳選!クジラ写真集21点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加