世界のすべての人にトイレを、写真12点

24億人がトイレなしで生活、国連が「世界トイレの日」を定め改善目指す理由

2016.11.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バンガロール(インド)のビルの屋上にあるトイレ。人口12億人のインドでは半数の人々がトイレのない環境で暮らしている。(PHOTOGRAPH BY ANDREA BRUCE)
[画像のクリックで拡大表示]

 11月19日は、華やかさにはほど遠い記念日「世界トイレの日」だった。

 タブー視されがちなトイレの国際的な記念日が制定されるきっかけを作った人物は、シンガポールのビジネスマン、ジャック・シム氏だ。彼は、2001年に世界トイレ機構(World Toilet Organization)を設立したのに続いて、世界トイレ大学や世界トイレサミットなどのトイレ関連組織を世界中で設立している。

 その「ミスター・トイレ」は、劣悪な衛生設備が人々の命を奪い、生産性の損失は数百万ドルにのぼるとして、衛生設備の改革に乗り出した(ただし、ユーモアのセンスは忘れない。2012年の世界トイレの日のスローガンは「I give a sh―, do you?(ウンと気になる問題だよね?)」だった)。2013年には、24億人もの人々がトイレのない生活をしている現状の改善に取り組むために、国連が11月19日を国際記念日と定めた。さらにその2年後には、国連の「持続可能な開発目標」として、2030年までにすべての人がトイレを利用できるようにすることを宣言した。(参考記事:「閲覧注意!?「国際ゴカイの日」が制定される」

 こうした世界的な注目を受け、現在、トイレの革新が急ピッチで進められている。各国の政府やNGOは、安価なトイレや、既存のトイレに取り付けることで安全性や衛生面を改善する設備を開発して、僻地の村や災害地域に送り込んでいる。しかし、衛生教育が行き届いていないせいで、トイレに行く行為自体にためらいを感じる伝統がいまだに多くの国に残っているため、文化的な規範(その多くが家の中や近くにトイレを設置することを禁じている)が現代技術を圧倒したままになっているという批判がある。

世界のトイレの写真11点
写真はこちら(次ページ)(PHOTOGRAPH BY ANDREA BRUCE)

 米ブランダイス大学の古典学科長で、『ローマ時代の公衆衛生の考古学』の著者であるアン・オルガ・コロスキー=オストロー氏は、「トイレを作る理由は文化によって異なることを理解しなければなりません」と言う。「誰もが西洋人のように考えるわけではないのです」

 友人からは「トイレの女王」と呼ばれているというコロスキー=オストロー氏は、古代ローマは第三世界の公衆衛生問題に取り組むためのヒントを与えてくれると考えている。(参考記事:「暴君ネロ 明かされる真実」

 その理由は、ローマ人がトイレを発明したからではない。トイレは彼らの時代より3000年も前から使われていた。ローマ人は、公衆トイレ、下水道システム、公衆浴場、水道など、公衆衛生のための都市計画に革命を起こした点で重要なのだ。とはいえ、こうしたインフラは、ローマの公衆衛生にあまり恩恵をもたらさなかった。病原体の広まり方に関する知識がなかったため、これらの衛生設備のせいでかえってそれ以前の鉄器時代よりも寄生虫や病気は増えていたのだ。(参考記事:「古代ローマにトイレ税、世界5つのヘンな税」

 古代ローマの教訓は今日の途上国にも当てはまる。トイレの普及活動の中心地は、約6億6500万人もの人々がトイレを利用できていないインドである。屋外での排便は一般的で、病気を蔓延させるだけでなく、夜中にトイレに行く女性が襲われる危険がある。経済にも悪影響を及ぼしている。2012年の世界銀行の調査によれば、インドはトイレと衛生設備の不足により毎年540億ドルもの損害を被っているという。国全体の衛生状態を改善するため、インド政府はマハトマ・ガンジー生誕150周年に当たる2019年までに1億個のトイレを作って「包括的な公衆衛生」を目指すと宣言している。(参考記事:「インドで最悪級の大気汚染、PM2.5基準の16倍」

 インドでは2014年以来900万個以上のトイレが設置されているが、トイレを供給するだけでは不十分だ。報告書によれば、衛生教育を十分に行わないと、人々は習慣を変えなければならない理由を理解できず、慈善団体から寄贈されたトイレを設置せずに放置したり、政府の支援を受けて製造されたトイレを利用しないことも珍しくないという。(参考記事:「最も汚染された街、デリーの写真28点」

水洗トイレから出てくるネズミ。このようにトイレを通路代わりにするネズミがもしいれば、不衛生な環境が広まることになる。ネズミは驚異的なスタミナの持ち主で、3日間泳ぎ続けられ、水の中でも3分間は息を止められるという。ネズミが世界中に広がった理由のひとつはこのタフさだ。

 3000年前のローマ人が洗練されたインフラから十分な恩恵を受けられなかった理由にも、迷信やタブーが影響していた可能性がある。公衆トイレは、市の下水道システムや不潔な下半身につながっているため、危険な場所だと考えられていた。また、街の下には悪魔が住んでいて、トイレから飛び出してくるとも信じられていた。メタンガスが蓄積して、トイレに行く人の下で爆発することもあった。個人宅のトイレが下水道に接続されていることはほとんどなく、汚物は汚水槽に溜められていたため、台所や庭には細菌やその他の病原体が広がっていたと考えられる。コロスキー=オストロー氏が発見した古い文献には、ある日、ナポリ湾の近くの裕福な商人の家のトイレからタコが出てきて、保存してあった酢漬けの魚を食べているのを奴隷が見つけたと書かれていたという。これも、個人宅のトイレが下水道網に接続されなかった理由の1つだろう。

 こうした厄災を避けるため、古代ローマのトイレの壁には幸運の女神フォルトゥナの絵が描かれ、トイレで用を足す人は女神と向かい合って腰かけるのが一般的だった。しかし、幸運の女神にも不衛生な環境を防ぐことはできなかった。コロスキー=オストロー氏は、「ローマ時代の数々の工夫を見ると、病原体の感染について知らないローマ人たちが、どれだけこの問題への対処に努めていたかがよく分かります」と言う。(参考記事:「写真で見る避妊具の歴史、古代ローマ時代の品も」

 今日のトイレ問題を解決する鍵は、衛生的なトイレ習慣の妨げになっている伝統や思い込みを理解することにある。考古学のような学問分野であっても、これは難しい問題かもしれない。コロスキー=オストロー氏によると、19世紀の考古学者の野外調査記録を読んでいると、トイレはしばしば揚水機や拷問部屋として誤表示されているが、発掘者は本当の目的を知っていたに違いないと言う。古代ローマのトイレ設備の研究など、誰もやりたくなかったのだ。初めてこの研究に挑んだ彼女は、古代ローマ人たちが公衆衛生を意識した綿密な都市計画を立てていたことを発見した。しかし、彼らにはそれを達成する知識がなかった。コロスキー=オストロー氏が作成したポンペイの地図には、個人宅のトイレが400カ所以上も記入されている。なかには下水道に非常に近いところに作られたものもあったが、どれ1つとして接続されていなかった。(参考記事:「人糞が明かす古代ローマ人の生活」

 トイレ習慣をめぐる論争は今後も続くだろう。しかし、解決策を効果的なものにするためには、公衆衛生が重要である理由を人々が理解することが大切だ。このことは、ローマ時代も現代も変わらない。(参考記事:「世界の平均寿命と罹患率が上昇」

 コロスキー=オストロー氏は言う。「私がローマ人の研究をするときには、細心の注意を払って、できるだけ慎重に進めていきます。現代のインドやアフリカでトイレの普及に取り組む人々も、問題のありかを理解し、地元の人々がそれをどのように解決しようとしているかを理解しようとすることを願っています」

次ページ:世界のトイレの写真11点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加