スーパームーンで駐車場にタコが出没

潮位が上昇し、米国マイアミの海岸地域が浸水

2016.11.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年11月のスーパームーン(月が大きく見える現象)が、1匹のタコを危機に追いやった。特大の大潮による浸水の後、米国フロリダ州マイアミの駐車場にぽつんと取り残されているところを発見されたのだ。(参考記事:「きっと驚く タコの不思議」

 米国で「キングタイド」とも呼ばれる特大の大潮が、駐車場下の水道管にいたタコを押し出したのだろうと、マイアミ大学の海洋生物学者が地元紙に話している。(参考記事:「特大の大潮「キングタイド」、原因は」

 タコは暗くて狭いスペースを好むため、水道管に入ってしまうケースが増えているという。マイアミ地域で海面上昇が進み、海面より水道管が低くなる例が増えているようだ。

 駐車場でタコが見つかったという報告はこれが初めてだが、マイアミ地域では海面上昇にともなう問題が数々発生している。マイアミ大学が2016年はじめに発表した論文によると、2006年以降、満潮による洪水は400%増加しているという。(参考記事:「海面上昇は予想を上回るペース、NASA」

【参考動画】タコの激しい戦い。珍しい行動が垣間見える。

 潮汐は主に月の引力が関係し、スーパームーンは月が楕円軌道上で地球に最接近したタイミングと満月が重なったときに見られる。世界中で定期的に発生しているキングタイドだが、これらの条件がそろうと強力な影響を持つことがある。

 南フロリダ圏は今や大潮による洪水で定期的に水浸しになっており、道路を海面より高くするといった緊急措置がとられている。しかし問題は地下水。海水が浸入し、住民600万人への給水が脅威にさらされている。(参考記事:「フロリダの海面上昇と開発マネー」

 例のタコは幸運なことに、発見者であるロバート・コンリン氏がバケツに入れて安全に海に戻してくれたそうだ。米国海洋大気局の見積もりによると、今後ますます人々は近隣の海洋生物と出会う頻度が高まる可能性がある。(参考記事:「水族館脱走タコ、愛嬌ある性格で人気の若者だった」

【参考フォトギャラリー】とても美しいスーパームーンの写真11点

※ナショナル ジオグラフィック2016年11月号に特集「きっと驚く タコの不思議」が掲載されています。

文=Delaney Chambers/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加