戦士か恋人か、戦略「選ぶ」ゴキブリを発見

大きくするのは武器か精巣かオスは二者択一、マダガスカル島の変わり者

2016.11.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴキブリ対ゴキブリ:メスをめぐって争うオス同士。角が大きく攻撃的だが精巣の小さな「戦士」タイプと、角が小さく精巣の大きな「恋人」タイプが存在する。動画では異なる2種を対比して見せているが、この違いは同じ種の中にあることも明らかになった。

 また1つ、ゴキブリの特筆すべき性質が見つかった。

 なかなか死なないたくましさだけでなく、うらやましい能力も彼らにはあるらしい。精巣を大きくできるのだ。科学誌「Scientific Reports」に掲載された新たな研究結果によると、ヒッシングコックローチと呼ばれるマダガスカル島のゴキブリたちは、精巣の大きな「恋人」か、角の大きな「戦士」のどちらかに特化できるという。(参考記事:「男性生殖器に関する5つの研究」

「ヒッシング」(hissing)という英名の通り、彼らマダガスカルのゴキブリは何種類かの「シュッシュッ」という音を立てる。戦いのときには攻撃的な大きな音、メスを誘うときは長くゆっくりとした「シーーーッ」という音になる。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

「ヒッシング」(hissing)という英名の通り、彼らは交尾のときも戦いのときもシュッシュッと音を立てる。英ノッティンガム大学の生物学者、ケイト・デュラント氏は、「びっくりしたときには、シュッと短い音を出します」と話す。戦いの際には、もっと大きく攻撃的な音になるという。「そして、メスに求愛するための、3つ目の音があります。長くゆっくりとした『シーーーッ』という音です」

 メスにはその音と同じようにセクシーに感じられるだろうが、オスはたいてい、メスに言い寄る前に別のオスと戦わなくてはならない。ライバルの尻を叩き、頭の後方にある角状の突起を使って押し合う。

「ライバルをひっくり返そうとして少しばかり押し合いや引っ掻き合いを演じると、一方が引き下がります。その後、普通は勝った方とメスが交尾をします」とデュラント氏。「このとき、勝者のオスは先ほどよりも甘美な音を出し始めるのです」(参考記事:「【動画】毒ヘビの異種がメス争い、野生で交雑?」

 デュラント氏とその教え子、ソフィー・モールズ氏は、マダガスカルゴキブリのある種は別の種より角が格段に大きいことに気付き、この2種では異なる交尾戦略を使っているのかもしれないと考えた。

「2つの種の攻撃性を計測し、角が大きい方の種(Gromphadorhina oblongonota)は実際に攻撃性も高いという結果が出ました」とデュラント氏は語った。「一方、角が小さい種(Aeluropoda insignis)を見ると、もう1つの種より精巣が明らかに大きかったのです」

 このパターンは2つの種同士を比較したときだけでなく、同じ種のオス間にも当てはまった。こちらの方が驚きはずっと大きい。無意識ではあるものの、個々のオスで角と精巣のどちらにエネルギーを投入するかという、ある種の「選択」が存在することになるからだ。(参考記事:「哺乳類、繁殖競争では大きな精巣が有利」

 大きな角にせよ大きな精巣にせよ、作り出すには多大なエネルギーを投下しなければならないため、この2つはトレードオフの関係にある。オスは大きな角を発達させて戦いの勝率を上げることもでき、その力を大きな精巣の発達に投入してたくさんの精子を作り、交尾の機会を得たときにメスが受精する確率を上げることもできる。つまり、交尾をする前に有利になるか、交尾した後に有利になるかのいずれかだが、両方叶えることはできない。

 そこで選び方としては、武器となる部分を欠いたオスが、より多くの精子を作ろうと、精巣を大きくすることに力を使っている可能性が高いとデュラント氏は言う。

 だとすると、個々のオスは小さな角を補うために精巣を大きくすべきかどうかを、どうやって「知る」のだろうか。昆虫の中には、成虫になる最後の脱皮のときに、体の一部の大きさを変えられる者がいるとデュラント氏は話す。したがって、その最後の段階に至るまでの状況に応じて、体を作る成分が成虫のどの部分になるのかが決まるのかもしれない。例えばフンコロガシは、角の大きさと目の大きさがトレードオフの関係にある。成虫になる前に角を発達させられなかった幼虫は、最後の脱皮の時に目を大きくする。

大きな精巣は、メスが複数のオスと交尾する種によく見られる。精子をたくさん作れれば、オスは授精という宝くじでより多くの券を買えることになる。場合によっては、交尾相手のメスの数を増やせるかもしれない。(PHOTOGRAPH BY STEVE HAMBLIN, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、マダガスカルゴキブリの精巣は大きさが柔軟に変化するとはいえ、他の種に比べると特に大きくはない。学名をOphiocoma alexandriという海中のゴマフクモヒトデの仲間は、体重との比で精巣が世界最大とされる。英ダービー大学のカリム・バヘド氏によれば、精巣がオスの体重の40%に達することもあるそうだ。こうしたヒトデの仲間は、精子を海中に放出して、メスに届くまで漂わせるため、精子を多く作る必要があるのだという。

 以前は、バヘド氏が研究していたキリギリスの精巣が体重の14%あり、世界最大とされていた。陸上の生物に限れば、今でも精巣の大きさが世界一とたたえていいだろう。(参考記事:「キリギリス、世界最大の睾丸の持ち主」

「メスが複数のオスと交尾する種では、大きな精巣がしばしば見受けられます」とバヘド氏は話す。精子をたくさん作れれば、オスは授精という宝くじでより多くの券を買えることになる。場合によっては、交尾相手のメスが増えることもあるかもしれない。

 バヘド氏は、「武器と精巣の大きさがトレードオフになっている種はゴキブリだけではありません」と話す。例えばこれもあるフンコロガシの種では、体も角も大きな個体は精巣が小さい。「小柄で『いまいち』ながら精巣の比較的大きなオスは、もう1つの交尾戦略に適応していると考えられます。強い武器で巣穴とメスを守るより、こっそり巣穴に忍び込んで、強いオスから父親の座を奪ってしまうのです」

 だが、こうしたトレードオフが可能な動物ばかりではない。シカ、ウシ、アンテロープといった偶蹄類に関する研究では、武器の大きさ(角や枝角)と精巣の重さには関連が見つからなかったとバヘド氏は指摘する。

 人間に関してもそのようなトレードオフは見られない。生殖に悪影響のある運動能力向上ステロイドを使うほど愚かなら別だが、そんな戦略を望む人はいないのではないだろうか。(参考記事:「ヒトのペニスにはトゲがあった?」

文=Erika Engelhaupt/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加