イヌイットに学ぶ、雪の家「イグルー」の作り方

先住民のサバイバル術を遭難防止に活用、カナダ北極圏で

2016.11.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5月のある日、午前1時ごろ。珍しく雷雲が通過中のハドソン湾で、打ち捨てられた漁船の上で遊ぶ少年たち。カナダのヌナブト準州アルビアトで撮影。(PHOTOGRAPH BY DYLAN G. CLARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 気温マイナス48℃の極寒の世界で、先住民イヌイットの家「イグルー」を作るには6時間かかる。ディラン・クラーク氏は「手を1秒間外気にさらしたら、手袋の中で10分間温める」というルールを厳守している。カナダ北極圏最北端の寒さは、「言葉ではとても言い表せません」と彼は言う。

 2016年の春、クラーク氏はヌナブト準州の原野へイヌイットの若者たちを連れ出し、地元の腕利きの猟師や物知りの長老たちからサバイバル術を教わった。この土地で暮らしていれば、人里離れた荒野の中で機械が故障したり、突然の嵐に襲われて身動きが取れなくなったりする事態に、いつ遭遇しないとも限らない。一同は9日間かけて、野外での応急措置、銃の安全な扱い方、仕留めたカリブー(北米のトナカイ)の処理法、そして頑丈なイグルーの作り方を学んだ。(参考記事:植村直己 夢の軌跡「先住民に学ぶ」

イグルーは小さく作る

 イグルーを作るには、場所選びが重要だ。指導に当たった地元の開発責任者ジョー・カレタック氏によると、イグルー作りに最適なのは硬くしまった雪で、層状になった雪は崩れやすい。そこで、先端に小さな球が付いたフブグトと呼ばれる長い鉄の棒を使って、雪の深さと硬さをまず調べる。次にカレタック氏は、パナと呼ばれる雪用のナイフで自分の周囲に円を描いた。熱を保持するには、イグルーは小さい方が良いのだ。続いて、円の内側の雪をブロック状に切り出した。実習の参加者たちは雪のブロックを円に沿ってらせん状に積み上げていき、手袋をした手で継ぎ目をならす。壁が積み上がると、カレタック氏は再びパナを使って雪を切り出し、小さな出入り口を作った。

イヌイットのサバイバル術を現代に生かそうと、カナダ北極圏で活動するディラン・クラーク氏。(PHOTOGRAPH BY DYLAN G. CLARK)
[画像のクリックで拡大表示]

「イグルーの作り方を学ぶときには、漫画で見たイメージは忘れることです。現実はまるで違いますから。北極圏で現在イグルーを作る意味を踏まえる必要があります」と、クラーク氏は説明する。

 最近では手軽に張れるテントに取って代わられ、イグルーを作る猟師はめったにいない。「イグルー作りに適した雪が見つからないこともありますから、それだけを頼って猟に出るのは危険です。でもイグルーの作り方を知っておけば、テントも小屋もない場所で身動きが取れなくなってしまったときに、命が助かるかもしれません」

冬の間の燃料や備品を積んだ、今年最後の船が入港する。ヌナブト準州パングナータングのフィヨルドは、10月前半に凍り始める。(PHOTOGRAPH BY DYLAN G. CLARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 北極圏では、野外で身動きが取れなくなる遭難事故が驚くほど多い。広大な氷の大地は、そこに住む者にとって常に脅威となりうるのだ。特に近年は気候変動の影響で、悪天候の予測が難しくなっている。3万7000人の人口が広大な土地にまばらに暮らすヌナブト準州では、捜索救助隊の出動が年間で250件以上にのぼり、2日に1人が遭難している計算になる。その数は10年前の2倍以上に増えている。多くは装備の不足や、手元の装備の品質不良が原因だ。地元の自治体には経済的な余裕がなく、衛星電話やオフロード車の維持費といった、住民の安全を守るうえで必要な出費をまかなえない。

 クラーク氏の目標は、なるべくコストをかけずに、狩猟や釣りに出る人々の遭難のリスクを最小限に抑えることだ。クラーク氏は24歳の大学院生で、カナダのマギル大学で気候変動への適応に関する研究グループに所属している。気候変動の影響を最も受けやすい地域に対して安全訓練を実施し、効果的に支援を行うためにカナダ軍と協力している。

秋になると、アルビアト近郊では地平線の端から端まで、途切れることなく続くカリブーの群れを見ることができる。この時期の狩りは、食料の確保と冬の間の健康維持、そして文化的アイデンティティーの維持に重要だ。(PHOTOGRAPH BY DYLAN G. CLARK)
[画像のクリックで拡大表示]
カリブー狩りの合間に、小屋でお茶を飲んで休憩するフランク・アイーキー氏。ヌナブト準州アルビアト近郊にて。(PHOTOGRAPH BY DYLAN G. CLARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、北極圏の気候は急激に変化している。過去30年間で、陸上の気温は2℃近く上昇した。昔から猟師や釣り人は空の様子から予測して悪天候に備えていた。だが地元の長老によれば、近頃では予期せぬ早さで天候が急変し、強風が吹き荒れるようになったという。野生生物の行動も変化し、氷は薄くなり、海面の上昇も報告されている。(参考記事:「気候変動、最新報告書が明かす5つの重大事実」

「イヌイットは伝統的に、環境に適応して生きてきました」と、クラーク氏は言う。しかし、そのサバイバルの知恵は次の世代に伝わっていない。カナダ国内で最も急激に人口が増加している地域の一つであるヌナブト準州は、10代の妊娠率がカナダで最も高く、全国平均は5%のところ、ここでは24%に達している。同地域の人口の約6割が25歳未満で、子どもが子どもを育てていると長老たちは嘆く。

「本当の学びは野外で得られる」

「長老たちからは、本当の学びは野外で得られるものだという言葉を何度も聞きました」と語るクラーク氏は、救急医療の訓練経験と大学で学んだ環境科学の知識を生かし、野外で若者たちを訓練しようと思い立った。「海の上やツンドラの大地に身を置くことは、心の健康維持に役立ち、イヌイットとしてのアイデンティティーや自己の確立にもつながります。獲物を捕ったりしなくても、ただ野外に出るだけでいいのです」(参考記事:「ポリネシア伝統文化と近代科学を橋渡し」

北の空を、うねるように横切るオーロラ。光のカーテンが、パングナータングのフィヨルドと海に浮かぶ氷を照らす。(PHOTOGRAPH BY DYLAN G. CLARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 イヌイットの指導者たちは、こうした野外訓練のプログラムを公的教育へ取り入れることを検討している。2016年6月には、クラーク氏は、捜索救助の訓練を行うカナダ軍に同行し、遭難の防止と対応について話し合った。

「残念ながら、北の地域に暮らす人々は今後、気候変動の大きな影響を経験することになるでしょう。影響の軽減につながる方策は、もはやあまりありません」。気候変動への適応に役立つものがあるとすれば、それは研究と教育、そして先住民の知恵だろうとクラーク氏は考えている。

文=Nina Strochlic/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加