【動画】奇虫!サンヨウベニボタルの驚くべき生態

古代生物のような外観、雄を見つけるまでに100年かかった

2016.11.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】マーク・ウォン氏は、シンガポールのジャングルを歩いている最中、奇妙な昆虫を発見した。謎に包まれた甲虫、サンヨウベニボタルだ。(解説は英語です)

 マーク・ウォン氏がシンガポールのジャングルの中を、アリを探しながら歩いていたときのことだ。丸太をごろりと転がすと、まるでジュラシックパークの世界からはい出てきたような生物が目に留まった。

「最初はキノコかと思いましたが、じきにゆっくりと動き出したのです」。米ナショナル ジオグラフィック協会からヤング・エクスプローラーとして助成を受けているウォン氏はそう語る。

 それはサンヨウベニボタルという名の、先史時代の生物によく似た奇妙な昆虫だった。学者たちは200年近くにわたり、この虫の正体に頭を悩ませてきた。

先史時代の三葉虫によく似たサンヨウベニボタル。だが、誕生したのは4700万年前、三葉虫の絶滅から2億年後のことだ。(PHOTOGRAPH BY THOMAS MARENT, MINDEN PICTURES)
[画像のクリックで拡大表示]

 サンヨウベニボタルの英名「trilobite beetle」は、「trilobite(三葉虫)」に由来する。三葉虫は全身を甲羅に覆われた海の生物。その姿を化石で見たことがある人もいるだろう。しかしサンヨウベニボタルがいくら大昔の生物に似ているといっても、この昆虫が地球に登場したのは、三葉虫が絶滅してから2億年後、今から4700万年ほど前のことだ。

 サンヨウベニボタルには、三葉虫に似た甲羅以外にも、いくつもの特徴がある。たとえば色や模様。紫色、緑色のほか、黒に鮮やかなオレンジ色のドット柄が入ったものなどがいる。また、頭部をカメのように引っ込めることもできる。

 そしてこの虫の最も奇妙な特徴は、雄の個体が発見されるまでに100年近い年月がかかったことだ。

 そう、ここで述べたような外観を持つサンヨウベニボタルの個体は、例外なく雌なのだ。19世紀にサンヨウベニボタルを発見した学者らは大いに頭を悩ませた。この雌たちは交尾をするのだろうか? するとしたら、誰と?

幼生ばかりの雌

 そして1922年、スウェーデン人動物学者のエリック・ミョーベリが、拡大鏡を握りしめ、雄のサンヨウベニボタルを必ず発見するという決意を胸にボルネオ島に向かった。

 ミョーベリ氏はまず、三葉虫に似た姿の幼生がすべて雌であることを突き止めた。しかもどこを探しても、成虫の姿は見えなかった。大半の昆虫は、幼生、蛹、成虫という、明確に区分けされた段階を経て成長する。しかし、サンヨウベニボタルはどの個体もすべて幼生の姿をしており、生殖のための開口部ももたなかった。

 ミョーベリ氏は当惑した。「何年もの間、ジャングルの中を探してきたというのに・・・あらゆる石をひっくり返し、何千という腐りかけの木や重い丸太を引き裂いてきたというのに、私は完全に成熟した雌をただの1匹も見つけることができなかった。完全に成長した幼生であれば、そこら中にあり余るほどいるにもかかわらずだ」

雌のサンヨウベニボタルは生涯を通じて幼生の形状を保つ。雌がより多くのエネルギーを、大きくて健康な子どもをつくることに注ぐことができるという利点があると考えられている。(PHOTOGRAPH BY NICKY BAY)
[画像のクリックで拡大表示]

 やがてミョーベリ氏は、捕まえておいた1匹の雌の幼生が体をボールのように丸め、数日の間、死んだようにじっとしていることに気がついた。その雌は体色が黄色味を帯びた白に変わり、じきに脱皮をすると、また辺りをはい回り始めた。以前との唯一の違いは、突如として生殖のための開口部が現れたことだった。こうして彼は、ついに雌の成虫を発見した。

雄はどこに?

 その雌は卵を産み始めた。ミョーベリ氏が毎朝ケージをのぞくと、雌は腹部を上に向けて生殖のための開口部を露出しており、そこには透明な液体の粒が光っていた。雌はいつでも交尾ができる状態になっていた。しかしミョーベリ氏は交尾相手の雄を見つけることができず、結局、雌は数百個の未受精卵を産み落として死んだ。

 それでもこの体験から、ミョーベリ氏はあるアイデアを思いついた。彼はさらに多くの雌を集め、それが性的に成熟して例の液体の粒を見せ始めると、雨林の中へ運び出し、ひもをその体に結び付けた。雌はひもの届く範囲をひたすらぐるぐると動き回り、ミョーベリ氏は、雄が雌に引かれて姿を現すのを待った。しかし雄は1匹もやって来なかった。

 ミョーベリ氏はそれでもめげずに、翌年、もう一度チャレンジした。このときは地元の人々に、雄が現れたら教えてほしいと頼むことにした。「1匹目の雄に謝礼金10ドルを出すとしたおかげで、採集者たちは非常に熱心に取り組んだ」という。

 そしてついにある朝、1人の採集者が、サンヨウベニボタルのつがいを包んだバナナの葉を手に、ミョーベリ氏のところへ走って来た。雄の腹部は雌の開口部に挿入されていた。それは雄と雌が交尾しているところを“現行犯”で捕らえたという、確かな証拠だった。ミョーベリ氏はようやく、雄がどんな姿をしているのかを知った。

 彼がそこに見たのは、黒い羽を持つ小さな甲虫で、ゴツゴツとした強烈な姿の雌とはまるで似ていなかった。その上、体の大きさは雌の10分の1ほどだった。

今も謎だらけ

 サンヨウベニボタルの雌と雄はまったく違う姿をしているために、現在でもまだ、DNA鑑定をしない限りは、この虫の雄と雌が同じ種であるかどうかを見極めることは難しい。

 2件目の交尾が観察されたのは、1件目から1世紀近くがたった1993年のことだ。

 発見者は、サンヨウベニボタルの卵をふ化させようと試みたものの失敗に終わり、その結果、雄は生まれたときから雌と違う外見をしているのか、また成長するに連れてどう姿を変えていくのかといった疑問は残されたままとなった。またサンヨウベニボタルが何を食べるのかも、まだよくわかっていない。

 サンヨウベニボタルは今も謎に包まれたままであり、見つけるのが難しいのも変わらない。「私はこれまでにたくさんの丸太をひっくり返してきましたが、見つけたのは一度だけです」とウォン氏は言う。

 それでも彼は探し続ける。「サンヨウベニボタルのような生物が足元にいるかどうかは、見てみなければわかりません。だからぜひ、皆さんも丸太をひっくり返してみてください。もしかしたら面白いものが見つかるかもしれません」

文=Erika Engelhaupt/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加