「野生動物が3分の1に減る」、報告に疑問の声

不吉な予測、ミスリードとの意見も

2016.11.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今後数年で、世界の動物はどれだけ姿を消すのだろうか。最新の報告書が不吉な予測を示した。(PHOTOGRAPH BY BEVERLY JOUBERT, NATIONAL GEOGAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 2つの著名な自然保護団体がこのほど、世界の野生動物についてセンセーショナルな予測を発表した。2020年までに、脊椎動物の個体数が1970年の水準の3分の1まで減少する可能性があると警告している。

 新たな報告書「リビング・プラネット・インデックス」は、世界自然保護基金(WWF)とロンドン動物学協会(ZSL)が作成した。それによると、動物の個体数は1970年から2012年までに58%減少したという。主な原因は、密猟や生息地減少、汚染といった人間活動だ。(参考記事:「6度目の大量絶滅、人類は生き延びられるか?」

 報告書は、こうした傾向が今後も続くと想定し2020年までの状況を予測した。分析には、実地で集めた約3700種、1万4000以上の個体群におよぶ脊椎動物のデータを用いている。データの提供元は世界中、多岐にわたる。

 報告書の作成に関わった研究者らは、湖と川にすむ動物の減少のペースが最も深刻と結論付けている。なかでも生息環境が厳しくなっているのは、海生哺乳類と魚類、そして一部の鳥類(特にハゲワシ)だ。(参考記事:「ハゲワシ “嫌われ者”の正体」

「食料とエネルギーの仕組みを変革し、気候変動への対処に関する世界的な義務を果たすため、今すぐ行動すべき」と報告書の冒頭で宣言、「世界の生物多様性は憂慮すべき速さで低下しており、人間以外の生存だけでなく私たち自身の未来も危険にさらされている」と警鐘を鳴らしている。(参考記事:「写真は動物たちを絶滅から救えるか」

「無責任で不誠実」との意見も

 一方、「鵜呑みにすべきではない」とする専門家もいる。ナショナル ジオグラフィック協会のエクスプローラーで、米デューク大学の保全科学者、スチュアート・ピム氏だ。同氏はこの報告書作成には関わっていない。

「世界中から集めた別個のデータセットを全てミキサーに入れて、1つの数字にまとめ上げようとするのは無責任です」とピム氏。「不誠実であり、助けになりません」

 陸地から海まで、世界には地域ごとに幅広いばらつきがあり、不確実性も大きすぎて、全ての種について悲惨な結末を予想することはできないとピム氏は言う。しかも、この報告書は「人々を必要以上に落ち込ませ、全く希望はないと示唆しています」と批判的だ。

「しかし世界を見渡せば、多くの明るい材料があるのです」とピム氏。

ユキヒョウを狙う密猟者と戦う
絶滅が危ぶまれるユキヒョウを守ろうと、保護活動が行われている。(解説・字幕は英語です)

 近年の成功例として、ピム氏はアフリカやアジア全域でライオン、トラを含む大型ネコ科動物の個体数が下げ止まっていることを挙げる。ほかにも最近の調査で、サンゴ礁の状態が改善し、海水温上昇や酸性化に対する回復力が科学者たちの予想より高いことが判明している。(参考記事:「世界の野生トラが回復、過去5年で20%増」

 実際に立ちはだかる課題は多様かつ微妙なものであり、報告書が出している1つの数字では伝えられないとピム氏は指摘する。「このような報告書は、論理的に正しい科学よりも、注目を浴びることを目指しているのかもしれません」

 ナショナル ジオグラフィック協会の大型ネコ科動物の保護活動「ビッグキャッツ・イニシアティブ」を主導する保全生物学者のルーク・ダラー氏も、今回の報告書に関するピム氏の評価に賛成だと話す。「とは言うものの、無数の種で大量の個体が減り続けていますし、今後の減少に歯止めをかけ、動物を含めた生態系を守るために、かつてない取り組みが引き続き求められていることは間違いありません」(参考記事:「ビッグキャッツ・イニシアティブとナショジオの特集まとめ」

「野生動物に対する人間の影響は大きくなるばかりです。これを抑えるためには、人間活動を客観的に見ること、そして先を見越した方策を取ることが、これまで以上に必要になっています」(参考記事:「アマゾンの巨大ダムが7割の動物を絶滅させる恐れ」

文=Brian Clark Howard/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加