黄色いキツツキが赤くなった原因を解明

従来説を覆す、赤い仲間と交わったわけではなかった

2016.10.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
巣から飛び立とうとしている通常の色合いのキハシボソキツツキ(PHOTOGRAPH BY MICHAEL S. QUINTON, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

「あなたは食べたものでできている」は、キハシボソキツツキ(yellow-shafted northern flicker)にも当てはまるようだ。(参考記事:「ハシボソキツツキ」

 北米東部に生息するこのキツツキの名は、濃い色をした羽の中央を通る細く黄色い模様にちなんでいる。鳥類学者は過去数十年にわたり、この鳥の黄色い羽が、不思議と赤に変わる現象を確認している。

 初期の研究者らは、その原因を西部に生息するアカハシボソキツツキと交雑するためと考えた。しかし羽が奇妙に赤くなったキツツキの生息地は、アカハシボソキツツキのすむ西部とはほど遠い場所にある。

 今回、原因は食生活にあることが判明した。科学雑誌『The Auk』に発表された最新の論文によると、赤い実を食べたキハシボソキツツキは、羽の色が赤く変わるという。羽毛によく見られる鮮やかな黄色、オレンジ、赤色は、食べたものの色素によるものだった。(参考記事:「チョウの羽、食事制限で小さく色あせる」

通常は黄色いキハシボソキツツキの羽が、この写真のように赤く変わることがある。(PHOTOGRAPH BY C. HANSEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 カナダのロイヤル・アルバータ博物館の鳥類学者で研究リーダーを務めるジョセリン・ハドン氏は言う。「これは、非常に重要な疑問に対する答えです。色は鳥にとって重要な信号です。そのため、色の変化は大きな影響力をもちます」。たとえばつがいを見つけるときなど、と氏は付け加えた。

異なる羽をもつ鳥

 ハドン氏は、過去に行ったヒメレンジャクの研究で最初のヒントを得たという。1960年代、複数の生物学者が、一部の鳥の羽の黄色い部分がオレンジ色に変わることを発見した。(参考記事:「ヒメレンジャク」

 ヒメレンジャクの近親には、赤い羽をもつ鳥はいない。そこで科学者らは、食べ物に注目した。レンジャク科の鳥は木の実を好む。熟しすぎて発酵した実を大量に食べて中毒死する個体もいるほどだ。しかし彼らは、木の実とともに進化してきたため、羽の色が突然変わるとは考えにくい。

 さらなる研究の結果、この鳥は外来種のスイカズラの実を食べたために羽が赤くなっていたことがわかった。19世紀後半、園芸家がヨーロッパやアジアからスイカズラ属の植物を持ち込んだ。景観のためでもあり、鳥に生息環境と食料を与えるためでもあった。そして、その低木は急速に大陸全土に広まり、侵略的外来種となった。

アカハシボソキツツキは北米西部に生息しており、奇妙に赤く変色したキハシボソキツツキの生息地とは遠く離れている。(PHOTOGRAPH BY ALL CANADA PHOTOS, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

赤い羽の謎が解けた

 レンジャクの研究成果はあったものの、鳥の専門家は、キツツキの羽が赤くなる原因を交雑と考えていた。そこでハドン氏のチームは、博物館のサンプルを使って、さまざまなキツツキの羽の色素を、スイカズラの実の色素と比較した。

 その結果、アカハシボソキツツキの赤い色素とスイカズラの赤い色素は、見た目はよく似ているものの、異なる波長の光を吸収することがわかった。この結果と両色素の化学分析の結果から、キハシボソキツツキの羽が変色する際の赤色は、スイカズラに起因することが判明した。

「これは、とても良い調査です。既知の現象を説明し、彼らが羽の色素をどうやって入手したかが、よくわかります」と、同研究に参加していない米ウェイン州立大学の鳥類学者ウィリアム・ムーア氏は言う。

 羽の色が変わることでキハシボソキツツキのパートナー探しが変化するかどうか、また同じように羽の色が変わる鳥がどれほどいるかはわかっていない。

 これは外来種が生態系に影響を及ぼした一例でもあると、ムーア氏は付け加えた。

文=Carrie Arnold/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加