緑色の湖が3カ月で真っ赤に、ウルミア湖

水温と塩分の上昇により微生物が異常発生

2016.08.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
緑から赤へ
NASAの人工衛星アクアがとらえたウルミア湖。4月23日の画像では緑色だったが、7月18日の画像では赤く変わっている。(PHOTOGRAPH BY NASA EARTH OBSERVATORY)
[画像のクリックで拡大表示]

 イランのウルミア湖が真っ赤に染まっている。NASAの地球観測衛星アクアが4月下旬に撮影したときは深い緑色をしていたが、7月中旬に同衛星が撮影したところ、水面は異常発生した微生物に埋め尽くされ、赤く染まっていた。

 ウルミア湖は、トルコとの国境に近いイラン北部にある塩湖。干ばつ、高温、そして灌漑用水の需要の増加により、この数十年で水量が激減し、どんどん小さくなっている。湖の水が蒸発すると、塩分濃度が高くなる。そして温度と塩分濃度が高いこうした水を好む藻類ドナリエラが異常に増殖し、水面を赤く染めることがある。(参考記事:「アラル海からの警鐘」

 ドイツ、シュツットガルト大学の科学者ムハンマド・トゥリアン氏はNASAに、「海洋環境では、ドナリエラは緑色に見えます。しかし、塩分濃度が極端に高く、強い日差しが照りつける環境では、細胞を保護するためにカロテノイドを産生して赤くなるのです」と語る。

 高度好塩菌(Halobacteriaceae)と呼ばれる古細菌の影響もあるかもしれない。その名のとおり塩分を非常に好む古細菌で、太陽光をエネルギーに変換する化学反応に赤い色素を使っているため、ウルミア湖が赤褐色になった原因には、この古細菌も関わっている可能性がある。

 ウルミア湖の色は過去にも変化したことがあるが、春になって雨が降ったり、近くの山々から雪解け水が流れ込んできたりすると、塩分濃度が低下して、もとの色に戻っていた。けれども干ばつが続き、灌漑用水の需要が減らなければ、赤い湖水は珍しいものではなくなる可能性がある。(参考記事:「米国の地下水が枯れる」

クローズアップ
こちらは4月20日と7月9日の画像。ウルミア湖橋のまわりの水が緑から赤に変わっている。(PHOTOGRAPH BY NASA EARTH OBSERVATORY)
[画像のクリックで拡大表示]

 人工衛星を使った観測によると、ウルミア湖の表面積は過去14年間で約70%も減少している。赤い湖水の周囲には、水が蒸発した後に残った、鋭くとがった白い塩の塊が延々と続き、観光客や渡り鳥を遠ざけている。この湖はかつてブラインシュリンプ(アルテミアとも呼ばれる甲殻類)の世界最大の生息地の1つだったが、水量の減少と塩分濃度の上昇が、その成長と繁殖を阻害している。(参考記事:「空から見た、衝撃的すぎる地球の風景」

 イラン、テヘラン大学の生物学者ホセイン・アカーニ氏は『サイエンティフィック・アメリカン』誌に、「今日のような土地利用と水の消費が続くなら、近いうちにウルミア湖は消滅するでしょう。疑問の余地はありません」と語っている。(参考記事:「最も汚染された街、デリーの写真28点」

文=Elaina Zachos/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加