真夏にサンタ大集合、熱気あふれる写真23点

平均62.5歳、全米から750人のサンタが集う見本市に潜入した

2016.08.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンタの行進「パレード・オブ・レッド・スーツ」の出番を待つトナカイのブラウニー。何百人ものサンタとその妻、関係者がミズーリ州のうだるような暑さの中、クリスマスの衣装で街を練り歩く。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここは、米国ミズーリ州のホテルにある高い吹き抜けの広間。真夏だというのに、サンタで埋め尽くされている。

 廊下の手すりに沿って、赤と白の衣装に身を包んだ人々がゆっくりと移動していく。ガラス張りのエレベーターは赤、白、緑で満たされ、せわしなく昇降を繰り返す。バーやプールサイドの客、ビュッフェの長い列もすべてサンタだ。気温30℃を超える屋外では、サンタたちが綱引きや徒競走をしている。夜になると、サンタ風のパーティー服に着替え、蒸気船のクルージングを楽しみながら、ダンスを踊る。(参考記事:「サメと泳ぐサンタ」

 そして、いたるところで鳴り響くのはベルの音。そりの到来を告げる小気味のいい音ではなく、年老いた男たちの踏みしめるような歩調と同じゆっくりとした音だ。

 サンタは若い男の遊びではないのだ。

サンタクロースの見本市「ディスカバー・サンタ2016」には、750人のサンタとその家族、多数の業者やインストラクターが集まった。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
シャトー・オン・ザ・レイク・ホテルで開かれた歓迎会に参加するサンタたち。クリスマスの衣装から「サンタ・カジュアル」まで、さまざまなドレスコードのイベントが開催された。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年7月、世界最大のサンタの会議とうたわれる5日間の見本市「ディスカバー・サンタ2016」が、ここミズーリ州ブランソンで開かれた。全米から集まったサンタたちは750人、その平均年齢は62.5歳だ。サンタたちはメイクからひげの手入れ、マーケティング、ウェブサイトまで、最高のサンタになるためのあらゆることについて、業者と話をする。プロのサンタとして生計を立てるのは容易ではない。しかも、かなりの投資が必要だ。(参考記事:「サンタの帽子、カビが描くクリスマス」

パレードを終え、疲れ切った表情でバス乗り場に向かうサンタ。会期中の気温は20℃台後半~30℃台前半だった。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
サンタたちは蒸気船「ショーボート・ブランソン・ベル」に乗り込み、ディナーやダンス、ショーを楽しむ。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 サンタ業界は拡大の一途をたどる。高齢化の進むベビーブーマーたちがインターネットでつながり、高度に組織化されたコミュニティーを形成している。サンタたちは年を追うごとに、新しいパフォーマンスを求められるようになっている。ディスカバー・サンタの来場者にはパンフレットが配られる。サンタの紋章をかたどった55ドルのバックル、サンタ業を営むためのウェブサイトを制作するサービス(369ドルから)、サンタの体を冷やしてくれる199ドルのベストなどが掲載されている。(参考記事:「クリスマスの悪魔「クランプス」、米国で大流行」

 サンタの一人、マイク・プラッティー氏はファッションショーを見ながら、「ここにいるほとんどの人は投資を回収できません」と教えてくれた。サンタが身に着ける定番のスーツ(衣装)は、高品質なものになると600ドルもする。テキサス州の高校でスポーツの指導をしていたプラッティーさんは、サンタとしてはチャリティーイベントにしか参加しておらず、もちろん自身も投資を回収できない一人だ。しかし、子どもが本物のサンタだと信じてくれたとき、その純真な心と畏敬の念が活力になると話す。(参考記事:「眼鏡のサンタがメリークリスマス」

【フォトギャラリー】サンタのサマーキャンプ 10点

 筆者の兄弟パットにとって、サンタクロースは家業だ。

 筆者の祖父は1940年代、クリスマスをテーマにした遊園地でサンタとして働いていた。パットも34年前からサンタ・スーツに身を包み、この25年はケンタッキー州ルイビルの高級ショッピングモールでサンタの仕事をしている。

ディスカバー・サンタは過去10年で最大のサンタクロースの会議。750人のサンタを含む約1000人が参加した。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
支度をするパット・ミーハン(筆者の兄弟)と妻のエリザベス。パットは34年前にサンタの仕事を始め、この25年はケンタッキー州ルイビルの高級ショッピングモールで働いている。多くの参加者と同じように、新たなビジネスの可能性を探るため、ディスカバー・サンタにやって来た。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 パットと妻のエリザベスはもともと裁判所の書記官で、3000ドルを投じてブランソンまでやって来た。もちろん、軽い気持ちからではない。パットにとって、この3000ドルは投資だ。ショッピングモールのサンタという枠を超え、広告や企業、家庭のパーティーにまで仕事の幅を広げるため、その方法を学びに来たのだ。パットは一流のサンタを目指している。(参考記事:「簡単可愛いフィンランドのクリスマス菓子」

船に乗り、ディナーとショーを待つサンタたち。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
多くのサンタは公共の場での行動を定めた誓約を守っている。たとえば、子どもに出会ったときは「サンタの助手」と自己紹介し、「本物のサンタはどこか近くにいる」と言うことになっている。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスカバー・サンタ2016では42のワークショップが開かれる。快適な帽子のつくり方や、メイクの指導といった基本的なものから、「サンタと障害児」「サンタの倫理101」といった実践的なものまである。しかし、多くは「顧客を獲得し、つなぎ留める方法」「国際的なサンタになる方法」など、サンタというビジネスに特化した内容だ。

 ブランソンに集まったサンタのほぼ全員が本物のひげを蓄えている。これは1970年代に始まったトレンドで、今や業界標準だ。パットをはじめ、ほとんどのサンタが1年中ひげを生やし、公共の場では、厳格な行動基準に従っている。

ディスカバー・サンタ2016は、ブランソンにいくつかあるカントリー音楽の劇場の一つ「ミッキー・ギリー・シアター」で幕を開けた。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
パーティーで写真を撮る人々。サンタ業界はインターネットによって劇的に変化した。サンタたちはコミュニティーを形成し、新しいテクニックやツールの情報を交換している。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 ミズーリ州ブライトンから来たジム・ベスレム氏は成り行きでサンタになった。建設現場の仕事で体が不自由になり、何年もうつ病に苦しんでいたが、2015年、59歳のとき、ひげをそるのをやめた。ひげがふさふさになると、白髪頭も手伝って、街の人たちの態度が変わった。(参考記事:「“ひげ”だらけの魚」

「ただの人だったのが、まるでVIPのような扱いになりました」

 パットはいくつかの契約を獲得し、ディスカバー・サンタの会場を後にした。ウェブサイトに効果的な写真を載せるためのアドバイス、クリスマスのクルージングの仕事を得るための新しい情報も手に入れた。しかし、まだ何かが足りないという思いは消えていないようだ。

 パットは大男だが、本当は内気な性格。これは筆者が出会ったほかのサンタにも言える。筆者はこのような人物が好きだ。(参考記事:「もうすぐクリスマス、働くサンタクロース」

ディスカバー・サンタでは、サンタをテーマにした商品が数多く用意されている。会場に足を運べば、さまざまなアイテムを手に入れられる。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
パレードに備え、体を冷やすサンタ。(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ:【フォトギャラリー】サンタのサマーキャンプ 10点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加