(閲覧注意)中国のサファリパークでトラに襲われる女性

 中国北部にあるサファリパークで、車を降りた女性をトラが襲う恐ろしい映像を監視カメラがとらえた。この女性は助かったが、助けようとした母親は亡くなった。同じく助けに入った女性の夫に怪我はなかった。

 この事件は7月23日、北京近郊の「八達嶺野生動物世界」で起きた。ナショナル ジオグラフィック協会の大型ネコ科動物保護プログラムのビッグキャッツ イニシアティブを率いる保全生物学者、ルーク・ダラー氏は、この事件は防ぐことができたもので、飼育されている動物の危険性と、さらには不審な管理の実態をいま一度思い出させるものだと話している。(参考記事:「世界で相次ぐ動物園事故、ゴリラ射殺は氷山の一角」

「動物に対する認識や敬意が欠けていると、非常に大きな代償を支払うことになりかねません。残念なことに、今回は1人の女性の命が失われてしまいました」

 ネコ科動物の保護団体“パンセラ”でトラを担当するシニアプログラムディレクター、ジョン・グッドリッチ氏の意見はもっと厳しい。「明らかにこの女性の過失です。たくさんのトラがいる檻の中で車を出ればどうなるか、誰だってわかるでしょう」

 現地の報道によると、八達嶺野生動物世界では、シベリアトラ(アムールトラとも呼ばれる)が放し飼いされている区域を自家用車で巡ることができる。ダラー氏もグッドリッチ氏も、このような方式は好ましくないと警告する。

 実際、このサファリパークでは過去にもいくつか問題が発生していた。2014年には車から降りた警備員がトラに、2016年3月には別の職員がゾウに襲われて死亡している。2009年にも、フェンスをよじ登った男性がトラに襲われて死亡した。

「トラが処分されるようなことにならなければよいのですが」とグッドリッチ氏は言う。(参考記事:「人を襲ったクマは殺されるべきか」

 今のところ、八達嶺野生動物世界からコメントは得られていない。自治体の声明によれば、現在事件は捜査中で、公園は一時的に閉鎖されている。自治体の担当者は、「このような事故が起こらないように、旅行者は規則を守り、安全に十分注意していただきたい」と述べている。

飼育されているトラの危険度は

 飼育されているライオンやトラは「本来もっている人間への恐怖を失っている場合が多い」とダラー氏。人間をエサや何かいいことをもたらす存在ととらえ、特に手をあげている人間に対してはその傾向が強い。

 サファリパークによっては、大型のネコ科の動物に直接触ったりエサを与えたりできることを呼び物にしているところもあるが、不自然な行動をより悪化させる恐れがある、とダラー氏は付け加えた。

 野生の大型ネコ科動物は、人間をエサをめぐる競争相手や脅威とさえ受け止める。特によくハンティングが行われる場所ではその傾向が強く、人間を避けがちだ。ダラー氏によれば、普通、アフリカでのサファリの途中に人が車から降りても、逃げ出すのは動物の方だ。(参考記事:「命や手足を失わずに野生動物の傑作写真を撮る方法」

「それとは違い、飼育されているライオンやトラのまわりにはずっと人間がいます。人が車から降りるのは珍しいことなので、好奇心を持つのかもしれません」とダラー氏は話す。

 現地の報道では、この日最初に車から降りた女性は、夫と口論していた可能性があるという。家族の友人はそれを否定しているが、もし女性が大きな声をあげていたとすれば、それがトラを引き寄せることになった可能性があるとダラー氏は考えている。事件が起きたとき、トラは非常に強く好奇心をそそられた可能性がある。あるいは、傷ついた動物があげる悲鳴のように聞こえたのかもしれない。捕食者はしばしば傷ついた獲物を襲うものだ。

問題のある飼育施設たち

 最近明らかになったタイのタイガー・テンプルの一件からもわかるように、飼っている動物を使ったアトラクションは、骨や皮などの密売品の闇取引ともつながっているケースがある。自然とはかけ離れた狭く不衛生な環境で動物を飼育していると非難されている施設もある。ときに、ライオンとトラが一緒に飼育されるようなこともある。彼らにとっては、これは大変なストレスだ。

 さらに、ダラー氏によれば、大規模な飼育下繁殖が種全体や野生の種に貢献しているという証拠はほとんどない。米国で飼育されているトラの数は、世界全体の野生のトラの2倍以上にのぼる。

 ダラー氏は八達嶺野生動物世界について特に詳しいわけではないが、世界中で行われている動物のアトラクションの多くは「搾取的であり、不当に利益をあげている」と言う。「野生に返すために繁殖させているケースはほとんどない」のが実状だ。

 この記事を執筆した時点で、八達嶺野生動物世界がトラを野生に返していたかはわかっていない。ただ、グッドリッチ氏は、中国でトラが野生に返された事例は見たことがないと話している。

 とはいえ、「ネコ科の動物は驚くほど回復力が強いので、適切な管理や保護さえ行うことができれば、ことはうまく運ぶでしょう」とダラー氏は言う。

 一部の生物学者から異論も出ているものの、2016年4月の報告によれば、野生のトラは約3890頭で、2010年の3200頭から増加している。しかし、この報告書には、公式な数はまだ報告されていないとした上で、中国に野生のトラはわずか7頭しかいないと推定されている。(参考記事:「世界の野生トラが回復、過去5年で20%増」

 グッドリッチ氏は、中国はトラの部位を扱う世界最大の闇市場になっており、それが「トラの個体数減少を加速させている」と指摘する。中国は野生のトラを保護する取り組みを始めているが、もっとできることがあるはずだと同氏は付け足した。

ダラー氏は言う。「大型のネコ科動物に人々の意識が向いているのはうれしいことです。しかし、搾取的なアトラクションを行わずに動物たちを保護する方法を見つけなければなりません」

文=Brian Clark Howard/訳=鈴木和博