トラフザメが“処女懐胎”、3匹の子サメが誕生

飼育員が驚愕、オーストラリアの水族館で

2016.07.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トラフザメ(Stegostoma fasciatum)。単為生殖を行う種のひとつだ。(Photograph by Fred Bavendam, Minden Pictures, National Geographic)
[画像のクリックで拡大表示]

 映画『ジュラシック・パーク』のなかで、イアン・マルコム博士は「生命は、なにかしら生き延びる術を見つけるものさ」と言った。

 6月の終わりに、オーストラリアの水族館飼育員がそのことに気づいたのは、何年間もオスとの接触がなかったトラフザメ(Stegostoma fasciatum)から3匹の子サメが誕生したときだ。(参考記事:「300匹を妊娠!ジンベエザメの繁殖の謎に迫る」

 オーストラリア、タウンズビルのリーフ HQグレート・バリア・リーフ水族館で飼育されている20歳ほどのトラフザメ、レオニーは、父親がいないにもかかわらず41個の卵を産み、そのうち3個から元気な子サメが孵化した。

 子サメはすべてメスで、それぞれクレオ、CC、ジェミニと呼ばれている。

 この“処女懐胎”は単為生殖という非常に珍しい現象だが、水族館や野生のサメではまれに確認されている。また、ヘビから無脊椎動物まで、他のグループの動物も行うことがある。(参考記事:「ホテルのサメが4年連続“処女懐胎”」「アミメニシキヘビの単為生殖を初確認」

「単為生殖はさまざまなサメで確認されています。とくに水族館でよく起こる現象です」。サメに詳しい米フロリダ自然史博物館のジョージ・バージェス氏はそう話す。(参考記事:「絶滅危惧ノコギリエイの単為生殖を初確認」

 かつて科学者たちは、メスが以前に交尾した際にためた精子を使って受精したと考えていた。サメのメスには数年間精子をためられるものがいる。しかし、オスとまったく接触のないサメから子供が誕生する事例が複数確認され、この説は覆された。メスはオスと交尾せずに繁殖していたのだ。(参考記事:「共食いも胎盤も! サメは「繁殖様式のデパート」」

「まわりにオスがまったくいない水族館のように、進化の瀬戸際に追い込まれたときに起こる現象だと考えられます」とバージェス氏は言う。(参考記事:「メスしかいないサラマンダー、驚きの利点判明」

 単為生殖のプラス面は、生き延びる術を見つけられることだ。しかし、マイナス面もある。2匹の親のDNAが混じることによる遺伝子の多様性が失われるのだ。母親のDNAの組み換えが起こる可能性はあるものの、2匹の親から得られるほどの多様性はない。

 その結果、生まれてくる子サメがそろって感染症への耐性が低かったり、困難な環境に適応できにくくなったりする可能性がある。

 トラフザメは成長すると最大2.5メートルほどになる。インド洋から太平洋にかけての熱帯地域に分布しており、サンゴ礁や砂底で見かけることが多い。

「サメにはいつも驚かされてばかりです」とバージェス氏は話している。(参考記事:「ホホジロザメ 有名だけど、謎だらけ」

恐ろしくも美しきサメ、写真10選
大きな口をあけて鋭い歯を見せるホホジロザメ。フォトギャラリーはこちら
(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

文=Brian Clark Howard/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加