「犬肉祭り」が中国で開催、食用に1万匹とも

夏至の恒例行事だが、世界から非難殺到

2016.06.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国南部、玉林で21日に始まった犬肉祭りで売られる犬たち。(PHOTOGRAPH BY ANDY WONG, ASSOCIATED PRESS)
[画像のクリックで拡大表示]

 アジアには数百年、あるいは数千年にわたって犬を食用にしてきた国々がある。だが、中国・玉林の比較的新しい犬肉祭りに対しては、犬の扱いと食べ方の両方をめぐって世界的な論争が起こり、中国国内の人々をも二分する状況となっている。

 10日間にわたる「茘枝狗肉節(ライチ犬肉祭)」は6月21日、中国南部の玉林市で始まった。この催しは、20年ほど前から夏至に合わせて毎年開かれている。

 祭りの期間中に食肉処理される犬は約1万匹に上るとみられ、その多くが火鍋で提供される。

70%が「犬肉を食べたことがない」

 祭りを主催しているのは一般市民と民間企業であり、中国政府は国レベルでも地方レベルでも公式に推奨してはいない。地元でも賛否は割れている。市外からの観光客を熱心に歓迎する人もいれば、地域の評判が悪くなると不満をこぼす人もいる。祭りを非難するオンライン署名は世界から集まり、数百万人分に上っている。(参考記事:「イヌ家畜化の起源は中国、初の全ゲノム比較より」

 中国国営新華社通信によれば、このほど行われた世論調査では玉林市の住民を含む中国人の51.7%が「犬肉の売買を全面禁止してほしい」と考えており、69.5%は「犬肉を全く食べたことがない」と回答した。犬食への反対は、特に若者の間で強い。

 調査を後援した慈善団体、首都愛護動物協会会長のチン・シャオナ氏は、「玉林の残酷な行事が中国文化の一つだと、世界中で誤って認識されていることを恥ずかしく思います」と話す。

 抗議の声を受けて、玉林では警備が強化されている。中国のソーシャルメディアでもこの問題が激しい議論を呼び、反対派が犬食を非難する一方、擁護派はブタなど他の動物を食べるのと変わらないと反論している。(参考記事:「中国、動物園のトラが食用に」

 米国ではフロリダ州選出のアルシー・L・ヘースティングス下院議員が、この犬肉祭りを非難し、犬肉の売買をやめるよう中国に求める決議案を提出。「中国では毎年、人の食用として1000万匹以上の犬が殺されています」と同氏は訴えている。

 ヘースティングス氏はプレスリリースで、「犬肉の取引では動物虐待に加え、ペットの窃盗などの犯罪行為が行われています。しかもWHO(世界保健機関)は、コレラ、狂犬病といった人体への重大な危険との関連を指摘しています」と主張する。

【動画】韓国の犬肉売買から救出された犬。救出活動に当たったヒューメイン・ソサイエティ・インターナショナルは、21日に中国で始まった犬肉祭りでも犬の救出を試みている。(説明は英語です)

救出の取り組みも

 動物保護団体ヒューメイン・ソサイエティ・インターナショナル(HSI)も、この決議案を支持。犬を過密状態に置く、水や餌を十分与えないといった虐待があることを理由に玉林の祭りを批判している。同団体は、祭りで犬が撲殺されることがあり、ひどい場合は生きたまま調理され、それが客の目の前で行われることさえあると非難する。(参考記事:「馬肉偽装問題、食文化を考える契機に」

 祭りの主催者はこうした非難に対し、犬は苦痛を伴わずに食肉処理されていると反論。また、批判を受けて、今後は犬を公衆の前で殺すことはしないと話している。

 HSIはこれまでに数十匹の犬を祭りから救出し、米国などで里親を募った(HSIは関心を高めるためだとしている)。犬の中には盗まれたペットもいれば、野良犬とみられる犬もいるという。

 同様の救出活動を、HSIは韓国でも行ってきた。加えて、犬のブリーダーが食肉産業から別の業種に移れるよう手助けもしている。

 ヘースティングス氏は声明の中でこう語っている。「夏至に合わせた中国の犬肉祭りでは何千匹もの犬が残虐に殺され、これまでの分も合計するとさらに多数に上ります。このことに国際社会は関心を持つべきです」(参考記事:「【動画】まるで兄弟、子チーターと犬の動画が話題」

文=Brian Clark Howard/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加