大型クモ400匹を野に放つ、英国の動物園

絶滅危惧種の個体数が回復

2016.06.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハシリグモ属グレート・ラフト・スパイダーの子ども。個体数増加を目指して、英国で野生へ戻された。(PHOTOGRAPH BY STEFAN SOLLFORS, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 「大きなクモ400匹を野に放った」と聞いてどう思うか。オンラインでアンケートを取ったところ、ほとんどの人が「ゾッとする」と答えた。だが科学者たちは、絶滅危惧種の大型グモが英国に戻ってきたことを喜んでいる。飼育下で繁殖されていた数百匹のクモが、このほど野生に戻されたのである。

 グレート・ラフト・スパイダー(学名:Dolomedes plantarius)は、最大で7センチほどまで成長する。英国に生息するクモのなかでは最大で、魚を捕まえて食べることもある。ただし、絶滅の危機に瀕しているため、ロンドン郊外にある動物園「チェシントン・ワールド・オブ・アドベンチャーズ」では、飼育下での繁殖を続けてきた。(参考記事:「絶滅危惧の100種、IUCNが刊行」

 恐れることはない。このクモは人間には危害を加えない。そればかりか、生態系にとって重要な役割を果たしている。チェシントン・ワールド・オブ・アドベンチャーズは、この試みが認められて、英国・アイルランド動物園水族館協会からゴールド・コンサベーション賞を受賞した。

 グレート・ラフト・スパイダーは、体の色は茶または黒で、体の両脇に白またはクリーム色の細い線が入っている。沼地や湿地にすみ、足に生えている毛を利用して水面に浮くことができる。水面近くにやって来るほかのクモや昆虫、オタマジャクシ、小さな魚を捕まえて食べる。(参考記事:「魚を食べるクモ、少なくとも18種」

 動物園のウェブサイトには、「残念なことに、数が減っている主な理由は人間による自然破壊です」と書かれている。2011年に動物園の科学者は、グレート・ラフト・スパイダーを飼育繁殖させる保全プログラムをスタートさせ、2年間で400匹を野生に戻した。(参考記事:「動物の楽園になった世界の立入禁止区域5カ所」

 それ以来、野生の個体数は2倍に増えたと報告されている。その結果動物園は、飼育されているグレート・ラフト・スパイダーをこれ以上、野生に戻す必要はなくなったと発表した。

 ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館 名誉学芸員でクモの専門家であるノーマン・I・プラトニック氏は、グレート・ラフト・スパイダーの個体数回復の報告を歓迎している。「同じ属のクモは米国にも数種類が生息していて、小川や池の近くで見つけることができます」と、プラトニック氏は付け加えた。「水の上を易々と歩くことができて、水面近くまでやってくる獲物を捕らえるのです」

文=Brian Clark Howard/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加