美しくも危険な「電気クラゲ」にご用心

夏のビーチに現れるカツオノエボシの正体に迫る

2016.06.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】美しすぎるカツオノエボシ(Video by Aaron Ansarov)

 夏のビーチに、美しい色の風船のような生き物がいたら、それはカツオノエボシ(学名:Portuguese Man-of-War)だ。今日は、あまり知られていないその生物の正体に迫ってみよう。(参考記事:「カツオノエボシ」

クラゲじゃない

 カツオノエボシは、別名「電気クラゲ」とも呼ばれるほどクラゲによく似ているが、実はヒドロムシが複数集まった群体だ。米フロリダ自然史博物館のジョージ・バージェス氏は、ヒドロムシは「協力して1つのまとまった体を形成する」小さな生物であり、車で例えるならば、それぞれが部品のような役割を果たしていると説明する。

大西洋のアゾレス諸島沖を泳ぐカツオノエボシ(2009年撮影) (PHOTOGRAPH BY WILD WONDERS OF EUROPE/NATUREPL.COM/NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 移動手段をもたないため、海流や風に乗って熱帯や亜熱帯の海を浮遊している。米ジャクソンビル大学の海洋生物学者クイントン・ホワイト氏によると、フロリダ近海にすむカツオノエボシは、大西洋のメキシコ湾流に乗り、はるか北まで流れていくという。(参考記事:「10億匹の青いクラゲが大量死、米国西海岸で」

獲物をひと刺し

 カツオノエボシの体はポリプで形成されていて、ポリプはそれぞれ、食事をしたり、身を守ったり、生殖したりと、さまざまな役割をもっている。

 浮き袋の役割をもつポリプには、一酸化炭素や酸素、アルゴンなどのガスが詰まっていて、これで体を水に浮かせている。鳥に襲われた際には、その浮き袋についた水管から中のガスを吹き出し、水中に逃げるのだと、バージェス氏は語る。

風や海流に流されて、カナリア諸島の海岸に打ち上げられたカツオノエボシ。(PHOTOGRAPH BY MARTIN SIEPMANN, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 カツオノエボシの触手はコイル状になっているが、伸ばすと50メートルにもなる。小魚などの獲物に触れると、触手が「ビヨーンと伸びるんです」と、バージェス氏は言う。表面は刺胞に覆われていて、ここから毒を出し、獲物の自由を奪う。獲物を口まで運ぶと、口から酵素が出て、消化が始まるという。

危機がいっぱい

 そんな危険なカツオノエボシだが、この生物に寄生する魚もいる。エボシダイは刺胞がほとんどない“浮き”の下にもぐり込み、宿主であるカツオノエボシの触手や、栄養分が豊富な生殖器官を突いて食べている。

 さらに天敵となるのは、革のような皮膚をもつマンボウや、固い突起がびっしり生えた口をもつアオウミガメだ。刺胞に刺されることなくカツオノエボシを食べてしまうと、バージェス氏は言う。

 一方、人間が刺さた場合は、みみず腫れになって激痛に襲われる。なかにはアレルギー反応で呼吸困難に陥ることもあるため、「溺れてしまう危険があります」とホワイト氏は懸念する。

 以前、刺されて病院で手当て受けたことがあるバージェス氏は、その経験から1つだけ注意を促す。「海の中には野生の世界が広がっているということを、心にとめておいてください」(参考記事:「謎のゼリー玉が大量漂着、その意外な正体とは」

文=Liz Langley/訳=倉田真木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加