【動画】馬も倒す?デンキウナギの「水上攻撃」

水から飛び出し、目標に乗り上げて高電圧パルスをお見舞い!

2016.06.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デンキウナギ(水槽で撮影)は約600ボルトの電気を発することができる。これは日本の家庭用コンセントの6倍に相当する。(Photograph by Norbert WU, Minden Pictures, National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

 水から飛び出し、一部が水の外に出ている大きな敵にあごを押しあてて高電圧の電気ショックをお見舞いする。最新の研究から、南米のデンキウナギがそんな行動をとることが明らかになった。

 この発見は、ドイツの博物学者アレクサンダー・フォン・フンボルトが200年以上前に目撃したというデンキウナギ漁の話を立証するものとなる。

 1800年、フンボルトはベネズエラの漁師たちが「馬によるデンキウナギ漁」を行うのを目撃している。漁師は馬を泥沼に連れてゆき、デンキウナギに何度も馬を攻撃させた。そして数頭の馬が溺れ、デンキウナギが疲れ切ったところで、難なく体長1.5メートルほどのデンキウナギを捕らえたという。

デンキウナギの水上攻撃
デンキウナギは水面から飛び出すことによって、水中にいるときよりも強い電気ショックを与えようとすることが明らかになった。(説明は英語です。水上攻撃のシーンは1:30あたりから)

 これは長年にわたって伝えられてきた有名な話だが、真実かどうかは疑わしいとされていた。この研究に関する論文を単独で執筆し、6月6日付けの科学誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で発表した米国バンダービルト大学の生物学者ケネス・カタニア氏もそう考えていた。(参考記事:「デンキウナギ、電撃で獲物の位置特定も行っていた」

 研究室でたまたまデンキウナギのそれらしい行動を目撃するまでは。

「この体験にはとてもショックを受けました」

 以前、カタニア氏は、枠と柄が金属製の網でデンキウナギを実験用の水槽に移そうとしたことがあった。

 そのとき、網が近づいてくると、デンキウナギがよく向きを変えて襲いかかってくることに気づいた。

「デンキウナギは水面を突き破り、あごを押しつけながら柄に乗り上げるようにして、私の手に向かってきたのです」とカタニア氏は話す。

「幸い手袋をつけていましたので、実際に電気ショックを受けることはありませんでした。しかし、この体験にはとてもショックを受けました」(参考記事:「電気を使う動物のショッキングな事実」

 水面から飛び出す魚は珍しいわけではない。たとえば、迫り来る脅威から逃れるためにこのような行動をとる魚がいる。

 しかし、重要なのはデンキウナギがジャンプと高電圧パルスによる電撃のタイミングを合わせていたことだ。つまり、これは単なる逃避行動ではないことを示唆している。

強力な電撃をお見舞いするために

 このパルスの電圧と電流を計測するために、カタニア氏は電気を通す棒と板を途中まで水槽に入れてみた。

 すると、デンキウナギは近づいてくる棒と板に飛びかかり、電気ショックで攻撃してきた。この実験から、デンキウナギが水面から頭を高く出せば出すほど、電圧と電流が高くなることがわかった。

 さらに、導電性テープでLEDライトを貼り付けた捕食動物の模型を水槽に入れてみたところ、デンキウナギは水面から飛び出すことによって、敵の水上に出ている部分をできるだけ多く感電させようとしていることがわかった。

 また、スローモーションのビデオを解析したところ、デンキウナギが「首」を曲げて発電器官を敵に密着させ続けようとしていることも発見できた。

 水面から飛び出せば、敵に与えることができる電撃は強くなる。通常は水中で放電する分まで敵にそのまま送り込めるからだ。

 この攻撃は、陸生や半水性の捕食者には特に効果的なはずだとカタニア氏は話す。

極めて洗練された行動

 デンキウナギは、アマゾンが乾期になったせいで干上がりそうな沼に閉じこめられた場合に、このような攻撃に出るのかもしれない。フンボルトがデンキウナギ漁を目撃したのも乾期だった。(参考記事:「【動画】ピラニアだらけの川に肉を放るとこうなる」

 米国ミズーリ州にあるワシントン大学セントルイス校の生物学者ブルース・カールソン氏は、次のように話している。「私も含め、多くの人々がフンボルトの目撃談を懐疑的な目で見てきました。しかし、この研究によって彼の話が真実である可能性が出てきました」。なお、カールソン氏はこの研究には関与していない。

「もっと根本的なこととして、この行動は生物学において、電気の基本的な性質を活用したごく単純な行動をデンキウナギがいかに進化させたかを示す実に見事な例です」

「カタニア氏の最新の論文が発表される前は、デンキウナギの捕食行動は単純なものだという見方が大勢でした。電気ショックで麻痺させて、獲物を簡単に捕まえるだけだと考えられていました」

 そんなに単純なものではなく、獲物を検知して捕らえるという点でも、捕食者から逃れるという点でも、「驚くほど洗練された仕組み」をデンキウナギは使っていたのだ。(参考記事:「魚はウソをつけるし、見破りもする」

 だが、まだ謎は残る。自然環境の中にいるデンキウナギも実際にこのような行動をとるのだろうか。また、この反撃に対して捕食者はどう対応するのだろうか。そういった疑問はまだ解決されていない。(参考記事:「メカジキはなぜ漁師を刺し殺したのか」

文=Mary Bates/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加