友はなぜ村を襲うジャガーになったのか

ペルー、マヌー国立公園のマチゲンガ族にいまも息づく変身譚・後編

2016.05.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペルー、ヨミバトの村でジャガーに殺されたイヌ。マチゲンガ族の人々は、殺したジャガーはコルネリオだと信じている。(PHOTOGRAPH BY CHARLIE HAMILTON JAMES, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

◆前編はこちら
ジャガーになった友、アマゾンの現代版“山月記”

 デルフィンは淡々とポーズを取り、写真を数枚撮らせてくれた。それから私たちは装備を運び、共用の建物である「カーサ・コミュナル」へと歩いた。8メートル弱の柱の上に大きな草ぶきの屋根が乗っている。私たちがテントを設置する場所だ。太陽電池式の明るい照明を一晩中点けっ放しにしておけば、コウモリが寄ってこないと村人に言われた。

 町から来た人々が立ち寄っては、雑談を交わしていく。その内容をグレンが私に通訳してくれる。コルネリオのことがしきりに話題になっていた。(参考記事:「ペルー 先住民たちの豊かな森へ」

 実はグレンが最後に会った時、コルネリオは数カ月前から夜になるとジャガーになっていたという。「彼は本当に悲しんで、孫さえも殺してしまうかもしれないと深く悩んでいた」とグレン。「コルネリオは食が細くなっていた。老人は食欲が落ちるけれど、それは夜にジャガーになって獲物を取っているからだ」

 一方、ジャガーがすする血の代わりになるかもしれないと考えて、コルネリオに蜂蜜を与える者もいた。そのおかげかどうかわからないが、グレンが村を発った時、コルネリオは元気だった。

 夕食の後、グレンとハビエルは向かい合ってしゃがみ、特殊なパイプでたばこを吸いながら、互いの顔に煙を吹きかけ合っていた。とても強いたばこで、2人とも涙目になっている。グレンはふらふらだった。彼は早目に寝床に入り、明るい照明の下で眠りに落ちていった。

 翌日、グレンはひどく具合が悪かった。たばこの吸い過ぎなのか、それともコルネリオを悼んでいるのだろうか。

 これは後日談だが、数カ月後、ブラジルに戻ったグレンは、たばこを吸った夜に虫垂の一部が破裂していたらしいことを知る。外科医が患部を切除したときには、グレープフルーツほどの大きさになっていた。そんな状態で何カ月も歩き回りながら死ななかったことに担当の外科医はただあ然としたという。

写真: 「マサト」というキャッサバのビールを作るため、ヨミバトの子どもたちが鍋を運ぶ。マチゲンガ族は薬用としても多くの植物を使うが、中には幻覚を起こす物もある。(PHOTOGRAPH BY CHARLIE HAMILTON JAMES, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

ジャガー狩

 グレンが休んでいる間、私は料理人のオルランドとカヌーを操船するパンチョとともに、村長のレイナルド・ペニャ・ティムピアトに挨拶をしに行った。彼はコルネリオの娘パトリシアと結婚し、コルネリオがかつて使っていた空き地に住んでいる。私たちはジャングルの中を45分歩き、その場所に着いた。レイナルドと小柄で耳の大きな彼の義母は、建物の屋根をふくのに新しいヤシの葉を編んでいた。ペットのクモザルが近くで日光を浴びている。

 コルネリオに先立たれた妻のエウセビア・アスソ・メチョシナリは気落ちした様子だった。私たちは誰もマチゲンガ語を話せなかったが、グレン・シェパードは病気なのでテントにいる、とどうにか伝えた。彼を訪ねようとレイナルドが言った。(参考記事:「関野吉晴 マチゲンガ族との交流」

 程なく、レイナルドはカーサ・コミュナルにやって来た。蛍光イエローのサッカーシャツに格子縞のショートパンツ、「RENIC」というロゴ入りの野球帽を後ろ向きに被り、手首にはカシオのバックライト付き腕時計という出で立ちだった(RENICは身分証明書を発行するペルー政府機関の略称だ)。

 レイナルドとグレンは、コルネリオのことを長いこと話した。レイナルドによれば、しばらくは蜂蜜が効いたものの、コルネリオは再び「毛を生やし始めた」のだという。息絶えたとき、コルネリオは巨大なジャガーに変わり、上流にある大きな隣村のヨミバトに向かった。

 数日後、私たちはヨミバトに足を運んだ。そこで聞いたのは、コルネリオが変身したジャガーがイヌ8頭と無数のニワトリを殺したということだった。そのジャガーはときどき診療所の床下に入り込むため、医師はマチェーテ(中南米で使われるなた)を手にして出入りしなくてはならなかった。セルソルという名の狩人が語ったところによると、彼はジャガーがよく目撃されていた道沿いに隠れ場所をつくり、ジャガーが近付くのを待って矢を放ち、心臓に命中させたという。

 セルソルはやせ型で、歯を見せてよく笑う。ジャガーの心臓を射抜くような人間には見えない。だが、マチゲンガ族の優秀な狩人の多くはシャイで小柄だ。それに、決して自慢しない。

 コルネリオの魂が二度と戻ってこないよう、ジャガーの死体は自分と他の村人たちで燃やしたとセルソルは言った。

ペルー 先住民たちの豊かな森へ
フォトギャラリーはこちら(Photographs by Charlie Hamilton James)

アマゾンはあまりに広い

 川下へ戻る途中、グレンと私はコルネリオの妻エウセビアを再び訪ねた。彼女はまだ屋根ふきの作業をしていた。夫の木彫りをどれか形見に取ってあるかとグレンが聞くと、エウセビアは「夫の所有品は、死後に全て燃やしてしまった。心配だったから」と答えた。彼女はグレンに持たせる物が何もないことを残念がっていて、グレンも別れがたい様子だった。

 タヤコメに戻りながら、初めてこの地を訪れた私に、グレンはマチゲンガのワージャガー変身譚についての人類学的な見方を説明した。(参考記事:「ワージャガーの石像が出土 密林に眠る伝説の都市」

 マチゲンガ族にとって、死者に悲しみや愛着を感じるのは危険なことだ。残された家族がそんな状況に陥りそうな場合は、死んだ老人は森の中や天へ歩き去ったと考えることで、家族は救われる。

 一方、老人がジャガーになるのは、最期の日々に家族の重荷となって、息を引き取るときに世話をした者に後ろめたい解放感を抱かせるような場合だ。そんなとき、老人がジャガーになったと考えれば、解放感を抱いてしまった家族も罪悪感を感じずに済む。また、老いたジャガーがしばしばマチゲンガの村に現れて食料をあさる事実にも一致する。

 グレンはそう言いつつも、コルネリオが本当にジャガーになったと信じているような口ぶりに度々なった。この旅から戻ってかなり経ったとき、私はグレンにそのことを尋ねてみた。(参考記事:「インドネシア 亡き家族と暮らす人々」

「アマゾンはあまりに広大で、人知を超えた出来事があっても不思議じゃない」とグレンは答えた。「コルネリオは死んだ。あるいはジャガーになった。どちらもあり得ることだ」

文=Emma Marris/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加