北極に点在する緑のオアシスの正体は?

キツネの巣穴が生態系を豊かにする

2016.05.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米アラスカ州の北極圏国立野生生物保護区。巣穴から出てきたホッキョクギツネ。(PHOTOGRAPH BY DANIEL J. COX)
[画像のクリックで拡大表示]

 「どこもかしこも茶色い景色のなかで、そこだけが緑色に輝いています」と、米国アラスカ州ノーススロープ郡の野生生物学者、ブライアン・パーソン氏は言う。「ですから、とても目立つのです」

 パーソン氏が言う「そこ」とは、ホッキョクギツネの巣のことだ。

 彼はほぼ10年をかけて、アラスカ北部全域におけるホッキョクギツネの行動を調査した。体重3~5キロのホッキョクギツネは、主にレミングなどの小動物を狩る肉食獣で、アラスカ、カナダからグリーンランド、ヨーロッパまでの北極地方全域に生息している。

 衛星通信対応の首輪を装着した個体を追跡調査したところ、彼らは東に向かってボーフォート海にたどり着き、そこから引き返して、海氷を渡りながら隣接するシベリアの沿岸をぐるりと迂回するように移動したという。

 茶色い大地に散らばった緑色の点を飛行機から見下ろすと、「そこにおよそどれくらいの数の巣穴があるかがわかります」と彼は言う。「ホッキョクギツネは土地を肥沃にします。いわば緑の庭を育てているのです」

 ツンドラの大地と鮮やかな対比を見せるホッキョクギツネの庭に関する、初めての学術論文を発表した学者らは、この動物を「生態系のエンジニア」と呼んでいる。

 2014年にカナダのマニトバ州チャーチル付近で行われた実験では、ホッキョクギツネが生み出す有機性廃棄物は、夏には一般的なツンドラ地帯の3倍にのぼる植物のバイオマス量を支えていることが判明した。

キツネの庭はこうして育つ

 長く暗い北極の冬、空と大地は果てしない霞に包まれ、ツンドラは見通しの利かない不透明な世界と化す。気温がマイナス数十度まで下がるこの時期、キツネたちが身を寄せ、子供たちを厳しい気候や捕食者から守れる場所は、地中深く掘られた巣穴だけだ。(参考記事:「ホッキョクギツネの四季」

 キツネの巣穴には、掘られてから百年以上たつものもある。最も好ましいのは土手や川岸といった隆起した地形に作られたものだが、永久凍土層が広がる平坦な大地では、そうした場所が形成されるまでには長い年月がかかる。

 また、新たな巣穴を掘るには貴重なエネルギーを費やすことになるため、巣穴の数は限られている。キツネは過去に掘られた巣穴を再利用したり、ジリスの巣を勝手に“タイムシェア”して使うこともある。

【動画】カメラがとらえた北極の動物たち
キツネ、オオカミ、ノウサギ、フクロウ、そしてホッキョクグマ。彼らをとらえた写真には、北極の美が映し出されている。

 平均で10匹、最大で16匹の子どもを産むキツネは、巣の内外に、糞尿や獲物の食べ残しといった栄養分を大量に排出する。冬の間、彼らは水を飲まず、氷や雪も食べずに深部体温を下げて過ごす。水分は食べ物から摂取するため、尿には栄養分がいっそう凝縮されて庭の成長を促す。

ツンドラのオアシス

 ツンドラのオアシスであるキツネの庭は、美しいだけでなく、北極の環境を豊かにする一助となっている。食べ物の選択肢を増やすことにつながっているのだと、論文の共著者で、1994年からホッキョクギツネの研究を続けているマニトバ大学のジム・ロス氏は説明する。(参考記事:「極北の孤島に生きる」

 多様な植物が生えた場所は、短い夏の間、草食動物の食事場所となる。キツネの巣には、様々な動物たちが集まるとロス氏は語る。「カリブーなどの草食動物は生い茂った植物に集まり、死肉をあさる動物たちは、ガンの死骸に引かれてやってきます」

驚きの適応力

 ホッキョクギツネの庭は、北極の至る所で見られる。ハクガンの卵を1日で104個も溜め込んだキツネが見つかったこともある。そうした行いもまた、大地に、そして死肉をあさる動物たちに人知れず栄養を与えている。(参考記事:「温暖化でホッキョクグマの食生活に変化」

 エネルギーと熱の消費が少なくてすむ短い耳と口吻、そして断熱効果の高い毛皮を備えたホッキョクギツネは、冬に非常によく適応しているとパーソン氏は言う。その適応はあまりに完璧で、実験室の室温をマイナス40℃まで下げても、ホッキョクギツネが寒さに身を震わせることはなかったそうだ。

「ホッキョクギツネは恐ろしく有能な体をもっています。走っているところを見ても、まるで宙を飛んでいるかのようです」

 北極を代表する捕食者といえばホッキョクグマが定番だが、大きさを考慮に入れなければ、はるかに小さなホッキョクギツネの方が、注目に値する働きをしているのかもしれない。

文=Adam Popescu/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加