ペニスでメスの首刺すネジレバネ、壮絶な繁殖行動

「外傷性受精」の新たな例を発見、母は生きたまま体内の子に食い破られる

2016.05.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハチの腹部に寄生しているメスに生殖器を挿入しようとするネジレバネのオス。(PHOTOGRAPH BY HANS POHL, FRIEDRICH SCHILLER UNIVERSITY)
[画像のクリックで拡大表示]

 ある種の動物にとって、セックスは愛というより戦闘行為であるようだ。

 ミミズ、クモ、カタツムリ、ナンキンムシなど多くの動物では、オスがメスの体にペニスを突き刺し、体内に直接精子を注入する「外傷性受精(traumatic insemination)」を行うことが知られている。(参考記事:「メスしかいないサラマンダー、驚きの利点判明」

 今回、同じ方法を行う動物が新たに1種加わったことが、科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』で発表された。ネジレバネ亜目の寄生昆虫 Stylops ovinae だ。(参考記事:「寄生昆虫、琥珀の中の古代生物」

 ドイツ、フリードリヒ・シラー大学イェーナのハンス・ポール氏らは、高解像度顕微鏡をはじめとする高度な画像技術を駆使して、ネジレバネの性生活を初めて詳細に調べた。

母の長きにわたる苦しみ

 ネジレバネ目の昆虫の多くは、オスとメスでは全く異なる生活を送っている。オスは短命で、羽化後は数時間しか生きられず、その間にメスを探して飛び回る。

 一方、メスはハチなどに寄生している。その小さな体の大部分は宿主の腹部の中に埋もれていて、頭部だけが外に出ている。自力で移動する必要がないため、メスには翅も目も触角も脚も生殖器もない。(参考記事:「世にも恐ろしい 心を操る寄生体」

 そのためオスは、宿主の腹にしがみつき、メスの首にフック状のペニスを突き刺して精子を注入する。メスの体内では卵巣が崩壊しており、昆虫の血液に相当する血リンパ中にある卵を受精させるのだ。

 ネジレバネの子育ても同じように恐ろしい。論文によれば、受精してから数週間後、幼虫は母親を生きたまま食べ、その体内から脱出するという。

 科学者たちはこれまで、ネジレバネのメスは頭部にある「育溝」と呼ばれる器官を介してオスと交尾すると考えていた。(参考記事:「勃起したザトウムシの化石、ペニスで新しい科に?」

 けれどもポール氏らは、メスの首のあたりに、オスが精子を注入するための陥入部(受精ポケット)があるのを発見した。このポケットは、外傷性受精を行うにあたり、メスが負傷する危険性を小さくしているようだ。

 英シェフィールド大学のマイケル・シヴァ=ジョシー氏は今回の研究を、「外傷性受精に関する新しい証拠をもたらす、実にエレガントで巧妙な研究です」と評価する。なお、彼はこの研究には関与していない。

異常に長い「行為」

 ネジレバネがひねくれているのは羽根だけではない。性生活もかなり独特で、カップルは異常に長い時間をかける。

 研究チームが227例を観察したところ、その時間は2秒間から30分以上までばらつきがあったが、平均すると約8分で、昆虫としてはかなり長かった。これはおそらくオスの都合だ。時間が長くなれば、メスがほかのオスの精子を受け入れる可能性を減らせるからである。(参考記事:「メスを縛って交尾有利に、クモで判明」

 実際、オスはメスがすでにほかのオスから精子を注入されたかが分かるようだ。

「オスが同じメスと2回目に接するときには、その時間は1回目に比べてかなり短くなります。すでにほかのオスから注入されたメスを相手にするときには、さらに短いのです」とポール氏。(参考記事:「交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見」

オス・メス両方に有利な可能性も

 外傷性受精という方法は何百万年も前からあり、さまざまな系統の動物で何度も進化してきている。ポール氏は、すべてのネジレバネが外傷性受精を行っていると考えている。

 外傷性受精が、種の生き残りにどのように役に立っているのかはまだ厳密には分かっていない。

 シヴァ=ジョシー氏は、「オスにとっては、メス(の卵)に接近しやすいという恩恵があるかもしれません」と推測する。

「外傷性受精は、しばしばメスに負傷と感染症という負担を強いるものですが、いくつかの研究によれば恩恵もあるようです。例えば、ナンキンムシでは、オスはメスの産卵能力を高める成分を送り込んでいます」(参考記事:「【動画】カタツムリに寄生して宿主を操る”ゾンビ”寄生虫」

文=Mary Bates/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加