古代エジプトの「税を決める井戸」が見つかる

ナイル川の水位を計測する井戸「ナイロメーター」の大切な役割とは

2016.05.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古代の港湾都市トゥムイスの遺跡で発掘された石の階段。ナイル川の水位を測るために使われていたナイロメーターの一部だ。(PHOTOGRAPH BY GREG BONDAR, TELL TIMAI PROJECT)
[画像のクリックで拡大表示]

 エジプトのデルタ地帯にある古代都市トゥムイスの遺跡で、米国とエジプトの考古学者がナイロメーターと呼ばれる構造物を発見した。紀元前3世紀につくられたと思われるこのナイロメーターは、約1000年間にわたり、毎年氾濫するナイル川の水位の測定に使われていた。現存が確認されているナイロメーターは20程度しかない。

 米ハワイ大学の考古学者ジェイ・シルバースタイン氏は「エジプトでは、ナイル川のない生活は考えられませんでした」と話す。シルバースタイン氏は研究チームの一員として、地域の中心都市マンスーラからほど近いトゥムイスの遺跡で発掘調査を行っている。「このナイロメーターはもともと神殿の施設だったのではないかと、われわれは考えています。古代エジプトの人々はナイル川を神とあがめていました。ナイロメーターは宗教性と実用性が交わるものだったのでしょう」

 1970年にアスワン・ハイ・ダムが完成するまで、ナイル川は毎年7月後半から8月にかけて、周囲の平野を水浸しにした。そして、9~10月ごろに水が引くと、大麦や小麦といった農作物の栽培に欠かせない肥沃なシルトが残った。

 しかし、洪水の規模は年によって大きく異なる。浸水が不十分だった場合、農地の一部しかシルトに覆われず、しばしば飢饉をもたらす。逆に、水位が高過ぎれば、家や建造物が押し流され、農作物も駄目になる。ファラオによって統治されていた古代、5年に1度くらいのペースでどちらかが起きていたと推測されている。

水位で税を計算していた

 今回見つかったナイロメーターは直径約2.4メートルの円形の井戸で、石灰岩の大きなブロックでつくられており、内部に降りるための階段がある。ナイル川につながる水路が存在するか、単純に井戸の水位から川の勢いを予測していたかはわからない。ひじから中指までの長さ7つ分、つまり3メートル前後の水位が豊作の基準だと考えられていた。

 ハワイ大学の考古学者ロバート・リットマン氏は「ファラオの時代、ナイロメーターは税の計算に使われていました。おそらく後のヘレニズム時代にも使われていたでしょう」と説明する。「井戸の水位が豊作を示している場合、税は高く設定されました」(参考記事:「古代ローマにトイレ税、世界5つのヘンな税」

 ナイロメーターのブロックには、ギリシャ文字でいくつもの名前が刻まれていた。名前には数字が書き添えられていることから、建設のための資金を出した人々と推測される。紀元前3世紀当時のエジプトは、ギリシャ系のプトレマイオス朝の統治下にあった。(参考記事:「クレオパトラを探して」

このナイロメーターはナイル川河岸に立つ神殿の一部だったのではないかと、考古学者たちは考えている。ナイル川はこの後、進路を変えてしまった。(PHOTOGRAPH BY JAY SILVERSTEIN, TELL TIMAI PROJECT)
[画像のクリックで拡大表示]

川の進路とともに街も「新天地」へ

 古代エジプトのナイル川には、少なくとも7本の支流があったが、現在は3本しかない。支流が干上がったり、進路を変えたりすると、人々はその動きに合わせて移住した。

 過去の発掘調査から、古代都市メンデスは紀元前4世紀までに衰退を始めていたことが示されている。メンデスから0.5キロほど南に位置するトゥムイスの台頭は、ナイル川の進路変更に伴ったものと思われる。トゥムイスは「新天地」という意味だ。今回のナイロメーターの発見は、トゥムイスの西の境界沿いにナイル川の支流が存在したことを裏付けるものだ。

 そして、ナイル川は再び進路を変えた。現在の中心都市はナイル川の河岸に位置するマンスーラで、トゥムイスは小さな村に成り下がってしまった。

 今回、ナイロメーターが発見された場所は神殿の一部だった可能性が高い。そこに暮らす神官が季節的な洪水を予測し、農民が豊作を祈り、神に捧げものをしたと思われる。この場所には現在、サッカー場や食肉加工工場、墓地、ごみ処理場などがある。

 しかし、一帯の風景や文化には、ナイル川とその宗教的意義の痕跡が残っている。現在も地下水面は十分な高さを維持し、ナイロメーターを発見したのも揚水施設を掘っていた作業員たちだ。

 今回の発掘調査に参加しているエジプト人考古学者が、約30年前の出来事を思い出してくれた。ナイロメーターの上にできたムスリム墓地の斜面を、地元の若い女性が転がっている。女性の説明によれば、一帯に伝わる子宝祈願の風習だという。妊娠を望む若い女性たちが代々にわたって、この慣習を行なってきたそうだ。

 ナイル川は遠い昔に進路を変えた。しかし、その命をもたらす力は風習の中に生き続けてきたのだ。(参考記事:「ツタンカーメン王墓の「隠し部屋」、迷走の真相」

文= Nick Romeo/訳=米井香織

  • このエントリーをはてなブックマークに追加