「米国紙幣初の黒人女性」はどんな人?

スパイを経て奴隷解放運動家になった元奴隷の「タブマン将軍」

2016.04.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奴隷制廃止論者であり、北軍のスパイでもあったハリエット・タブマン。アンドリュー・ジャクソン大統領に代わり、米国の20ドル紙幣の顔となる。新たなデザインは2020年に発表される予定だ。(PHOTOGRAPH BY MPI, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 1863年、ハリエット・タブマンはジェームス・モンゴメリー大佐と共に兵を率い、サウスカロライナ州コンバヒー川沿いの稲作プランテーションを襲撃した。建物に火を放ち、橋を壊し、プランテーションにいた奴隷の多くを逃がした。

 タブマンが米国北部諸州の黒人兵士と共に船でやってくるのを見た奴隷たちは、奴隷監視人の制止もむなしく、船を目指して走り出した。ある奴隷監視人は、「キューバへ行ってしまえ!」と叫んだと伝えられている(南部連合は当時、北部諸州は逃亡奴隷をキューバへ運び、砂糖プランテーションで働かせるつもりだといううわさを流そうとしていた)。(参考記事:「よみがえる南北戦争 」

 タブマンの肖像がこのほど、第7代大統領のアンドリュー・ジャクソンに代わり、20ドル紙幣に採用されることが決まった。米国人には、秘密結社「地下鉄道」を通じて数百人の奴隷を解放した人物としてよく知られているが、彼女は同時に、南北戦争で重要かつ草分け的な役割も果たしていた。

 米国史上、女性として初めて軍の遠征を率い、奴隷制度廃止運動家のジョン・ブラウンが「タブマン将軍」と呼んだだけではない。タブマンは北軍のスパイ兼リクルーターだった。

「彼女は南北戦争で屈指の女傑でした」と話すのは、「ハリエット・タブマン、シークレット・エージェント(Harriet Tubman, Secret Agent)」の著者トーマス・B・アレン氏だ。「しかし、その功績は戦後ずっと評価されませんでした」(タブマンは戦後30年以上経った1899年まで年金を受給していなかった)(参考記事:「生きていく世界の女性」

米国財務省は当初、10ドル紙幣のアレキサンダー・ハミルトンを変更する予定だったが、20ドル紙幣のジャクソンを別の人物に代えるべきとの声が高まり、計画を変更した。(PHOTOGRAPH BY CAROLYN THOMPSON, ASSOCIATED PRESS)
[画像のクリックで拡大表示]

「見えない者」とされた黒人奴隷

 元奴隷をスパイとして使うという作戦は極秘のうちに進められ、エイブラハム・リンカーン大統領は陸軍長官や海軍長官にさえ知らせていなかった。秘密のスパイ組織を統括したのはウィリアム・スワード国務長官だ。彼の自宅が地下鉄道の「停車場」(隠れ家)だったとき、タブマンに会っていた。(参考記事:「リンカーン 最期の旅」

 タブマンら元奴隷たちがスパイとして力を発揮できたのは、奴隷制存続を掲げる南部連合が彼らの知性を低く見積もっていたためだ。

 アレン氏は著書の中で、「彼らは、見えない者として生活を送っていた」と記している。「見えない者として扱われる黒人奴隷の性質を、ハリエット・タブマンはよく分かっていた。それが、元奴隷に北部諸州のスパイをさせるという作戦の土台になった」

 南部連合の支配地域に潜り込んだスパイは、南部の作戦について奴隷たちから情報を集めた。例えば、南軍は北軍の船を爆破しようと、たるに火薬を詰めた機雷を使っていた。それを川のどこに敷設したのか、奴隷たちがスパイに教えていたとアレン氏は言う。こうしたスパイからの情報は、「黒い速報」として知られるようになった。

 誰であれ、元奴隷が南部連合の支配地域に足を踏み入れるのは勇気のいることだった(彼らは法的にはまだ「自由」ではなく、逃亡者とされていた)。とりわけ、奴隷制廃止論者として有名になっていたタブマンにとっては危険が大きかった。

 メリーランド州にあるソールズベリー大学の元歴史学教授、クレア・スモール氏は、彼女を「勇敢な女性でした」と評する。「自由になりたい、そして他の人たちにも自由になってほしいと願っていたのです。そうでなければ、命を危険にさらすことはしなかったでしょう」(参考記事:「伝説の女性飛行士遭難の謎、異説が浮上」

 アレン氏の著書には、あるエピソードが紹介されている。1863年の襲撃の際、近付いてきたタブマンの船に向かって、老いた奴隷が走り出した。81歳にもなってここを逃げ去るべきかどうか、彼は一瞬迷ったという。

 だが、それもほんの一瞬だった。

 のちに、老人はこう振り返ったとアレン氏は記している。「隷従の地を捨てるのに、老いすぎることなどない」(参考記事:「100年前、米国に桜をもたらした3人の米国人」

文=Becky Little/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加