古代都市ポンペイは、現代社会にそっくりだった

ファストフード店や高級輸入食材、遺跡の修復プロジェクトで判明

2016.04.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界遺産に登録されているイタリアのポンペイ遺跡で、大規模な修復プロジェクトが進んでいる。(PHOTOGRAPH BY DAVID HISER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 火山の噴火によって一瞬にして失われたローマの古代都市ポンペイで、大がかりな修復プロジェクトが進んでいる。陣頭指揮をとるイタリアの考古学者マッシモ・オサンナ氏は、「2000年前の社会を目の前で写真撮影したかのように」当時の姿をはっきりと克明に、そして多角的に現代によみがえらせたいと考えている。

 山のようなデータから浮かび上がってきたのは、現代の私たちの生活に驚くほどよく似た社会だった。紀元1世紀のポンペイには、多様な文化が混在し、さまざまな言語が飛び交い、人々はファストフード店でランチをとり、高級輸入食材を自宅で楽しんでいた。

災害に次ぐ災害

 イタリアのナポリ湾に面するポンペイの街は、大災害の代名詞として歴史に名高い。紀元79年、近接するベスビオ山が噴火し、一瞬にして多くの住民の命を奪った。19世紀半ばに本格的な発掘が始まってからは4度の大地震に襲われ、さらに幾度とない人災にも見舞われた。(参考記事:「ベスビオ火山の不気味な動静」

 第二次世界大戦中の1943年には、連合国軍による爆撃を受け、多くの重要な文化財が破壊された。戦後には、犯罪組織とつながりのある建築会社の手によってずさんな「修復」工事が行われ、爆撃よりもさらにひどい損傷を受ける結果となった。2度にわたる大戦と4度の経済危機による人員と経費の削減で、ポンペイの大部分は荒廃し、危険地帯と化してしまった。通りには野良犬がうろつき、度重なる洪水で土台の浸食も進んでいる。

 2010年末には、観光名所の一つである「剣闘士たちの家」が突然倒壊し、発掘済みの遺跡内で観光客が入場できる範囲はわずか13%に限定されてしまった。一般公開される建物は1956年には64棟あったが、10棟まで減った。(参考記事:「ポンペイ遺跡で相次ぐ崩壊」

荒廃が進むポンペイ遺跡では、一般公開される建物の数が1956年の64棟から、2010年末には10棟にまで減った。(PHOTOGRAPH BY MARIO LAPORTA, AFP, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 事態の深刻さに、ようやく政府は重い腰を上げた。2012年には、欧州連合が7500万ユーロの緊急資金を、イタリア政府もさらに3000万ユーロを遺跡修復のために拠出した。

 ポンペイは、このまま見捨ててしまうには魅力的過ぎる。数百年にわたって十分な保全策がとられてこなかったにもかかわらず、年間300万人の旅行者が訪れ、中国の万里の長城、西安の兵馬俑坑、ローマのコロッセオ(円形競技場)、同じくローマのフォロ・ロマーノに次いで、世界で5番目に人気の観光名所となっているのだ。(参考記事:「色鮮やかな兵馬俑」

最上級の観光名所へ

 オサンナ氏のチームは、考古学史上まれに見る野心的なポンペイ修復事業の陣頭指揮を任された。「グレート・ポンペイ・プロジェクト」と銘打たれた事業の目的は、数々の災難に見舞われてきたこの遺跡を2017年までに最上級の観光名所へと変えることである。(参考記事:「劣化進むポンペイ遺跡に新たな修復プラン」

 現場では、200人以上の専門家や技術者が働いている。建築家12人、考古学者12人に加えて、れんが職人、電気工、配管工、塗装工、大工、写真家、歯科医師、放射線技師、生物学者、地質学者、地図製作技術者、コンピューター科学者、美術品復元の専門家、さらに、先端診断機器に詳しい医療エンジニアや、洪水を防止する水工学者といった顔触れがそろっている。

 今回のプロジェクトで特に注目されているのは、犠牲者の詳細な体内画像を作成するコンピューター断層撮影、いわゆるCTスキャンの導入である。

CTスキャン装置を使って、火山灰に閉じ込められた犠牲者の骨や歯を分析する。(PHOTOGRAPH BY ITALIAN MINISTRY OF CULTURE)
[画像のクリックで拡大表示]

 スキャンにかけられた遺体は、過去の発掘で火山灰の中から掘り出されたものだ。1863年から1875年にかけて発掘調査を任されていたジュセッペ・フィオレッリ氏は、犠牲者を閉じ込めたまま冷えて固まった火山灰に石膏を流し込み、元の体を見事に再現した石膏像を作成した。

 歯は人間の体の中で最も耐久性があり、また人によって異なる特徴をもつ。ポンペイに残る歯を見れば、その持ち主が管楽器を吹く演奏家だったのか、くぎを口にくわえる大工だったのかが分かると、プロジェクトに携わる歯科医師たちは言う。また、犠牲者の性別、年齢、出生地、社会経済的地位を推測するのにも役立つという。(参考記事:「歯の汚れが古代人の暮らしを解き明かす」

CTスキャンで見つかった子どもの遺骨。両親と思われる成人男女の遺体の横で発見された。(PHOTOGRAPH BY ITALIAN MINISTRY OF CULTURE)
[画像のクリックで拡大表示]

現代社会との共通点

 データ分析はまだ初期段階だが、作業が進むにつれて、ローマ帝国が全盛期にあった当時の様子が少しずつ明らかになってきた。それは、21世紀の現代社会と驚くほどよく似たものだった。(参考記事:「写真で見る避妊具の歴史、古代ローマ時代の品も」

 今日でいえばロンドンやニューヨークに匹敵する人種のるつぼとして、ポンペイにはローマ市民、帰化した外国人、奴隷の身分から解放されて職人や商人になった人々が集まり、豊かな社会を築いていた。

EUとイタリア政府は、ポンペイ遺跡の修復のために1億ユーロを超える資金を拠出した。(PHOTOGRAPH BY ALVISE ARMELLINI, DPA, CORBIS)
[画像のクリックで拡大表示]

 食生活は健康的で、未精製の小麦、オート麦、大麦、それにひよこ豆や果物、木の実など、現代なら栄養士お勧めの健康食品店で売られているような食べ物が多かった。味の引き締め役としての高価な輸入香辛料、さらにエジプトからはレンズ豆、アラビア半島からはナツメヤシなどの珍しい食材も入ってきていた。「彼らの食生活を見ると、とても商業的な文化だったことが分かります」と、オサンナ氏は語る。(参考記事:「人糞が明かす古代ローマ人の生活」

 その一方で、ファストフードのような軽食を出す店も市民から人気を得ていたことが、遺跡からうかがえる。「どの地区にも、地元の人々がランチを楽しめる『テルモポリウム』と呼ばれる飲食店がありました」と、40年前から遺跡のガイドを務める歴史家のマッティア・ボンドンノ氏が説明してくれた。

 ボンドンノ氏の案内で遺跡を歩くと、小さな食堂には、料理を入れる素焼きの器が並んだ石のカウンターがあった。「どうです、これがポンペイ人のファストフード店ですよ」(参考記事:「南仏で発見 古代ローマの沈没船」


【動画】ポンペイの石膏像をCTスキャン。歯や骨の分析は、犠牲者の当時の生活を知る手掛かりになる。

文=Frank Viviano/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加