バスコ・ダ・ガマ艦隊の沈没船を発見

中東オマーン沖、大航海時代最古の沈没船

2016.03.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
船に搭載された重砲は沈没後間もなく引き揚げられた可能性が高いが、現場からは数十個の砲弾が見つかった。(PHOTOGRAPH BY DAVID MEARNS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 中東オマーンの遺産文化省は3月15日、大航海時代のものとしては最も古いヨーロッパの沈没船が同国沖で発見されたと発表した。ポルトガルの伝説的探検家バスコ・ダ・ガマが、2度目となるインド航海(1502~1503年)で指揮をとった艦隊のうちの一隻「エスメラルダ」号のものと思われる。

 最初に沈没船の所在が確認されたのは1998年のこと。その後2013~2015年にかけて、オマーンの遺産文化省と、沈没船の引き揚げを専門とするデビッド・ミアーンズ氏のブルー・ウォーター・リカバリーズ社の協力により、発掘調査が行われた。ナショナル ジオグラフィック協会も、この調査を支援している。

ROSEMARY WARDLEY, NG STAFF
[画像のクリックで拡大表示]

 回収された数千点に上る遺物は現在分析が進められているが、中間報告によると、船はエスメラルダ号であることはほぼ間違いないという。手がかりとなったのは、現場から見つかった数々の貴重な遺物だった。インドとの交易のために鋳造されたポルトガル硬貨(現存しているのはこれを含めてわずか2枚)や、エスメラルダの船長で、ガマの母方のおじであったビセンテ・ソドレの頭文字と思われるアルファベットが刻まれた石製の砲弾などが含まれている。もしこれが、本当にガマの艦隊の一部だとすれば、大航海時代の沈没船で発見・発掘されたものとしては最古の船となる。(参考記事:「地中海で大量の沈没船が見つかる、ギリシャ沖」

大航海時代

 15世紀半ばから17世紀にかけて、ヨーロッパ諸国が海上交易路を切り開くため世界の海へ勢力を広げていった大航海時代。そのきっかけをもたらしたのは、インド亜大陸の香辛料市場だった。当時、紅海を経由する香辛料の輸入ルートは、エジプトのムスリム商人たちによって支配されていたのだ。

 西回りでインドへたどり着こうとしたクリストファー・コロンブスは、目的は果たせなかったものの、結果的に1492年のアメリカ大陸“発見”につながった。だが、最終的にインド航路を確立したのはバスコ・ダ・ガマだ。ガマは、アフリカ大陸を回ってインド洋へ入り、1498年にインドのカリカットへ上陸した。

現場で見つかった号鐘。これまで発見されたなかでは最古のものと思われる。(PHOTOGRAPH BY DAVID MEARNS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 1502年に、ポルトガル王マヌエル1世(在位1495年~1521年)はポルトガルによる第4回インド航海の艦隊司令官にガマを再び任命した。20隻から成る艦隊には、敵対するムスリム商人を制圧するための重砲が装備されていた。1503年、ガマはインドを離れてリスボンへ帰還したが、その際、インド南西部沿岸に沿って建設されたポルトガルの商館を護衛するため、おじビセンテ・ソドレ率いる5隻の小隊を残した。ところが、ビセンテ・ソドレ(エスメラルダ号)とブラス・ソドレ(サン・ペドロ号)兄弟は、残りの小隊を引き連れてアラビア半島とアフリカの間にあるアデン湾へ向かい、そこでアラブの船を襲っては略奪を繰り返していた。

 その年の5月、小隊は現在のオマーン南部沖、クリアムリア諸島の一つアルハラニヤ島に停泊していた。嵐が近づいていると地元の人々から警告を受けたものの、それを無視したため、船は停泊場所から流されて岩に叩きつけられたという。サン・ペドロ号は岸に乗り上げてほとんどの乗組員は助かったが、エスメラルダ号とその乗組員たちは深い海の底へ消えて行った。

鐘をCTスキャンにかけたところ、アルファベットの「M」と数字の「498」が刻印されていることがわかった。数字は、1498年の一部であると思われる。ガマの艦隊がリスボンを出港したのが1502年なので、年代的に一致する。(PHOTOGRAPH BY DAVID MEARNS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 当時、世界最長の海上航路であったインド航路では、1498年~1650年の間に1000隻以上の船が行き来した。そのおよそ2割が行方不明になったと推定されるが、発見・発掘された沈没船はほんのわずかである。今回の発見前に最古とされていた沈没船は、1552年に南アフリカ沖で沈んだサン・ジョアン号だ。

21世紀の捜索

 ミアーンズ氏のチームは、6カ月かけてポルトガルの古文書を調べ上げ、エスメラルダ号とサン・ペドロ号の眠っていそうな場所を絞り込んだ末、ガマのインド航路開拓からちょうど500年となる1998年に沈没場所を特定した。「島の高台に立ち、波が打ち寄せる様子を眺めていました。ポルトガル人になったつもりで、自分ならどこに停泊するか、嵐に遭った船が海岸のどのあたりに流されたのかを考えてみました」と、ミアーンズ氏は振り返る。「それからシュノーケルで捜索してみると、20分もたたないうちに、明らかにヨーロッパの船のものと分かる砲弾が散乱しているのを見つけたのです」(参考記事:「ある難破船の数奇な運命」

 ブルー・ウォーター・リカバリーズ社は、2013年からオマーンの遺産文化省とともにアルハラニヤ島へ戻り、発掘調査を行った。沈没位置は島の北東にある入り江沖で、強い波が絶えず打ち寄せることから、ダイバーたちに「洗濯機」と呼ばれている場所だ。その波のおかげで、船の遺物は砂の奥深くまで押し込まれていた。

沈没船は、アラビア海に浮かぶアルハラニヤ島沖で発見された。(PHOTOGRAPH BY KRISTIN ROMEY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 オマーン本土から45キロも離れた人口の少ない島の、さらに人里離れた場所だったために、略奪に遭うことなく残っていたのだろうと、ミアーンズ氏は言う。現在島の開発が進められていることもあり、発掘調査もその勢いに乗って順調に行われた。

号鐘とゴーストコイン

 別の船長の目撃証言によると、ソドレ兄弟の船は後に引き揚げられ、船体の残りはすべて燃やされたという。それでも今回、約2800点の遺物が回収された。2013年の調査では、大きな岩の下に押し込まれるように挟まっていた銅合金の号鐘が発見された。発掘された号鐘としては最古のものである。すり減って錆びついていたが、CTスキャンにかけてみると、「M」という文字と「498」という数字が刻まれていたことがわかった。数字は1498年を意味していると、専門家は推測する。ガマの艦隊はリスボンを1502年に出航しているため、年代的にも一致している。

 重砲はまったく見つからなかったが、船は一度引き揚げられたとの証言があるので、その時に回収されたのだろう。しかし、砲尾の薬室や石製の砲弾数十個が見つかっており、そのうち35個の砲弾に「VS」という文字が刻印されていた。ビセンテ・ソドレの頭文字と思われる。鉛の弾丸も大量に見つかり、こちらもスペイン、ポルトガル、イングランドの鉱山で採れる鉱石と同じものであることがわかった。

沈没現場では、12枚のポルトガル・クルザード金貨が発見された。(PHOTOGRAPH BY DAVID MEARNS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 ほかに、現場で回収された硬貨も、沈没船がやはりガマの艦隊のものであるという説を裏づけている。12枚のクルザード金貨はジョアン2世(1477年~1495年)とマヌエル1世の時代のポルトガル硬貨で、保存状態は良好だ。また、マヌエル1世が1499年にインドとの交易のために特別に鋳造した「インディオ」と呼ばれる銀貨は、今回の発掘前までは世界でたった1枚しか残っていなかったため、専門家の間では「マヌエル1世のゴーストコイン」と呼ばれている。(参考記事:>「300年前の沈没船から財宝、王室献上コインも」

 なかでも最も貴重な発見は、ポルトガル王室の紋章とマヌエル1世の紋章が刻まれた銅合金の円盤だ。その使用目的はまだわかっていないが、ミアーンズ氏は、平面天体図の一部とみている。「航海道具だとはっきり分かる特徴がいくつかあるんです。沈没船の遺物のなかでも、最もわくわくさせてくれるものですね」

 回収された遺物は、保存処理を施して、詳しい研究が進められている。最終的には、オマーンの国立博物館に展示されることになるという。

銅合金の円盤には、ポルトガル王室の紋章(上部)とドン・マヌエル1世の紋章である古代の天球儀(下部)が刻まれている。この円盤の使用目的はわからないが、航海道具の一部とみられている。(PHOTOGRAPH BY DAVID MEARNS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

乗組員たちの行方

 この沈没船の最も大きな謎は、乗組員の遺体がまったく見つからないことだ。目撃証言によれば、ビセンテ・ソドレを含めたエスメラルダ号の乗組員たちは船と一緒に沈み、浜に打ち上げられた遺体は島に埋葬されたという。また、生存したものの後に死亡した乗組員たちも島に埋葬された(ブラス・ソドレも、原因不明の死を遂げている)。考古学者たちは、合わせて100人近い乗組員たちがアルハラニヤ島に眠っていると考えている。

 島を調査したところ、遺体を埋葬した石塚が数十カ所見つかった。塚の向きから、イスラム教徒のものではないと考えられる。しかし、試しに浅い部分を掘ってみたところ、人間の遺骨はまったく出てこなかった。動物が持ち去ったり、風雨にさらされたりした結果、朽ち果ててしまったのだろうと、専門家はみている。

 英国の戦艦フッドや日本の戦艦武蔵の発見にも関わったミアーンズ氏は、発掘調査を続けながらポルトガルの小隊がどうなったのか、常に気にかかっていたという。「20世紀のことであろうが、16世紀のことであろうが、船の沈没現場というのは決してきれいなところではありません。そこは悲劇の現場であり、多くの人々が命を落とした場所として、敬意を持って扱うべきです。ポルトガル人の証言を読むと、それがどんなに過酷だったかが想像できます。そして実際に現場へ行ってみると、あれほどの嵐に遭っては何ものも生きて戻ることはできなかっただろうと、実感できるのです」

文=Kristin Romey/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加