イースター島、人殺しの武器を作らなかったと新説

島内の争いがもとで衰退したとする従来説に異論

2016.02.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イースター島で、かつて環境破壊によって内乱が起こったという説に反論する新たな研究結果が発表された。(PHOTOGRAPH BY JIM RICHARDSON, NATIONAL GEOGRAOHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 ラパヌイ(イースター島の現地名)のモアイほど、世界的に有名な遺跡は数少ないだろう。また、その石像を作り上げたポリネシア人たちの悲しい結末ほど、人類の未来への警鐘となる話も少ないだろう。

 1722年にヨーロッパ人が初めてこの島へやってくる前のこと、島の人々は不思議な巨石像を次々と作り、そのおかげで島中の森林が伐採され、資源は急速に枯渇し、残された乏しい資源をめぐって島民の間に争いが起こり、やがて完全な社会崩壊、経済崩壊へつながったのだと言われてきた。(参考記事:「謎に満ちたモアイ」

 しかし今、島のいたるところで発見されているごくありふれた遺物が、その通説を覆そうとしている。

イースター島のモアイ像は、世界で最も有名な遺跡に数えられている。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN ALVAREZ, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 1877年当時、島に住むラパヌイの末裔はわずか110人だった。ヨーロッパの民族学者たちが、イースター島の社会を崩壊させた武力闘争に関する口承を収集し始めたのがこの頃だった。島のいたるところで出土した数千個もの石器は、武器として使われたと考えられた。黒曜石で作られた石器は、小さく細長い三角形をしており、柄がつけられた。

 元ナショナル ジオグラフィック協会付きエクスプローラーのジャレド・ダイアモンド氏は、2005年に出版した著書『文明崩壊』で、マタアと呼ばれるこれらの石器を「頻発する内乱」の遺物として紹介した。米国の国防脅威削減局の刊行物でも、「石器時代の武器発達」の一例として挙げられている。

 ところが、新たに発表された研究報告により、マタアには実は殺傷能力はなかったとする証拠が示された。しかも最近では、後世に語られるようになった武力闘争も実際にあったのかどうか、ラパヌイ研究者の間で対立する意見が出始めている。島民たちは確かに森林伐採と環境破壊の影響に苦しめられたものの、文明崩壊まで至ったのは、外部の人間との接触があってから、彼らの持ち込んだ疫病と奴隷制のためであったという。

 論文の著者は、殺傷能力がないマタアを作ったのは、孤立した島社会に暮らす人々があえてそうしたのだと指摘する。彼らは、狭い島の中で互いに殺し合いをすれば、いつか全員が死んでしまうということに、早くから気付いていたのである。(参考記事:「石器時代の大規模な「武器工場」を発掘」

マタアと呼ばれる黒曜石の石器を分析した結果、武器として組織的に製造されたものではなく、様々な用途に使われていたことが分かった。
[画像のクリックで拡大表示]

「殺傷能力はその辺の石と変わりない」

 ナショナル ジオグラフィック協会から支援を受けている米ビンガムトン大学のカール・リポ氏率いる研究チームは、400個以上のマタアを分析し、その形状に特定の機能を示唆するような一貫した特徴があるかどうかを調べた。例えば、細長くとがった形なら、肉を貫き内臓を傷つけることができる。調べたマタアは、縦と横の長さが6~10センチ、形は実に様々で、使用目的別に分類しようにも、これらの形に共通点を見つけることができなかった。むしろ、様々な形をしているということは、島の日常生活のあらゆる場面で、田畑の耕作や食べ物の加工など、多目的な用途に使われていたのだろうと考える方が自然だ。

 マタアの鋭い刃先は、物を切ったりこそげ取ったりするのには理想的だが、その重さと非対称性は、人を刺し殺すには十分でないと、リポ氏は結論付け、「殺傷能力はその辺の石とほとんど変わりはない」としている。

 また、米スミソニアン自然史博物館自然人類学部門の責任者ダグラス・アウズリー氏の率いる研究チームが、イースター島で見つかった469個の人間の頭骨を調べたところ、マタアによるものと思われる切り傷の痕が見つかったのは、そのうちわずか2個だけだった。ほとんどの傷は、飛んできた石に当たってできたものであるという。島へやってきた西洋人は、島の人々の多くが石を投げて相手を攻撃していたことを記録に残している。

 考古学者ポール・バーン氏は従来の崩壊説を支持する研究者の一人であり、ジャレド・ダイアモンド氏も著書でその研究を何度も引用している。バーン氏は、マタアが人を殺すのに有効な武器ではなかったとする説に反論し、「もちろん致命傷を与えることが可能です。そもそもこれは物を切る道具ですから。骨に痕跡を残すことなく、大けがを負わせることもできます」と指摘した。

研究者の多くは、島の社会を滅ぼしたのは内乱ではなく、ヨーロッパ人の持ち込んだ疫病が原因だったと考えている。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN ALVAREZ, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 これに対し、アウズリー氏はもう少し慎重な見方を示している。「私の経験では、本当に誰かを殺したいと思うなら頭を狙うでしょう。顔を切り付ければ頭蓋骨に証拠が残るものです」

 争いが起こったとされる時から数百年も後に収集された口承だけを頼りにすることは、研究者の間でも論争の種となってきた。「人口が少なく、島民は全員が知り合いという小さな島です」と、アウズリー氏は言う。「ほんの数人が死亡した事件でも、島全体に話が伝わり、何度も繰り返し話題にされれば、そのうち話が膨らんで実際よりもずっと残虐な出来事として伝えられてしまうでしょう」(参考記事:「南太平洋の島で謎の石器を発見、現生人類の到達前」

殺してはならないという暗黙の了解

 だからといって、イースター島の生活に争いが皆無だったわけではない。「もちろん、暴力的な事件もありました。傷が癒えた痕のある人骨もたくさん発見されています。マタアも、鋭い刃がありますから、色々な形で人を威嚇するのに使われることもあったと思います」と、リポ氏は言う。しかし、70トンものモアイ像を1000体近く築いた技術力を持っていた島民たちが、戦いで相手を殺すことのできる武器を作れなかったのはなぜだろうか?

「作れなかったわけではありませんよ、もちろん」と、リポ氏。「作ろうとしなかっただけです」
 リポ氏は2012年に、米オレゴン大学の人類学者テリー・ハント氏と共同で、『歩く石像』と題されたモアイ像研究の本を出版している。その中で両氏は、面積わずか164平方キロ、一番近い島まで2000キロという絶海の孤島で、互いに殺し合うまで争いをエスカレートさせることは、全くの無益であると書いている。

「彼らにとっては、この島が宇宙全体だったのです」と、リポ氏は説明する。「死にいたるほどの暴力は露見してはいけない。殺したら逃げるか、皆殺しにするか。そうでなければ、遅かれ早かれ犯した罪の報いを受けなければなりません」
 イースター島の社会は早い段階でこれに気付き、互いに競争しながらも、報復行為の応酬で大量殺戮に発展し、最終的には全滅するという最悪の事態に発展しない方法を考えついた。

 現存する人骨の分析結果も、この意見を支持しているようだ。「激しい戦闘の時代があったという民族史的記録と、人骨のデータとは一致しません。組織的な戦いも大量殺戮も、実際には存在しなかったのです」と、アウズリー氏は言う。

 リポ氏は、イースター島で起こった環境破壊から部族闘争、文明の崩壊というこれまでの通説を、今一度見直すべきであると主張している。「科学の力を借りて、本当は何があったのかを究明すべきです。絶海の小さな孤島で、全員が力を合わせなければならない環境において、成功するために何が必要なのかを知ることは、非常に多くの大切な教訓を私たちに教えてくれると思います」

「イースター島の歴史はこれまで、人類の未来へ対する警鐘として語り継がれてきましたが、実はその逆なのではないでしょうか」(参考記事:「モアイ像、ロープで揺らして移動?」

文=Kristin Romey/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加