絶滅寸前の巨大スッポン死ぬ、残るは3匹のみ

ベトナムで愛されたシャンハイハナスッポン「キュー・ルア」

2016.02.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メスのシャンハイハナスッポン。2015年、中国の動物園で撮影。(PHOTOGRAPH BY CHINAFOTOPRESS, GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

 ベトナムで長年、人々の崇敬を集めてきた巨大スッポン「キュー・ルア」が2016年1月19日に死んだ。

 このカメ、シャンハイハナスッポン(学名:Rafetus swinhoei)は、淡水に生息するカメの中では世界最大とされる種で、絶滅危惧種の中でもさらに絶滅が近い近絶滅種(Critically Endangered)に指定されている。今回の死によって、生息が確認されている個体はわずか3匹を残すのみとなった。(参考記事:「世界最大の淡水カメ、絶滅回避なるか」

 私がこのスッポンに出会ったのは2011年のこと。家族でハノイの景勝地ホアンキエム湖に向かっていると、水辺に人だかりが見えた。そこに体重160キロもの巨大なスッポンがいたのだ。ベトナム語で「曾祖父のカメ」を意味する「キュー・ルア」が人前に姿を見せるという、貴重な機会だった。

 体長1.2メートルのスッポンは岸へ向かってゆっくりと泳ぎながら、泥水から暗い灰色の頭を出した。その大きさは人の幼児の頭ほどある。何とか息をしようと、もがいているように見えた。数日後、ベトナム政府はホアンキエム湖の浄化と、キュー・ルアの保護に乗り出した。

中国に2匹、ベトナムに1匹

 堂々たる姿を見せていたキュー・ルア(現地での発音は「クー・ズア」)は、当時推定年齢100歳以上。めったに目撃されず、少しでも姿を見られれば幸運とされていた。今、ベトナム人の多くがその死を嘆いている。

「失ったものの大きさを言葉で表現するのはほとんど不可能です」と、カメの研究者で米フロリダ州に本部を置くカメ類研究所の創設者、ピーター・プリチャード氏は語る。

 シャンハイハナスッポンは、1970年代から90年代にかけて中国の揚子江流域やベトナムの紅河渓谷で乱獲され、個体数が激減。都市開発も生息地の破壊に拍車をかけた。

 現在、個体数は3匹まで減っている。中国南部、湖南省の長沙動物園ではオスとメス各1匹が飼育されているが、まだ繁殖には成功していない。野生個体として唯一確認されているのは、ハノイの西約60キロのドンモー湖に生息する1匹だ。(参考記事:「絶滅寸前、キタシロサイが残りあと3頭に」

 シャンハイハナスッポンは目撃の機会が非常に少ないため、性別の判定が難しい。ハノイを拠点とした「アジアン・タートル・プログラム」を主導するティモシー・マコーマック氏は、「ドンモー湖の個体も、オスかメスか分かっていません」と話す。

 一方、ドンモー湖のシャンハイハナスッポンがオスかどうか突き止める取り組みも進んでいる。もしそうなら、研究者らはその個体を中国に運び、飼育下のメスとの交尾を試みようと考えている。

復活のわずかな可能性

「残り3匹からの個体数復活ができればちょっとした奇跡でしょうが、決して不可能ではありません」とプリチャード氏。「他の大型スッポン同様、シャンハイハナスッポンも一度に数十個の卵を産みます」と説明する。

「慎重に管理すれば、その多くが成体に育つ可能性があるのです」

 成功例はすでにある。

 かつて、ガラパゴス諸島ではガラパゴスゾウガメが激減。1971年以来、科学者らが飼育下での繁殖に取り組んできた。プリチャード氏によれば、このプログラムで2000匹を超す幼体が誕生し、今では再び繁栄しているという。

120歳まで生きられる世界最大のゾウガメ 数百万年前からエクアドルのガラパゴス諸島に暮らすガラパゴスゾウガメ。大昔から姿を変えていない希少な種について、ナチュラリストのカルロス・ロメロ氏が説明する。(説明は英語です)

 もし繁殖がうまくいかない場合はどうなるか。保護活動家たちの最後の希望は、まだ見つかっていない野生個体がいる可能性だ。(参考記事:「絶滅したカエルを140年ぶりに再発見、卵で子育て」

唯一無二の存在

 ベトナムでは、ドンモー湖のシャンハイハナスッポンをホアンキエム湖に移すという案も出ている。その理由は国民感情に関わるものだ。

「その思いは理解できます」とマコーマック氏は言う。伝説によれば、ベトナムが明の支配を受けていた15世紀、反乱軍指導者レ・ロイがホアンキエム湖から上がった剣で戦い、独立を回復。後に皇帝となったレ・ロイが湖の巨大カメに剣を返したことから、この湖は「剣を返還した」という意味のホアンキエムと呼ばれるようになったという。

 この伝説をたたえているのが、亀の塔(タートル・タワー)という、ひっそりした白い神殿だ。1880年代に、湖の南端に近い小島に建設された。

 湖の北には、岸から橋がかけられた別の島がある。ここにある玉山祠という神殿には、以前この湖にいたもう1匹のシャンハイハナスッポンが剥製で展示されている。1980年代に、捕獲未遂の末に殺されたのだ。キュー・ルアの死骸についても、保存して玉山祠に展示しようという計画が早くも出されている。

 一方、ドンモー湖のシャンハイハナスッポンをホアンキエム湖に移す案については、保護活動家たちは極めて否定的だ。汚染や外傷のリスクがあり、それによりスッポンが衰弱すれば繁殖計画も危うくなる。

 何より、「これほど象徴的な存在だったキュー・ルアの代わりなどいるでしょうか?」とプリチャード氏は問う。「どう考えても、答えはノーです」(参考記事:「類人猿ギガントピテクス、大きすぎて絶滅していた」

文=Scott Duke Harris/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加