南太平洋の島で謎の石器を発見、現生人類の到達前

10万年以上前から初期人類が南太平洋の島々をさかんに行き交っていた

2016.01.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タレプ村の遺跡の近くに露出している砂礫層の間に散らばっていた古い石器。地表で発見されたため、残念ながらこの石器の年代は特定できなかった。(PHOTOGRAPH BY ERICK SETIABUDI)
[画像のクリックで拡大表示]

 インドネシアのスラウェシ島で発見された鋭い剥片(はくへん)石器は、現生人類がこの地域にやってきた時代より6万年以上も前のものだった。誰がこの石器を作ったのかは、まだ分からない。

 科学誌「ネイチャー」2016年1月14日号に掲載された論文によると、この謎めいた石器は11万8000年~19万4000年前のものである可能性が高く、もっと古いものも含まれているかもしれないという。石器は、スラウェシ島南西部のタレプ村の近くの古い氾濫原(河川の堆積作用によってできた平地で、洪水の際に冠水する部分)から発掘された。なかには、打ち欠いて形を整えた形跡のある石器もあった。

 これまでに得られた証拠によれば、現生人類のホモ・サピエンスが付近の島々に最初に上陸したのは約5万年前で、今回の石器が作られた時代よりずっと後である。そのため、今回の発見は、初期人類が、これまで考えられていたよりはるかにさかんに南太平洋の島々を横断していたことを示している。(参考記事:「初期人類、航海術に長けていた」

 米アイオワ大学の古人類学者ラッセル・ショホーン氏は、「すばらしい論文です」と賞賛する。「これで、スラウェシ島に古いタイプのヒト属が住んでいたことが確実になりました」。なお、彼は、この研究には関与していない。

 論文の筆頭著者であるオーストラリア、ウーロンゴン大学のゲリット・ファン・デン・ベルフ氏は、これらの石器を作ったのは、近隣の島々に少なくとも150万年前から住んでいた初期ヒト属(ホモ属)のホモ・エレクトスかもしれないと言う。あるいは、「ホビット」の愛称をもつフローレス原人(ホモ・フローレシエンシス)の系統の未知のヒト属の可能性もある。フローレス原人は、スラウェシ島のすぐ南にあるフローレス島で発見され、身長が1m程度しかない小型のヒト属で、1万8000年~9万5000年前に生息していたと考えられている。(参考記事:「人類進化の「常識」を覆した“小さな巨人”、フローレス原人」

 研究チームは、どの初期人類が道具を作ったのかは分からないという。川床の丸石を打ち欠いて作った剥片石器には、製作者を特定できるほどの特徴がないからだ。300万年以上にわたり、多くの初期人類が、同様の単純な方法で道具を製作してきた。(参考記事:「世界最古の石器発見、330万年前に猿人が作る?」

 ホモ・エレクトスもフローレス原人もさまざまな大きさの道具を使っていたので、石器の大きさだけで持ち主の身長を特定することはできない。

 今回の論文の共著者で、フローレス原人の道具の専門家であるオーストラリア、グリフィス大学のアダム・ブラム氏は、「小さな手をもつ小型のヒト属が体に似合わない大きさの道具を使っていた可能性もありますし、その逆の可能性もあるのです」と言う。

100万年以上前の道具も

 今回の発見は、初期人類が予想外に広く移動し、現生人類が船でやって来るよりずっと前に南太平洋を渡って拡散していたことを強調するものだ。この説を最初に提唱したオーストラリア、ニューイングランド大学の考古学者マイケル・モーウッド氏は、フローレス原人の共同発見者で、今回の論文のシニアオーサーでもあった(モーウッド氏は2013年に62歳の若さで死去した)。

 フローレス島とその西に点在する島々の間の海流は非常に強いため、モーウッド氏らの研究以前は、初期人類が海を渡ってフローレス島に上陸することはできず、4万年~5万年前にホモ・サピエンスが船で渡るまでヒト属はいなかったと考えられていた。(参考記事:「人は約3万5000年前から100キロの海を渡っていた」

バリ島より東は、水深が深いうえに海流もきつく、現生人類のホモ・サピエンスが船で渡るまでヒト属はいなかったと以前は考えられていた。
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、フローレス島での発見は、初期人類が数10万年前からこの島に住んでいたことを明白に示している。彼らはもしかすると、津波によって漂流物と一緒に東に運ばれてきたホモ・エレクトスの子孫なのかもしれない。フローレス島で発見された道具の中には100万年以上前のものもある。(参考記事:「フローレス原人は100万年前からいた?」「「初期人類はすべて同一種」とする新説」

スラウェシ島のタレプ村から2km東にあるパロトのワラナエ川で、古代の石器が多数発見された。ワラナエからも石器が発見されているが、タレプ村で発見されたものに比べると新しいようだ。(PHOTOGRAPH BY GERRIT VAN DEN BERGH)
[画像のクリックで拡大表示]

 モーウッド氏の研究チームは、次にスラウェシ島に注目した。ここでは少なくとも1970年代から石器が発見されているが、どれも年代を特定できていなかった。

 研究チームのヤマがあたったのは2007年のことだった。地元の文化遺産局の職員とタレプ村の新しい道路沿いを歩いていたファン・デン・ベルフ氏が、露出した丘陵の斜面で石器を見つけたのだ。「あまりにも多くの石器があったので、その場所を発掘するしかありませんでした」と、ファン・デン・ベルフ氏は言う。「幸運だったのでしょうね」。

 研究チームは2007年から2012年までこの場所で発掘を行った。モーウッド氏はこの時点で、自分たちが発見した石器が少なくともフローレス島の石器と同じくらい古いことを確信していた。彼は2010年に英国ガーディアン紙のインタビューに答えて、スラウェシ島の石器は200万年前のものかもしれず、もしそうならば、人類が南太平洋に到達した時期に関する人類学者の通説にさらなる打撃を与えるだろうとほのめかしている。

 けれどもタレプ村の地層の地質化学的性質は非常に複雑で、発見された石器の年代を測定するのは困難だった。今回、ウーロンゴン大学のボー・リー氏は、MET-pIRIRという最新の難しい手法を用いて、石器と一緒に発見された鉱物粒子の年代を測定した。リー氏は、鉱物粒子の年代を他のデータと合わせることで、これらの石器が78万年前よりは新しく、おそらく11万8000年~19万4000年前のものであると推定した。

 モーウッド氏は石器の年代が確認される前に亡くなったが、同僚たちは彼の遺志を継ぎ、スラウェシ島に戻って、今度は川岸に石器を置いていった謎の初期人類の化石を探そうと計画している。(参考記事:「小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南ア」

 論文の発表を終えた今、モーウッド氏が生きていたら何をすると思うかと尋ねられたブラム氏は答えた。「おそらく彼は目を輝かせて、『さあ、次はどこを発掘しようか?』と言うでしょうね。彼は成功に酔うタイプの人ではありませんでした。彼の目は常に、次に発見するはずの、もっと興味深い化石に向けられていたのです」

文=Michael Greshko/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加