史上最大の海生ワニの化石を発見、チュニジア

体長約10メートル、体重約3トン、大量絶滅を生き延びた巨大ワニ

2016.01.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マキモサウルスは体長10メートル前後まで成長できたようだ。(ILLUSTRATION BY DAVIDE BONADONNA)
[画像のクリックで拡大表示]

 チュニジアの砂漠で、史上最大の海生ワニの化石が発見された。体長10メートル近く、体重は3トンに及んだという。 

 この新種はマキモサウルス・レックス(Machimosaurus rex)と名付けられ、調査結果は1月11日付けの学術誌「Cretaceous Research」に発表された。

 一部の骨が断片的に発見されたものの、全体の大きさや種を特定するのに十分な量の化石が1億2000万年前の地層に残されていた。それによると、マキモサウルス・レックスはワニにしては珍しく、一生のほぼすべてを海で過ごす海生ワニの仲間であり、その中でも最大の種であることが分かった。

「うれしい発見です。この地域の化石はまだ十分に調査されていないんです」と、英エジンバラ大学の古生物学者スティーブン・ブルサッテ氏は言う。同氏は今回の研究に関わっていない。

 発見された化石は、頭骨と他の部分の骨がわずかばかり。発見者は、ナショナル ジオグラフィック協会の支援を受けたイタリア、ボローニャ大学のフェデリコ・ファンティ氏とその研究チームである。

強力な顎

 大きさがより正確にわかる完全な骨格の発掘をチームは期待しているが、近縁種と体形が似ているとすれば、マキモサウルス・レックスの体長は9.6メートルにも達していただろうと、ファンティ氏は推測する。

 後の時代には、淡水にすむワニでこれよりもさらに大きな種も出現するものの、海生のワニとしては、マキモサウルス・レックスが史上最大だ。

チュニジアで見つかった先史時代の巨大ワニ ナショナル ジオグラフィック協会から資金提供を受けているフェデリコ・ファンティ氏とその研究チームは、白亜紀に生きていた巨大ワニの骨を、チュニジア南部で発見した。頭だけで1メートル50センチ以上ある。(説明は英語です)

 淡水生のワニで最大とされているのは、1億1000万年前に生きていたサルコスクス・インペラトルで、体長は12メートル、体重は8トンにも及ぶ。以後、他にもデイノスクスのように巨大なワニは複数出現したが、多くの系統は絶滅し、近縁のものとして海にくらすいくつかの種を残すのみになった。(参考記事:「史上最大のクロコダイル、新種化石発見」

 肉食の歯を見ると、古代の海で何を食べていたのかがある程度分かる。「マキモサウルス・レックスの歯は、ずんぐりして比較的短く、丸みを帯びていました」と、ファンティ氏。「そして、頭部が巨大なことから、噛む力がきわめて強力だったと思われます」。これらの特徴から、大型のウミガメまで含む様々な獲物を捕食していた雑食ハンターだっただろうと、ファンティ氏は推測する。

 ブルサッテ氏も、「獲物を待ち伏せして襲っていたと考えられます。浅い海でカメや魚を捕食したり、水際へ近寄ってくる陸上の動物たちを待っていたのかもしれません」と言う。

タフな生き残り

 科学者たちが最も関心を抱いているのは、マキモサウルス・レックスの大きさではなく、それが生きていた時代である。

 古生物学者の間では、ジュラ紀の終わり頃にあたる1億4500万年前に大量絶滅があったかどうかで長いこと議論が交わされている。マキモサウルス属を含むテレオサウルス科は、この大量絶滅で全て姿を消したと考えられている。

発見された化石の骨(白い部分)を基に描かれたマキモサウルス・レックスの復元図。人間と比べるとその巨大さがわかるだろう。(ARTWORK BY MARCO AUDITORE)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、今回のマキモサウルス・レックスはジュラ紀に続く白亜紀の地層から発見された。つまり、もし大量絶滅が実際にあったとしても、それによって世界規模でいっせいに生命が死に絶えたわけではないことを示唆している。「大量絶滅があったにせよ、多くの海生爬虫類がそれを生き延びることができたという証拠が近年多く発見されています。今回の発見もそのひとつです」と、ブルサッテ氏は言う。

 生物たちはあっという間に死に絶えたのではなく、絶滅は長い期間をかけて起こったとも考えられる。ファンティ氏らは、「ジュラ紀末期に起こったことは、地球全体へ影響を及ぼしたものの、そのほとんどはいまだ十分に調査、報告がなされていないローカルな生物危機が複雑に連鎖して発生したもの」ではないかと解釈している。(参考記事:「巨獣はなぜ消えた」

 しかし疑問なのは、海生のワニがなぜ、以前のように数を盛り返すことができなかったのかということだ。マキモサウルス・レックスの仲間が、考えられていたよりも長く生存していたことは分かったが、もはやジュラ紀の頃のように繁栄することはなかったようだ。(参考記事:「復活するワニの楽園」

 マキモサウルス・レックスの巨体には確かに驚かされるが、ブルサッテ氏は言う。「それは、いずれにしろ絶滅する運命にあったということなのでしょう」(参考記事:「類人猿ギガントピテクス、大きすぎて絶滅していた」

文=Brian Switek/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加