キュリオシティ、火星の「動く砂丘」をパノラマ撮影

NASAの火星探査車から届いた最新画像

2016.01.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火星探査車が撮影したパノラマ画像の左奥に、高さ5メートルほどの砂丘が写っている。(Photograph by NASA)
[画像のクリックで拡大表示]

 火星のシャープ山をゆっくり登りながら調査している探査車「キュリオシティ」が、バグノルド砂丘の息をのむほど素晴らしい360度パノラマ画像を撮影、NASAが発表した。右手奥に見える山頂方向の左手に黒っぽい砂の斜面が広がっているのがわかる。

 これは、風によって砂が吹き寄せられてできた砂丘で、やがて勾配が急になると雪崩のように小さく崩れる。この画像の砂丘は、高さが5メートルほどある。(参考記事:「少年を呑み込んだ砂丘の謎」

 NASAによると、キュリオシティはこの地点に数週間留まり、「地球の砂丘よりも重力が小さく大気が薄い環境で、風がどのように砂粒を運んだり選別したりするかの理解を深める」予定。(参考記事:「キュリオシティ「恐怖の7分間」の内幕」

 火星周回機が複数年にわたって撮影した画像から、砂丘は(地球時間の)1年で1メートルほど移動することが明らかになっている。
 今回のパノラマ画像は、12月半ばに撮影した写真を合成した。

【フォトギャラリー】素晴らしき火星探査

文=National Geographic Staff/訳=倉田真木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加