彼女が1万匹のミツバチを「着て」踊る理由

フェロモンでハチの呼び寄せ、大群を身にまとう「ハチの女王」に聞いた

2016.01.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1万匹のハチを着て踊る女性 ハチの大群を体にまとって踊る「ハチの女王」サラ・マぺリさん。女王バチを入れた籠を首から下げ、それに誘われてきた1万匹のハチに囲まれ、ハチの動き、エネルギー、そして音による瞑想的世界を作り出す。(Video by Jessica Sherry for National Geographic)

 決して真似しないでください。真似する人はいないだろうけれど。

 米オレゴン州在住のアーティストでエナジーセラピストのサラ・マぺリさんは、「ハチの女王」の異名を持つ。無数のうごめくセイヨウミツバチを素肌の上半身にまとって舞い、見る人が自らの恐怖心を乗り越え、自然界と心を通わせるように導く。

 ヒーリングや瞑想の一種でもあるハチの舞いは、マぺリさんによる代替医療行為の一環だ。これを見守るのは、ハチに恐怖心を抱いていたり、自然とのつながりを感じられなくなっている人々だが、マペリさんのパフォーマンスを体験した後は恐怖心が消え、心が洗われたように元気づけられて帰路につくという。(参考記事:「爆風の衝撃による後遺症を治療するアートセラピー」

 ナショナル ジオグラフィックのインタビューに応じたマぺリさんは、ハチに惹きつけられたきっかけや、ユニークな形の芸術に対する周囲の反応、そして針を持った1万5000匹以上の虫に体を覆われる感覚について語ってくれた。(参考記事:「23キロのハチを身にまとう驚異のハチ人間」

なぜハチなのですか? 特別な意味があるのでしょうか?

 私が幼少時代を過ごしたのは、隣の家ですらとても遠いような田舎でしたが、人々の間には強いつながりがありました。時間を見つけては集まって一緒にキルトを縫ったり、ダンスをしたり、おいしい料理を楽しんだものです。小さい頃から、自分は共に働く集団の一部なのだという感覚を身につけていました。ハチのことを詳しく知るようになると、彼らの世界もまた共同体そのものだと気付きました。それぞれのハチには役割があり、交代で様々な仕事をこなし、共同体全体を助けています。そうした相互的なつながりや、1つでもピースが欠ければ共同体は不完全でうまく機能しなくなるという考えは、私が伝えたいメッセージの一部です。(参考記事:「希望のミツバチ」

ミツバチの変態 働きバチが小さな卵から孵って剛毛に覆われた成虫になるまでを、2500枚の画像をつなげたコマ撮り動画で観察。

なぜ「ハチのブラウス」を考え付いたのですか?

 写真を使った特別企画をやることになったのですが、まだ何を撮影するか決めていませんでした。ある日、ワシントン州コロンビア・ゴージのアヤメ畑を車で通りかかった時、急にハチで体中を覆ってみたらどうかと思いついたのです。ハチでできたブラウスというイメージは頭の中に出来上がっていたのですが、協力してくれる人を見つけるのに長いことかかりました。ようやく、手伝ってもいいという昆虫学者に出会い、その後全米の養蜂家ともつながりができました。次は、欧州を巡る「ハチの舞いツアー」をやりたいと思っています。

どのようにしてハチを自分の方へおびき寄せるのですか?

 オレゴン州立大学の昆虫学者マイケル・バーゲット氏が、女王バチの放つハチフェロモンと同じものを提供してくれました。女王バチ100匹分のフェロモンに相当するほど強力なものです(女王バチは、フェロモンの匂いを使って自分の群れを管理する)。バーゲット氏は、パフォーマンスが終わった後も数週間はハチが寄ってくるだろうと話していましたが、すぐに風呂とサウナに入ったためか、翌日にはハチの集団は追ってこなくなりました。でも、2日に1度はミツバチの羽音が耳元で聞こえますけどね。(参考記事:「ヒトは無意識に異性を「嗅ぎ分ける」」

次ページ:ハチに刺されたことはありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加