グリーンスライムがバイカル湖で大発生、ロシア

多様な固有種を抱える世界最深のバイカル湖を緑の藻が侵略し始めている

2015.11.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い毛足

[画像のクリックで拡大表示]

 藻の異常繁殖により、湖は異様な光景に包まれている。酸素レベルが低下しており、水生生物への影響が予想される。

不気味な光景

[画像のクリックで拡大表示]

 バイカル湖には、地球上の凍っていない淡水の約20%が含まれており、世界最大の水量を誇る。深さは1,642m。

緑のゴミ

[画像のクリックで拡大表示]

 湖底に沈むケーブルや瓶などのゴミが、藻に包まれている。

海綿の危機

[画像のクリックで拡大表示]

 海綿動物が藻に包まれると、死に至る可能性がある。

深水への旅

[画像のクリックで拡大表示]

 地溝湖であるバイカル湖の水量は、北米の五大湖を合計した水量よりも多い。

異常な水

[画像のクリックで拡大表示]

 バイカル湖の水には、人間の血液よりも多くの酸素が溶けている。しかし、異常繁殖した藻が、ほかの水生生物が必要とする酸素を使いきってしまうかもしれないと科学者らは警告している。

広大な湖

[画像のクリックで拡大表示]

 バイカル湖の湖岸線の長さは、フロリダ州の海岸線と同程度。その大半は道路のないエリアだが、このところ観光地としての人気が高まっている。

文=Brian Clark Howard/写真=Viktor Lyagushkin, National Geographic /訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加