人類発祥の地は東アフリカか、南アフリカか

新種ホモ・ナレディの発見で、「世紀の謎」をめぐる論争が再燃

2015.09.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨハネスブルクから北西に1時間。このなだらかな丘に隠された石灰岩の洞窟や陥落穴は、人類の起源に関する情報の宝庫だ。この地域は、1999年に「人類のゆりかご」として世界遺産に登録された。(PHOTOGRAPH BY ROBERT CLARK, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 南アフリカ、ヨハネスブルクから北西に1時間。草原地帯をドライブしていると、「人類のゆりかご」と呼ばれる世界遺産に行き着く。アカシアやクサギが点在する500平方キロメートル弱の広大な草地にこのような名前が付けられた理由は、主に地中に隠されている。石灰岩の岩盤を通る洞窟や陥落穴が作る迷路には、化石が大量に含まれているのだ。

 9月10日、その人類のゆりかごから、ホモ・ナレディと呼ばれる初期人類の新種が見つかったと発表された。化石の特徴から、私たちヒト属(ホモ属)の非常に初期のメンバーと考えられる。では、このなだらかな丘陵地は、本当に人類発祥の地なのだろうか? それとも、かの有名な二足歩行の猿人「ルーシー」が発見された東アフリカの荒野こそが、私たちのルーツなのだろうか?(参考記事:「小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南ア」

初期人類の化石発掘現場(NG STAFF)
[画像のクリックで拡大表示]

1924年、最初の発見場所は南アフリカだった

 南アフリカが初めて人類発祥の地として名乗りを上げたのは、今からおよそ100年前のことである。1924年、解剖学者レイモンド・ダートは、カラハリ砂漠の端、タウングにある採石場の管理者から送られた化石を含む石の中から、霊長類の子どもの頭蓋骨を発見した。脳は小さく、類人猿のような特徴もあったが、頭蓋骨の底にある脊髄が通る穴の位置から、この「タウング・チャイルド」はヒトと同じように直立歩行していたとダートは確信した。彼はこの霊長類を、アウストラロピテクス・アフリカヌス(アフリカの南の猿人)と名付けた。

 タウング・チャイルドは長い間、ほとんどの科学者が相手にしなかったが、スコットランドの医師であり古生物学者のロバート・ブルームだけは例外だった。ブルームは1936年、大人のアウストラロピテクス類の断片を初めて発見した。発見の地、スタークフォンテインは、人類のゆりかごで現在最も訪問者数が多い洞窟となっている。その後ブルームは、同じ場所でほぼ完全な骨盤を発見し、アウストラロピテクス類が直立歩行していたことが確認された。そして1946年の研究で、「(これらの祖先は)ほぼヒトであり、間違いなく人類との結び付きが強い」と結論付け、南アフリカの化石を、科学の地図にしっかりと刻みこんだ。

次ページ:1959年、東アフリカが巻き返す

ケニア・トゥルカナ湖の東側で骨を探す調査員。ナショナル ジオグラフィック協会付きエクスプローラー、ミーブ・リーキーがこのチームを率いている。大地溝帯の岩場からは、初期人類の歴史を告げる化石が出土し続けている。(PHOTOGRAPH BY MIKE HEWITT)
[画像のクリックで拡大表示]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加