ネズミが餌にありつく夢を見る可能性、英研究

動物は夢を見る?

2015.09.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レム睡眠中のラットは、食べ物にありつくルートを脳内で考えているらしい。(PHOTOGRAPH BY CHRIS SCUFFINS, OCEAN/CORBIS)
[画像のクリックで拡大表示]

 イカの夢を見た。巨大なイカだ。大きな目玉は無数の小魚でできていて、そのうちの1匹が泳ぎ出ると、イカの視野に見えない1点が生じる。その状態は別の魚が入るまで続いた。

 この夢は何を意味するのだろう。チームワーク? 人生の相互関連性? それとも、動物ライターゆえの職業病?(参考記事:「レム睡眠が心を癒す、脳スキャンで検証」

 いずれにしろ、タイミングよく「動物は夢を見る?」という質問をFacebookにいただいたので、科学者に聞いてみることにした。

「可能性は非常に高い」

 動物が夢を見るかどうかは定かでないが、「可能性は非常に高い」と言うのは、英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの実験心理学者、ヒューゴ・スピアーズ氏だ。(参考記事:「眠りの神秘」


おかしな寝相の動物たち:どんな動物であれ睡眠は必要だが、中には珍しい格好で寝るものも。セイウチ、コウモリ、子犬、アシカなど、おかしな寝相の動物たちをご覧あれ。

 スピアーズ氏らが6月に学術誌「eLife」に発表した論文によると、実験用ラットに食べ物を見せてから眠らせると、特定の脳細胞がエサにありつくための道のりをたどるような反応を示したという。

 彼らは行きたくても行けなかったご褒美への道のりを「夢に見ていた」と言えるかもしれない。

 人間では多くの場合、夢はレム睡眠中に訪れる。レム睡眠は、ほとんどの哺乳類も経験する。(参考記事:「「夢はレム睡眠のときに見る」のウソ」

 つまり、「私たちが夢と呼ぶものに近い何かを、動物も経験していると考えるのが妥当です」と、米ボストン大学進化神経行動学研究所のパトリック・マクナマラ所長は言う。

 マクナマラ氏は、注目すべき研究として、1959年にフランスの神経科学者ミシェル・ジューヴェ氏らが行った実験を挙げている。研究チームは、ネコの脳における一部の機能を阻害し、レム睡眠中でも体が動くようにした。

 すると眠っているネコは頭をもたげ、まるで見えない何かを見ているように、背中を丸め、獲物にそっと忍び寄り、ケンカを始めたかのようだった。(参考記事:「ネコは飼い主をネコと思っている?」

ネコは、深い睡眠の間に映像を見ている可能性が高い。しかし、それが人間の見る夢と同じかどうかはわからない。(PHOTOGRAPH BY MASATAKA KOMORI, AFLO/CORBIS)
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの行動はすべて、レム睡眠中のネコが何らかの映像を「見て」いることを示唆している。とはいえ、私たちと同じような夢を見ているかどうかは定かでないとマクナマラ氏は述べた。

 もう1つ、目を見張る研究が、2001年の科学誌「Neuron」に発表されている。迷路の中を走るラットの脳のパターンとその後のレム睡眠中の脳のパターンを比べた内容だ。

 この実験を行ったのは、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のマイケル・ウィルソン氏とケンウェイ・ルイ氏。両氏は、2つのパターンが非常に似通っていることを発見した。ラットが「夢に見ている」迷路の場所がわかるほど、よく似たパターンだった。(参考記事:「昆虫はどんなふうに眠るのか」

 マクナマラ氏によると、この研究結果は、迷路のような物理空間は「レム睡眠中に符号化されて長期記憶に書き込まれる」という考えと一致するものだった。

哺乳類以外も夢を見る?

 イカの夢のせいで、私の好奇心が爆発した。頭足動物――イカやタコなど――は、夢を見るのだろうか?

 スピアーズ氏は言う。「可能性はあります。それもすべて、“夢”をどう定義するかにかかっています」

 たとえば、ヨーロッパコウイカは睡眠のような状態を示す。2012年に科学誌「PLoS ONE」に発表された論文によると、その間、色が変化したり、ピクッと動いたり、レム睡眠と同じように眼球が動いたりするそうだ。(参考記事:「視覚情報に反応、イカの擬態能力」

 どうでもいいことだが、あの巨大イカはどこかの海にいて、たぶん私の夢を見ているのだろう。

動画:巨大イカの驚くべき生態。腕を大きく広げて交尾を誘い、体の色を赤白赤白と激しく点滅させて会話し、ユラユラした明滅で周囲に紛れ込み、敵の目を惑わす。(Video by National Geographic Remote Imaging)

文=Liz Langley/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加