深海で「悪夢のような」新種のアンコウを発見

めくれあがった唇に、むき出しの乱杭歯。水深1000m以深に生息

2015.08.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メキシコ湾で発見された新種のアンコウ3体のうちの1つ。(PHOTOGRAPH BY THEODORE PIETSCH)
[画像のクリックで拡大表示]

 深海生物の見た目は、本気度満点だ。針のような歯を使ったり、発光液を噴き出したり、伸びる顎を見せびらかしたり。そんな醜い仲間の中でさえ、この新種のアンコウは群を抜いている。

 Lasiognathus dinema と命名されたこのアンコウは2011年、ディープウォーター・ホライズンの石油流出事故の影響を受けたメキシコ湾北部を調査しているときに発見された。(参考記事:「メキシコ湾で新種の魚、原油で危機」

「流出事故発生時、湾内の深海にどんな生物が生息しているか、十分なデータがありませんでした」と語るのは、米フロリダ州フォートローダーデールにあるノバサウスイースタン大学の魚類学者、トレイシー・サットン氏だ。

 サットン氏のチームは、米海洋大気局(NOAA)の委託を受け、2010年後半から2011年にかけて網とセンサーを引き、水深1000メートル以上の深海に住む生物の調査を行った。

 その結果、メキシコ湾内で発見されたことのなかった約50種が発見された。歯並びの悪い乱杭歯の新種は、そのひとつだ。

「あまりに特徴的だったので、すぐに新種だとわかりました。それどころか、本物の魚には見えず、悪夢を見ているようでした」

アンコウ=釣り人魚

 サットン氏らは3つのサンプルを発見した。そのうち最大のものは、体長12.7cmだった。

 鼻先から伸びる複数の突起物は、本物の歯だ。上顎は上向きに大きく広がり、唇はめくれあがって歯が水中に突き出している。

 口の両側面をつなぐ腱がある構造から、さかさまにした食虫植物のハエトリグサのように口を閉じて捕食するのでは、とサットン氏は言う。(参考記事:「食虫植物 魔性のわな」

「この生物の生きている姿を見た者はいない」ため、その捕食の様子は、知識に基づく推測に過ぎないとサットン氏は付け加えた。(参考記事:「ブラック・シーデビル、世界初の映像」

 頭から突き出た不思議な疑似餌についても同じことが言える。アンコウはこの付属器官を用いて「魚釣り」をするため、英語では“anglerfish”(訳注:anglerは釣り人の意)と呼ばれている。しかし、L. dinema の疑似餌は、何かに強くかみつかれたら今にも取れてしまいそうな見た目をしている。(参考記事:「光る生き物の世界」

 サットン氏は、海洋生物センサスの一環として、世界中の深海魚を調査してきた。しかし、Lasiognathus属は珍しく、この調査が行われるまで、メキシコ湾ではまったく知られていなかった。(参考記事:「海洋生物のセンサス、十年の成果を発表」

「この属の全5種のうち、サンプルは25体しか見つかっていません。つまり、1体でも見つかることは非常にまれなのです」

アンコウは光る疑似餌を使い、歯の届く範囲にいるエサを食べる。だが、奇妙に依存的な一面もある。クロアンコウのオスはメスより極端に小さく、腹部に食いついてやがてメスに融合する。寄生生殖と呼ばれる生態だ。(参考記事:「危険なデート、動物たちの過激な愛の形」

文=Jane J. Lee/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加