絶滅危機のタスマニアデビル、「死の病」克服の兆し

伝染性の腫瘍により激減した固有種に、希望の光が見えてきた

2015.12.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラトラップが撮影したタスマニアデビル。今のところは健康そうだ。タスマニアデビルは夜に狩りをし、午後は日光浴を楽しむ。(PHOTOGRAPH BY HEATH HOLDEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 オーストラリアの南、タスマニア島の東岸から目と鼻の先にある小さな島、マリア島で、タスマニアデビルの母子が午後の日光浴を楽しんでいた。幼い子が2匹、母親の背中にもたれて周囲を眺めまわしている。

 母の背から降りた子どもたちが、取っ組み合いを始めた。金切り声をあげ、互いの首や鼻先にかみつく。じゃれ合う姿はいかにもタスマニアデビルらしいが、こうした習性が近年、彼らを絶滅の危機に追いやっている。(参考記事:デビルの名の由来ともいわれる鳴き声も聞けます「動物大図鑑:タスマニアデビル」

 タスマニアデビルは攻撃的な肉食性の有袋類だ。体長は60センチ前後、体重は大きいもので12キロ近くになり、寿命は約5年。だが、寿命を全うできる幸運な個体はほとんどいなくなっている。1990年代半ば以降、デビル顔面腫瘍性疾患(DFTD)という奇妙な伝染性の病気が広まり、個体数は14万匹から2万匹に激減した。

 繁殖期のタスマニアデビルが求愛行動の際に互いにかみつくと、感染している個体の腫瘍細胞が相手の傷口に入り込み、顔面に大きな腫瘍ができる。腫瘍が大きくなると餌を食べるのが困難になり、約半年で死に至る。

タスマニアデビルの口中、右上にある犬歯付近で腫瘍が成長している。(PHOTOGRAPH BY HEATH HOLDEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 このがんが初めて見つかったとき、研究者らはこの動物が絶滅に追い込まれ、生態系全体に影響が及ぶと懸念した。タスマニアデビルは一生の間に大量の死肉をあさるだけではなく、1匹でフクロギツネなどの動物を数百匹も捕食する。

 だが最近、研究者たちはタスマニアデビルがこの危機を乗り越えられると確信しつつある。マリア島などに保護区を設け、冒頭の母子のように健康な個体の集団が確立された。また、この病気のワクチンについても、9月下旬に実地試験が始まった。何より、タスマニアデビル自身ががんに適応している兆しが見えることに希望が持てる。彼らは、がんに打ち勝つ力を獲得しつつあるのかもしれない。

人間活動との関連はなし

 オーストラリア本土では、タスマニアデビルは400年前に絶滅した。その要因にはおそらく、天敵となったディンゴを持ち込むなど人間の行動が影響している。タスマニア島でも、ユーカリの森や海岸の雑木林といったタスマニアデビルの快適な生息地は、大半が畑や牧草地になってしまった。

 しかし、現在タスマニアデビルを脅かしている伝染病は人間由来ではない。1990年代に1匹の個体ががんを発病したのが発端だ。極めて珍しいことに、このがんは他のタスマニアデビルにも伝染すると分かった。ウイルスが感染してがんの原因になるものは少なくないが、この病気では、がん細胞自体が伝染する。感染したタスマニアデビルは、感染源の個体から組織移植を受けたような状態に陥ってしまう。

 たいていの感染症は、個体数が減れば終息に向かう。個体同士の接触が減るからだ。ところがタスマニアデビルの場合、繁殖期を迎えると感染が広がる。彼らは長距離を移動し、五感をフル活用してパートナーを探す。その熱心さゆえに、ほぼすべての成獣が感染の危険にさらされる。

「みな3歳までに死んでしまいます」と話すのは、タスマニア大学でタスマニアデビルを専門に研究するメナ・ジョーンズ氏だ。「運が良ければ、一度だけ繁殖できますが」

 最悪の事態を懸念したタスマニア州政府は緊急の個体群保護区をマリア島に創設。約96平方キロの小島に数々のタスマニア島固有種を避難させた。ここにはオオカンガルー(別名:ハイイロカンガルー)、アカクビワラビー、ハナナガネズミカンガルーなどの保護区もある。(参考記事:「カンガルーは左利き、有袋類の利き手研究」

 2012年と13年に、親を失ったり、飼育下で生まれたりした健康なタスマニアデビル28匹がマリア島内で野生に帰され、今では80~90匹に増えている。最近、マリア島のすぐ南にあるフォレスティア半島でも隔離した個体群の飼育が始まった。一帯では感染したタスマニアデビルをふるいにかけ、健康な個体だけを繁殖させている。

タスマニアデビルの顔面腫瘍が自然に小さくなったという報告が少しずつ出始めている。研究者が「リーザ」と名付けたこの個体も、回復した幸運な1匹だ。(PHOTOGRAPH BY HEATH HOLDEN)
[画像のクリックで拡大表示]

希望のワクチン

 タスマニアデビルを病から守るため、タスマニア大学の免疫学者ブルース・ライオンズ氏を中心にワクチンの開発も進められている。

 9月25日、新しいワクチンを接種されたタスマニアデビル19匹が、タスマニア島北岸のナラウンタプ国立公園で野生に帰された。タスマニア州政府が行う「タスマニアデビル保護プログラム」の一員サマンサ・フォックス氏にとって、それは感動的な場面だった。マリア島のような隔離された避難場所ではなく、本来の野生環境に初めて放すことができたからだ。中には、重篤状態から回復した個体もいた。「まさにターニングポイントです」とフォックス氏は話す。放されたタスマニアンデビルたちは定期的に監視され、ワクチンが効いているかどうか、子孫の代までチェックされる。

 ただし、個体群の保護区と同様、短期間で激減した種にとってワクチン・プログラムは応急処置でしかない。健康で、自由に移動できるタスマニアデビルの個体数を劇的に復活させられる長期的な戦略とはいえないのだ。現在あるワクチンは時間を置いて4回の注射が必要で、広範囲に分布する野生のタスマニアデビルに投与するのは非現実的だ。仮に研究者らが接種を1回で効くようにできるとしても、タスマニア島内の個体を1匹1匹捕まえて接種するのは「大仕事になる」とライオンズ氏は話す。

 一方、人間がとりうる保護計画よりも効率的な力によって、タスマニアデビルが絶滅の危機を脱するという兆しも見え始めている。その力とは進化だ。

病気を克服できるよう進化へ?

 感染拡大の前からジョーンズ氏が追い続けている個体数は、7年間減り続けていた。「2007年か2008年まで、私は半年ごとに『状況は悪化の一途』とコメントしていました」とジョーンズ氏は振り返る。「本当につらかった。生息地を歩いても、足跡やふんすら見つからなかったのです」

 だが現在、始まったばかりの調査ではあるが、ジョーンズ氏はタスマニアデビルたちが病気に打ち勝てるよう適応進化しているようだと話す。一部には、がんを克服したらしい個体もいる。抵抗力が強まったか、がんの発病力が弱まっているかのどちらかだとみられる。

「7~8匹で、腫瘍の退縮を確認しました」とジョーンズ氏。彼女は現在、回復が見られたタスマニアデビルやその腫瘍が他のケースとどう異なるのか、遺伝的な点から解明しようとしている。

 一方、一部で攻撃性の弱い個体も現れてきた。ジョーンズ氏は、「比較的おとなしいタスマニアデビルはかみつかれにくく感染リスクが低いため、生き残る可能性が高くなります」とみる。

 理由が何であれ、確かなのはタスマニアデビルの個体数は回復とは言えないまでも、下げ止まっているらしいということだ。「タスマニアデビルを見たという報告はまた増えてきました。この傾向に希望が持てます」と、ジョーンズ氏は力を込めた。

文=Emma Marris/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加