食べ物を洗う、グルメなイノシシが見つかる

本当に洗っているのか、研究者が実験した

2015.10.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イノシシには、食べものを洗ってから食べる個体がいる。この発見から、イノシシが汚れた食物ときれいな食物を区別し、洗ってからおいしく食べるために楽しみを先延ばしにできることがわかる。
[画像のクリックで拡大表示]

「ブタのように食べる」という表現は、普通はいい意味では使われない。

 ブタといえば「汚い」という印象を持たれがちだが、ブタの仲間であるイノシシの中には、食べものを洗ってから食べるきれい好きがいることが、英国のユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとスイスのバーゼル動物園の研究によりわかった。

 実験の対象となったイノシシたちは、食べものが汚れているかいないかを判断でき、汚れていればすぐにはかぶりつかず、きれいに洗ってから食べていた。イノシシは環境に順応する能力が高い知的な動物だが、食べものを洗う様子が確認されたのはこれが初めてで、学術誌「Animal Cognition」に発表された。

洗っているかどうかを調べるには

 食べものを水に浸して揺するような動作をする動物には、この他にもアライグマ、鳥、サルの仲間などがいる。しかしこうした動物たちは、本当に食べものを洗っているとは限らない。

 一部の鳥は食べものを水で湿らせるが、それは単に飲み込みやすくするためだ。アライグマは水中に手を入れてくるくると回すことがあるが、この動作は手で水中の様子を確認し、獲物を探すためであって、食べものを洗っているわけではない。

 動物が本当に食べものの汚れを落とそうとしているのか判断するには、その動物が食べものがきれいであるか、泥がついているかを見分けて、汚れたものを水辺へ持っていくか確認する必要がある。

 イノシシが食べものを洗うという発見は、偶然目撃した光景から生まれた。バーゼル動物園の職員であるターニャ・ディートリッヒ氏が、あるとき、動物園に来たばかりの成体のイノシシと若いイノシシが、砂がついている半分に切ったリンゴを口で拾い上げ、園内を流れる小川のほとりまで運んでいることに気がついた。イノシシはリンゴを水の中に入れ、鼻先で揺するように動かしてから食べたという。

 ディートリッヒ氏からこのイノシシの珍しい行動について聞いたユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの人類学者、フォルカー・ゾマー氏とエイドリアーナ・ロウ氏は、イノシシが食べものを意識的に洗っているのか確かめるため、実験を開始した。

 実験では、イノシシたちに切ったリンゴをたくさん与えた。リンゴはきれいなものと砂のついたものが入り混じっている。するとイノシシは、砂のついたリンゴを川辺に運び、浅い水の中に入れると、鼻先を使って30秒ほどつつきまわし、砂をきれいに落としてからこれを食べた。彼らがきれいなリンゴを水辺へ運ぶことは一度もなかった。

 実験中、イノシシは常にきれいなものしか食べなかったわけではない。朝に食べものをもらえなかった場合、彼らはまず砂のついたリンゴを洗わずにいくつかむさぼり食べ、その後で残りを水辺まで運んでいった。また、トウモロコシやテンサイといった好物は洗わずに食べてしまった(一方で、同じくごちそうである鶏肉は、水辺に運んで洗ってから食べた)。

「お楽しみは後で」は高度な能力

 泥だらけになるのを好むブタが、食べものの汚れにこだわるのはなぜだろうか。おそらく、砂の味や感触が苦手だからだろうと研究者たちは考えている。また、砂が長い間口に入っていると歯が削られる恐れがあるため、砂を落とすことによって口を守ろうとしているという可能性もある。

 バーゼル動物園のイノシシが、個体ごとに試行錯誤しながら食べ物を洗うというアイデアを得たのか、それとも1頭のイノシシが洗い始め、他の個体がそれを真似たのかは定かではない。

 この行動が始まった原因や過程がどういうものだったにせよ、今回の実験結果で、イノシシが清潔な食べものと汚れた食べものを明確に区別することができ、またそれを水辺まで持って行って洗うまで、食べる楽しみを先延ばしにできることがはっきりと証明された。楽しみを先延ばしにするというのは高度な能力で、チンパンジーや人間などの非常に知的な動物にとっても難しいことだ。

 国際自然保護連合(IUCN)イノシシ専門家グループの代表者である生態学者のエリック・メイジャード氏は、このイノシシの行動は、捕獲された集団において観察された「ぜいたくな習性」であるように思えると語る。「彼らはリンゴを洗いましたが、一方で非常に空腹のときや、好物が出されたときには洗いませんでしたから」

 ロウ氏は、イノシシが食べものを洗い始めたのは、バーゼル動物園にやってきてからだと考えている。以前にいた動物園では、どの個体にも洗うという行動は一切見られなかったそうだ。

 メイジャード氏は言う。「こうした研究によって、イノシシがどれほど特別な動物かということが認識されれば、保護にもつながります。世界では15種ほどのイノシシの仲間が絶滅の危機に瀕しています。うち数種は絶滅寸前という状態で、注意深く見守っていく必要があります」

文=Mary Bates/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加