カラスが仲間の葬式をするって本当?

命を落とした仲間の周りに集まる理由を検証した

2015.10.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
知能の高いアメリカガラスは人間の顔を見分けることができる。オクラホマ州バートルズビルのジョージ・ミクシュ・サットン鳥類研究所で撮影。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 カラスの鳴き声を聞いて、愛する仲間の死を嘆いているように感じたことはないだろうか? 高い知能を持つカラスは命を落とした仲間の周りに集まる。今回はFacebookに寄せられた「ワタリガラスは仲間が死んだとき、葬式のようなものを行うと聞いたことがありますが、本当ですか?」という質問に答えてみよう。

 米ワシントン大学で生物学を研究するカエリ・スウィフト氏によると、カラス、カケス、カササギ、ワタリガラスなどカラス科の鳥は知能が高く、鳴き声で呼び合ったり、集まったり、命を落とした仲間がいることを知らせたりするという。

 とはいえ、仲間の死を悼んでいるというわけでもない。自分たちが同じ目に遭わないよう、仲間を死に追いやった脅威を見極めているらしい。スウィフト氏が『Animal Behaviour』誌で発表した研究論文によると、アメリカガラスはカラスの死骸を持った人間を脅威とみなし、その人物の近くで餌を食べる場合にはかなり警戒するという。

マスクマン現る

 スウィフト氏は2年間に及ぶ実験を開始するにあたり、ワシントン州内の100カ所以上に餌を置いた。いずれもカラスが巣をつくり、繁殖している場所だ。次に、カラスたちからはっきり見える場所に、仮面で顔を隠した約25人のボランティアに30分間立ってもらった。仮面を着けさせたのは、表情を隠すためと、複数のボランティアを同じ顔の人間に仕立てるためだ。

 各ボランティアはカラスの死骸を持っているか、カラスの捕食者であるアカオノスリの死骸の近くに立っているか、カラスの死骸を持ってアカオノスリの死骸の近くに立つかのいずれかの行動をとる(実験には剥製の鳥を使用)。さらに対照実験として、ボランティアがいない、もしくは何も持っていない場所も設定した。

 カラスたちはほぼ例外なく、ボランティアと鳥の死骸を見たときに「騒ぐ」という形で反応した。仲間たちに向かって警告を発しているのだ。対照実験を含む4つの状況のうち、アカオノスリとカラス両方の死骸がある場合に最も大きく反応し、何も持たないボランティアには反応しなかった。(フォトギャラリー:「動物の知力」

スウィフト氏の実験に参加したボランティア。このようにカラスたちに仲間の死骸を見せた。(PHOTOGRAPH BY KAELI SWIFT)
[画像のクリックで拡大表示]

 カラスが反応したボランティアには6週間、定期的に同じ場所に行ってもらった。ただし、次からは何も持たずに行った。それでも、カラスたちはボランティアが現れると騒ぎ、その後数日間にわたって警戒した。カラスの死骸を持った人間を脅威と認識したのだ。

 スウィフト氏はさらに別の実験も行った。ハトの剥製を持つボランティアを追加し、反応を見たのだ。カラスたちの反応ははるかに穏やかだった。つまり、「カラスたちはほかの鳥よりカラスの死骸に敏感だということです」

 この研究は、カラスは何らかの危険性があるとみなしただけで、人間を警戒することを示している。(参考記事:「カラスの高い知能、イソップ話は実話?」

危険な相手を忘れない

 今回の研究に参加したワシントン大学の生物学者ジョン・マーズラフ氏によると、アメリカガラスが人間の顔を忘れないことは、ほかの実験でも示されているという。9年半も覚えているカラスもいるそうだ。(参考記事:「ニューカレドニアカラスは釣り名人」

 これは寿命が長く、社会性があるカラスのような鳥にとって有益な能力だ。カラスからすれば、自分を殺そうとする人間もいれば、餌をくれる人間もいる。カラスが一人一人に「注意を払っている」ことが今回の研究で実証された。

 マーズラフ氏は以前、アメリカガラスの脳を研究し、カラスの死骸を持つ人間を見ると、学習や記憶にかかわる海馬が活性化することを発見した。同じ脅威を再び目にしたときに「この記憶が呼び覚まされるのかもしれません」とマーズラフ氏は述べている。

文=Liz Langley/訳=米井香織

  • このエントリーをはてなブックマークに追加