コウモリやナマケモノはなぜ逆さまでも平気なのか

その秘密は小さな体とゆったりとした動きにある

2015.09.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木の枝にぶら下がるノドチャミツユビナマケモノ。コロンビア、アマカヤク国立公園にて撮影。(Photograph by Thomas Marent, Minden Pictures/National Geographic )
[画像のクリックで拡大表示]

 人間は上下逆さまの状態でいると、頭痛などの不快感を覚えるものだ。ではコウモリなど、日々逆さまになって暮らしている動物は、なぜそういった症状を起こさないのだろうか。(参考記事:「巨大恐竜は立ちくらみしなかった?」

 平均的な成人の体内には、5リットルほどの血液がめぐっている。逆さまになると、この大量の血液が急に頭部に流れ込むため、頭痛が起こる。

 その点、コウモリは体が軽い。世界最小のコウモリであるキティブタバナコウモリは、体重がたったの2グラムしかない。世界最大種であるオーストラリア原産のクロオオコウモリやフィリピン原産のフィリピンオオコウモリでさえ、体重はわずか1.1キロ程度だ。(参考記事:「【動画】クロオオコウモリの巨大コロニー」

 米国ミシガン州を拠点に活動するコウモリ保護協会代表のロブ・ミース氏は、つまりコウモリには「重力が血流に影響するほどの体重がない」のだと語る。

 逆さまにぶら下がるのにはまた、そうしていた方が楽だという理由もある。コウモリは脚にある特殊な腱のおかげで、非常にリラックスした状態でぶら下がっていることができる。もし頭を上にしていたなら、飛び立つときに筋肉を収縮させなければならず、余計なエネルギーを消費することになる。

 コウモリの脚の腱はきわめて強力で、彼らは死んでもなお木の枝にぶら下がっていることがある。コウモリにとっては、逆さまにぶら下がっているのがもっともくつろいだ状態なのだ。(参考記事:「吸血コウモリ、吸血のせいで苦味に鈍感」

コウモリの仲間では最大の部類に入るクロオオコウモリでさえ、体重が非常に軽いため、血液が頭部に集中して具合が悪くなることはない。(Photograph by Joel Sartore, National Geographic Creative )
[画像のクリックで拡大表示]

めまいしらずのスローライフ

 中南米の森に住むナマケモノもまた、逆さまになって暮らす動物だ。

 ところが、ワシントンD.C.にあるスミソニアン国立動物園のドン・ムーア副園長によると、意外にもナマケモノが逆さまの状態で過ごす時間はそう長くないという。さらに、逆さまで木の間を移動するときには非常にゆっくりと動くので、中耳にある体液が常に安定した状態に保たれ、めまいを起こすことはないのだそうだ。(参考記事:「ナマケモノは交尾もゆっくり?」

 フタユビナマケモノは、移動する間、頭をずっと一定の方向に向けている(木の枝につかまって首をそらし、鼻を下に向ける)。一方、ミツユビナマケモノはすごい技を持っている。「なんと彼らは水平に移動する際、真後ろを見るため首を180度回せるのです」とムーア氏は言う。これは行く手にある枝を見るためだという。

2014年7月15日、パナマのガンボアにあるナマケモノ孤児院・救済センターにて撮影。同センターでは親を失った子供のナマケモノや、住処から離れてしまった成体を保護し、リハビリして自然に返す活動を行っている。ここを運営するネスター・コレア、ジスセル・ジャンゲス夫妻にとって、元気になったナマケモノとお別れをするのはうれしい半面、つらいものでもあるようだ。(音声は英語です)

「ミツユビナマケモノは木のこずえを非常にゆっくりと進むのが得意で、その姿はまるで藻類のかたまりのように見えます」。ナマケモノの毛(被毛)には藻類が生えることが知られているが、2014年には「ナマケモノの毛にのみ住みつくガ(蛾)がいる」という研究が発表された。

 ナマケモノは排泄のために週に一度だけ木から降りるが、このときメスのガが糞に卵を産み付けるという。羽化した蛾は樹冠部に飛んでいき、ナマケモノの毛の中で交尾をする。 (参考記事:「ナマケモノ、危険なトイレ旅の見返りは」

 ナマケモノとガはこうして助け合って生きている。絵本にでもできそうな、すてきな関係だ。

文=Liz Langley/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加