ヒョウアザラシ目線で見る狩り、衝撃の映像と生態

獲物を隠し、奪い合う仁義なき戦いも明らかに

2015.08.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【閲覧注意:狩りのシーン含む】気候変動により南極の流氷が減っていることから、研究者は流氷域も餌場とするヒョウアザラシにビデオカメラを取り付けて調査を行った。すると、衝撃の映像がとらえられていた。MMPA Permit #16472-03

 ヒョウアザラシは、個体によっては体長約4メートルにまで成長し、頭はハイイログマより大きくなる。鋭くとがった歯で別のアザラシの体を切り裂き、人間を襲って海に引きずり込むこともある。食物連鎖の頂点に君臨するこの動物は調査するのが難しく、その生態は謎に包まれていた。

 ところが最近、南極に暮らすヒョウアザラシたちを撮影した50時間超の映像が公開され、これまで知られていなかった行動の数々が明らかになった。そこには、海岸でくつろぐオットセイの子供を水中に引きずり込み、餌を奪い合い、海底の隙間に隠れる魚を食べつくす姿がとらえられている。また、捕まえた獲物を後で食べるため、海底に隠しているところも確認された。(参考記事:「南極海のヒョウアザラシ」

 調査チームはクリッターカムと呼ばれるビデオカメラをメスのヒョウアザラシ7頭に取り付け、彼女らの1日を観察した。2013年と2014年の1月から2月にかけて、同じ集団に属する7頭を捕まえて鎮静剤を投与し、頭のすぐ後ろにクリッターカムを装着して撮影。今月、研究論文を「Animal Biotelemetry」誌に発表した。(参考記事:「【動画】クリッターカムがとらえた体を点滅させて言葉を交わす巨大イカ」

「全くの予想外でした」

 米海洋大気局(NOAA)に所属する海洋哺乳類の専門家で、今回の調査を率いたダグ・クラウゼ氏は、「私は10年にわたって、個人的にヒョウアザラシを観察してきました」と話す。それでも、クリッターカムの映像は衝撃的だった。

 排せつ物の分析から、ヒョウアザラシは沖で大量のオキアミを食べて、栄養を補給すると考えられていた。ところが実際は、海岸近辺にとどまったまま、オットセイの子供や魚を捕まえていたのだ。ある個体はほぼ1日中、海底に暮らす魚を探し回っていた。「全くの予想外でした」とクラウゼ氏は振り返る。

 また、ヒョウアザラシは個体ごとに異なる方法で獲物を捕らえ、食べていることもわかった。海底の隙間に忍び寄り、隠れている魚を追い出す個体もいれば、海を泳ぎ回って獲物を追う個体もいる。獲物を丸ごと平らげる者もいれば、魚の頭を残し、体だけ食べる美食家もいる。

 今回の研究には参加していないが、オーストラリア、メルボルンのモナシュ大学で海洋哺乳類を専門としているデイビッド・ホッキング氏は、ヒョウアザラシはオットセイやペンギンを襲うばかりか、魚やオキアミを彼らと奪い合ってもいると語る。

食うか盗られるか

 ヒョウアザラシ同士が互いの獲物を奪い合っていたことにも驚く。クラウゼ氏によると、獲物が別の個体に渡ること自体は、これまでに何度も確認されているという。しかし攻撃的な行動が見られたことはなく、水中で何が起きているかを知るすべはないため、連携して狩りをしているのだと考えられてきた。

 今回の映像で、事実が明らかになった。「カメラを取り付けたある個体がオットセイの子供を捕らえ、沖に移動して食べていると、とんでもないことが起こりました」とクラウゼ氏は説明する。「別のヒョウアザラシがその個体の顔にかみつき、戦い始めたのです」

 こうした戦いは6度も確認された。この個体は調査対象の7頭の中で最も小さく、6度とも餌を奪われてしまった。

 英ケンブリッジにある英国南極調査所で海の捕食動物の研究を行っているフィル・トレーサン氏によると、動物が餌を奪い合うことは決して珍しくないという。トウゾクカモメという海鳥は、空中でペンギンの卵などを奪い合うことで有名だ。しかし、労働寄生とも呼ばれるこうした餌の横取りは、アザラシなどの海洋哺乳類ではあまり確認されていない。

保存食も確保

 仕留めた獲物を後で食べるために隠しておくという行動も、今回の映像で初めて確認された。ヒョウアザラシたちはすでに死んでいるペンギンやオットセイを海底で見つけ、食べていたのだ。(参考記事:「フォトギャラリー:みんな大好き!ペンギン写真」

 ハイエナのように、死骸を見つけて食べている可能性もあると、クラウゼ氏は指摘する。しかし、研究者たちが現場に近付くと、ヒョウアザラシは防御の態勢をとった。獲物を守ろうとしているのだ。しかも、死骸は何者かが運んで来ない限り到達し得ない深さにあった。通常、ヒョウアザラシは獲物を食べる際に、海底ではなく海面で解体する。したがって、そのヒョウアザラシ、または別の個体が隠した獲物である可能性が高い。

文=Jane J. Lee/訳=米井香織

  • このエントリーをはてなブックマークに追加