【動画】くしゃみをする子ゾウがかわいい

動物たちはどうやってくしゃみをするのか

2015.07.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長い鼻で匂いを嗅ぐアフリカゾウ。ボツワナのチョベ国立公園で撮影。 PHOTOGRAPH BY RICHARD DU TOIT, MINDEN PICTURES, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 動物がくしゃみをするところは、とてもかわいらしい。今回は、Facebookを通じて寄せられた「ゾウはくしゃみをするの? あの長い鼻でどうやって?」という質問に答えてみよう。

 ゾウは鼻で何でもできる。匂いを嗅いだり、物を触ったり、つかんだり、呼吸をしたり。もちろん、くしゃみだってできる。

「ゾウもあの長い鼻でくしゃみをします」とメールで答えてくれたのは、米フロリダ州にあるゾウの保護区域、国立ゾウセンターのジョン・レンハート氏だ。「ご想像にたがわず、かなりうるさいですし、大量の鼻水も飛び散ります」

 とはいえ、下の動画のように子ゾウが実に愛らしいくしゃみをすることもある。

海の生物もくしゃみをする?

 カナダにあるブリティッシュコロンビア大学の比較生理学者ビル・ミルソム氏によると、哺乳類の咳は喉(のど)、くしゃみは鼻を通して出る。ゾウの場合、長い鼻を通ってくしゃみが出ることになる。咳とくしゃみは「刺激の原因を取り除くために肺から空気を排出する、爆発的な現象です」とミルソム氏。

 ゾウやヒトの場合、刺激の原因となる異物は外から鼻に入るか、喉の奥にある隙間から入り込む。「鼻に何かを吸い込んで不快な思いをしたことは、誰にでもありますよね」(参考記事:「なぜ、くしゃみをするのか」

 ハクション、としたい衝動に駆られるのは陸生動物だけではない。

 ウミイグアナはくしゃみをして鼻腺から塩を排出する。クジラやイルカは噴気孔から「空気を吸い込む前に息を吐き出して水を抜く」ことで、くしゃみと同様の効果を得ているとミルソム氏は言う。「魚でさえ、水中の粒子状物質がエラに詰まると、咳やくしゃみで排出しています」(参考記事:「脳のない海綿動物も“くしゃみ”をする」

 だが、米ネバダ大学の昆虫生理学者アレン・ギブス氏は、昆虫は例外だという。無脊椎動物が気管から空気を押し出すことは知られているが、それが「くしゃみ」といえるかはわかっていない。

文=Liz Langley/訳=桜木晴子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加