命や手足を失わずに野生動物の傑作写真を撮る方法

迫力の動物写真を安全に撮影する鉄則をナショジオの写真家が伝授

2015.06.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯をむき出しにする南極のヒョウアザラシ。撮影したポール・ニックレン氏は相手が自分の存在に慣れるまでじっと待ち続けた。(Photograph by Paul Nicklen, National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

 サメのどアップを撮ってみたい? それとも、野生のヘラジカに自分の子供を乗せて写真に収めたい?

 大自然の中では、つい野生動物に近づいたり、触れ合いたくなったりするものだ。しかしうかつに近づけば、悲惨な結果になることもある。最近でも、米国のイエローストーン国立公園で写真を撮っていた旅行者2名がバイソンに襲われ、南アフリカでは車内から撮影をしていた女性がライオンに殺される事故が続いた。

「野生動物に最大限の敬意を払う」ことを常に忘れてはならない。グリーンランドのホッキョクグマから南極のペンギンまで、世界中で危険な動物の撮影を行ってきたナショジオの写真家ポール・ニックレン氏はそう語る。

 そこで、命や手足を失わずに、傑作をカメラに収めるための鉄則をいくつか紹介しよう。

1.距離を取る

 国立公園などを管理するレンジャーは、常に野生動物との間に適切な距離を保つように勧めている。通常は300メートルほど取りたいところだ。それでも望遠レンズを使えば被写体の動きはよく見えるし、動物たちもありのままの姿を見せてくれる。

「動物を観察するときは、相手に気付かれないようにするのが一番です。相手の領域に踏み込んでしまうと、動物の行動を乱すことになります」とニックレン氏は言う。

 南アフリカでライオンに襲われた女性は車内から撮影をしていた。通常、車の中というのは比較的安全な場所だ。動物は車のことを生命のない物体とみなし、一方、歩いている人間は襲ってくる可能性のある相手として認識している。(参考記事:「ライオンはなぜ観光客を殺したのか」

 ナショジオの写真家でアフリカでの経験が豊富なエイミー・ビターリ氏は、サファリで動物を探すうちに、撮影しようと車を降りて獰猛な動物の方へ歩いて行く人をよく見かけるという。

「もし心配なら、車の窓を閉めてください」とニックレン氏。「いいショットを撮るのに十分な時間がない、あるいは装備が足りないのであれば、カメラを置いてその光景を自分の目に焼き付けるべきです」

2.自分からではなく、動物に近付いてもらう

 傑作を撮るためには、撮影者が風景に溶け込んでいるように動物に感じさせることが大切だ。そのためには動物の目を見つめたり、あからさまに相手に近付いたりするのは避けた方がいい。ニックレン氏によると「クジラは自分の方へまっすぐに向かってこられるのが嫌いで、ひどく動揺してしまう」そうだ。

 とにかく、じっと待つこと。こちらが危険な存在ではないと納得すれば、生来の好奇心に勝てずに動物の方から近寄ってくれることもある。

「人間が動物たちを近くで見たいと思っているのと同様、動物もこちらの様子が見たいのです。私は常に相手の出方に合わせます」

ケニヤのレワ野生保護区の風景。エイミー・ビターリ氏撮影。(Photograph by Ami Vitale, National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

 その結果、ニックレン氏はかつてヒョウアザラシの母親から餌のペンギンをわけてもらい、楽しげに泳ぎ回るザトウクジラの子供に囲まれ、ジャコウウシのオスに軽くつつかれるといった経験をしてきた。同じ場所に1カ月間座り込んでいたときには、ハイイログマがほんの1メートルほどの離れた場所をのんびりと散歩するまでになったという。

 だが、自分から近付いてはいけないことを、くれぐれも忘れてはならない。「シカなどの一見おとなしそうな動物でさえ、こちらから近付けば危険な行動に出ることがあります」とビターリ氏は言う。

3.時間をかける

 ニックレン氏がナショジオ2011年8月号のために、カナダ西部で「スピリット・ベア」と呼ばれる白いアメリカクロクマを撮影したときには、全部で90日間あった撮影期間のうち、いいショットが撮れたのはわずか2日間だったという。(参考フォトギャラリー:「森の精霊 スピリット・ベア」

「その他の日には、これというチャンスもありませんでした。だから時間をかけることが大切なのです」

 たっぷりと時間を取って撮影をすれば、自分自身も静かで落ち着いていられるので、動物を驚かせる機会が減るというメリットもある。

4.動物を人間と同じように見ない

 動物は怖いときに身をこわばらせたり、防御態勢を示すために地面をかいたりといったボディランゲージで意思の疎通を図ることがある。こうした動きに注意を払うのは大切だが、野生動物の行動を人間(あるいは飼われている動物)の行動と同様に解釈するべきではない。

「ティモシー・トレッドウェルは、人間の行動とハイイログマの行動を同じように捉えたために命を落としました」とニックレン氏は語る。トレッドウェルとは、ハイイログマの保護に熱心に取り組み、2003年にアラスカで死亡した人物だ(彼の活動は『グリズリーマン』というドキュメンタリー映画にもなっている)。「彼はいつも『おやスージー、今日はちょっとご機嫌ななめだな』などと言いながら、無防備にクマに近寄っていたんです」

 野生の世界に受け入れてもらうには、敬意を忘れてはならない。人間は撮影を終えたら、家に帰って店で食料を買える。しかし「動物たちは1日中、ひたすら食べ物を探しているのですから、彼らの邪魔をすれば、生死に影響を与えることになります」とニックレン氏は言う。「だから、動物たちに無理強いすることなく撮影を楽しんでほしいですね」

文=Brian Clark Howard/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加