新種のザトウムシにあのキャラクターの名前

洞窟で暮らす目のない新種に『指輪物語』にちなんだ学名が付けられた

2015.11.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新種のザトウムシの学名Iandumoema smeagolは、小説『指輪物語』に登場する、洞窟に住む青白い肌のホビットにちなんで名付けられた。(PHOTOGRAPH BY RAFAEL FONSECA-FERREIRA)
[画像のクリックで拡大表示]

 映画のあのキャラクターなら、この虫を見て「かわいい!」と叫ぶかもしれない。ブラジルの科学者が発見した新種のザトウムシに、冗談のようだがぴったりの学名がついた。

 洞窟にすむ目が退化した新種のザトウムシになじみのある学名が付けられた。学名「Iandumoema smeagol」は、J・R・R・トールキンの小説『指輪物語』に登場する、指輪の魔力に取り憑かれた哀れなホビット「ゴクリ」の本来の名前「スメアゴル」にちなんだものだ(「ゴクリ」は日本語版の小説での表記。原作や映画『ロード・オブ・ザ・リング』では「ゴラム」)。

 カナダのマギル大学のクモ綱の専門家クリストファー・バドル氏は、「このザトウムシの生物学的特徴によく合った学名です」と語る。洞窟の中で一人ぼっちで暮らしていたスメアゴルが、長い年月の間にヌルヌルした青白い肌のゴクリに変わったたように、このザトウムシは、暗くじめじめした洞窟にすむうちに、世代を経て色素の大半を失ってしまった、と考えられている(参考記事:「ザトウムシ、3億年前からほぼ進化せず」)。

 バドル氏は今回の研究には参加していない。しかし、洞窟でひっそりと暮らすザトウムシに気の利いた学名がついたことに興味をもち、その生物学的特徴に強い関心を示している。

 ザトウムシはクモ綱だが、クモ目ではなくザトウムシ目に属している。一見、クモのようだが、クモの体が頭胸部と腹部からなり目が8個であるのに対して、ザトウムシの頭胸部と腹部は密着していてくびれはなく、目も2個だ(参考記事:「古代のザトウムシには眼が4つあった」)。

 ザトウムシ目の生物は6500種以上知られているが、その多くは土壌生物と同じような雑食性の分解者で、毒や鋭い歯がないため捕食者にも危険ではない(参照記事:【動画】「ザトウムシの奇抜な生態」)。

 バドル氏によると、ザトウムシ目の研究は「まだ始まったばかり」だという。最近は、ザトウムシの新種発見の報告が続いているが、もっと多くの新種が見つかるだろうと予想されている。ゴクリの名を付けられた新種はブラジル南東部のミナスジェライス州モンジョロス近郊の洞窟で発見されたが、発見者のブラジル人科学者の話では、洞窟は保護されておらず、このザトウムシがほかの場所へと広がっていくとは考えにくく絶滅のおそれもある、という。

 米国ニューヨーク市にあるアメリカ自然史博物館のクモ学者ノーマン・I・プラトニク氏は、Iandumoema属のザトウムシはどれも洞窟にしか生息していないようだと指摘し、「今回の発見は、そんなに異例のものではありません」と説明する。「私たちは、ゆっくりではありますが着実に、地球上にすむ多様な生物を新しく見つけては、名前を付けているのです」とバドル氏。それは、時間をかけて目的地をめざすホビットの旅に似ていなくもない。

文=Brian Clark Howard/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加