地中海で大量の沈没船が見つかる、ギリシャ沖

紀元前からローマ時代後期まで2週間でなんと22隻

2015.11.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回の発見では、積荷である「アンフォラ」という陶器の壺しか残っていない場合が多かった。だが、考古学者はアンフォラの中身を調べることで、船が運んでいた交易品、出港地、沈没時期などを特定できる。(PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)
[画像のクリックで拡大表示]

 最近、ギリシャのフルニ島の周辺海域で多数の沈没船が発見され、東地中海における交易ルートと航海技術の発展について新たな知見がもたらされている。この海域ではさらなる調査が計画されており、今後も多くの発見が続く見込みだ。

 ギリシャと米国の考古学者からなる研究チームが調査を行ったのはこの9月。エーゲ海東部のフルニ島周辺で2週間をかけ、地元の漁師や海綿取りの人々から得た情報のおかげで、約45平方キロメートルの海域で22隻の沈没船を確認できた。

 狭い海域でこれだけの数の沈没船が発見されたことと同時に、船の沈没時期が広い範囲にわたっている点も驚異的だ。

 最も古い沈没船はアルカイック期(紀元前700~紀元前480年)のもので、最も新しい沈没船は中世後期(16世紀)のものだった。古典期(紀元前480~紀元前323年)やヘレニズム期(紀元前323~31年)の沈没船もあったが、多く(22隻中12隻)はローマ時代後期(300~600年)に使われたものだった。(参考記事:「南仏で発見 古代ローマの沈没船」

「ここは沈没船が非常に多い海域なのです」とギリシャ海洋考古学研究所の考古学者で、今回のプロジェクトの責任者であるギリシャ人のジョージ・コウツォウフラキス氏は説明する。

 わずか2週間で22隻の沈没船を発見するのは極めて珍しいケースだが、この海域からはさらなる発見が期待できる。研究チームはフルニ島の沿岸の5%しか調査しておらず、地元の漁師からはもっと多くの情報が寄せられているからだ。

 今回発見された船はいずれも商船で、アナトリア、サモス島および黒海地方までを、ロードス島、キプロス島、さらにはエンジプトと結ぶ交易ルートを往復していた。一般に、木造船が沈没すると、水中で腐敗したり、ゴカイなどに食べられたりして消えてしまい、積荷の「アンフォラ」だけが残る。アンフォラはこの地方で広く用いられていた陶器の壺だ。どの船も数百個のアンフォラを積んでいたので、考古学者は、壺の大きさと形から、その製造場所と時代を推定できる。(参考記事:「公海に沈むタイタニック号、誰がどう守る?」

すでに略奪の痕跡も

 アンフォラの中身が残っていれば、DNA分析などにより積荷を確認できるだろう。しかし、実のところ中身はほぼ明らかだ。

 このプロジェクトの共同責任者であるRPM海洋財団(米国フロリダ州)のジェフリー・ロイヤル氏は、「同じような沈没船や陸上の遺跡から、オリーブオイル、ワイン、魚醤の3つが主要な交易品だったことが分かっています」と言う。(参考記事:「300年前の沈没船から財宝、王室献上コインも」

フォトギャラリー:地中海の底に眠る22隻の沈没船と積み荷
フォトギャラリーはこちら(次ページ) (PHOTOGRAPH BY V. MENTOGIANIS)

 これらの大量に取引される商品は大型のアンフォラに入れ、ジャム、果物、ハチミツ、ヘーゼルナッツ、アーモンドのほか、香料などの贅沢品は、小型のアンフォラに入れていたようだ。

 古典期の商船には10~15人の船員が乗り組むことが多かったが、ローマ時代後期には、船の前後方向に張る大三角帆が発明されるなど航海技術が発達し、船員は5~7人ですむようになっていた。古代ギリシャ・ローマの船といえば3段オールのガレー船が有名だが、小型の商船は帆船だった。

 フルニ島周辺の沈没船の一部は、突然の嵐や強風に見舞われて崖や暗礁に叩きつけられたようだ。

 今回のプロジェクトの共同責任者で、英サウザンプトン大学とRPM海洋財団に所属しているピーター・キャンベル氏は、「沈没船遺跡の分布を調べることで、船に何が起きたかを推測することができます」と言う。「一部の沈没船は、北西の風を避ける崖の前に錨泊していたところ、南風に押されて崖に激突してしまったようです」。

 沈没船の乗組員が生き残った可能性は低い。「私たちが調査した22隻の沈没船のうち、泳いで岸にたどり着ける可能性がある場所に沈んでいたのは4隻だけでした。ほとんどの沈没場所は、切り立った崖のすぐ横でした。嵐の中、こんな場所で海に投げ出された人が生き延びられたとは思えません」とキャンベル氏は言う。

 考古学者たちは9月に沈没船から引き上げた遺物の分析に取り掛かったばかりだが、特に目立つのはローマ時代後期の船の多さだ。研究チームは、この時期の船の突出した多さは、4世紀のコンスタンチノープルと東ローマ帝国の興隆と関係があるのではないかと考えている。彼らは、今回の調査によって、古代の海洋交易網をめぐるさまざまな疑問や、東地中海の政治構造の変化との関係が解明されることを期待している。(参考記事:「沈没船が明らかにする奴隷貿易の変遷」

 フルニ島の沈没船は、考古学者による9月の調査の前から、一部の密輸人の間で知られていた。地元の人々は、沈没船遺跡の近くの海域で怪しい動きをする人々を見たことがあると報告しているし、考古学者たちも、潜水調査の際に略奪の痕跡があることを確認している。(参考記事:「経済危機のギリシャで市民による盗掘が急増」

 22隻の沈没船の位置が正確に特定されたことは、ギリシャ当局による遺跡の監督に役立つはずだ。考古学者たちは、今回の発掘から得られた知識がきっかけとなって、地元の人々が歴史との強いつながりを感じるようになることを期待している。

「地元の人々が強い関心を持って遺跡保護に携わるのが、最も望ましい形なのです」とキャンベル氏は言う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加