珍現象:エルニーニョで砂漠が一面の花畑に

一晩に7年分の大雨で「砂漠の花畑」現象が発現、南米チリ

2015.11.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
貴重な光景
チリの首都サンティアゴの北、約750キロに位置するアタカマ地域で、一面に咲き誇るゼニアオイの花。この「砂漠の花畑」現象は5~7年周期で起こるが、今年はかつてないほど見事だ。(PHOTOGRAPH BY MARIO RUIZ, EPA)
[画像のクリックで拡大表示]

 世界屈指の乾燥地帯として知られる南米チリのアタカマ砂漠が、ピンクや紫、白といったさまざまな花で埋め尽くされている。

 これはカメラのトリックでも、写真を加工しているわけでもない。いつもは草ひとつ生えていないこの砂漠を覆い尽くしているのは、鮮やかな花々。異常な大雨が降ったことで、記録的な数の花が咲いたのだ。

 チリの植物学者ペドロ・レオン・ロボス氏によると、この現象は「砂漠の花畑」と呼ばれ、5~7年に1度の割合で発生するという。エルニーニョ現象で、チリ沖の海水温が周期的に上昇していることが背景にある。(参考記事:「温暖化で極端なエルニーニョ/ラニャーニャ倍増」

 海水温の上昇はその地域の気流に影響を与えるため、降水パターンが激変してもおかしくはない。世界的にも乾燥が激しいこの砂漠では、通常の年間平均降水量は4ミリ未満だ。だが、今年の3月下旬には、一晩で7年分に相当する異常な大雨が降った。この雨は大規模な洪水を発生させ、少なくとも7人が命を落としている。

 こうした大雨をきっかけに1年で開花する一年生植物が芽を出し、3月には砂漠のあちこちで花を咲かせた。さらに8月に発生したハリケーンで植物の成長が加速すると、9月下旬にはもっとたくさんの花が咲き始めたのだ。1年に2度の開花は、近年にはなかったことだ。

洪水の後で
チリ沖の海水温を上昇させるエルニーニョ現象で降水パターンが変わり、大規模な洪水が複数発生。これにより、過去18年で最も花が咲き乱れることになった。(PHOTOGRAPH BY MARIO RUIZ, EPA)
[画像のクリックで拡大表示]

 色とりどりの花が咲く様子から、この不毛の地は見かけによらず生態系が豊かであることがわかる。この極限の気候条件でも、1900種ほどの動植物が生息しており、その3分の1余りは、アタカマ砂漠の固有種だ。だが、こうした多種多様な生物がいるにもかかわらず、チリの国立公園局は今のところ、この一帯の一部しか保護していない。

「まったく草木が生えていないような土地が、わずか2~3カ月でこんな美しい風景になるんです」と語るのは、英国王立植物園の自然保護活動家マイケル・ウェー氏だ。彼は、王立植物園が運営する種子保存活動の一環で、今年の6月にアタカマ砂漠を訪れていた。「このコントラストこそが、こうした地域がいかに貴重であり、素晴らしい場所であるかを示す証拠といえるでしょう」
(参考記事:写真で見る「温暖化を味方にする動物は?」

年に2回のお花見

PHOTOGRAPH BY CARLOS AGUILAR, AFP, GETTY IMAGES
[画像のクリックで拡大表示]

チリでいう秋と春に例年にない大雨が降り、その影響で3月と10月に花が咲いた。年に2回の開花は、この地域では近年初めてのことだ。アタカマ砂漠のウアスコ地区。

予期せぬごちそう

PHOTOGRAPH BY CARLOS AGUILAR, AFP, GETTY IMAGES
[画像のクリックで拡大表示]

パタ・デ・グアナコの花にとまるチョウ。この一帯で受粉をうながすチョウは、普通なら遠くまで飛ばなくてはならないが、突然の開花がうれしい恵みをもたらした。アタカマ砂漠のウアスコ地区で。

珍しい花々

PHOTOGRAPH BY CARLOS AGUILAR, AFP, GETTY IMAGES
[画像のクリックで拡大表示]

生き物にとって過酷に見える砂漠だが、1900種近い動植物が生息し、その多くはこの地域の固有種だ。

18年ぶりに

PHOTOGRAPH BY MARIO RUIZ, EPA
[画像のクリックで拡大表示]

今年の花畑は、近年では最も見ごたえがある。18年前の1997年にも、大規模なエルニーニョ現象の影響で大雨が降り、花がたくさん咲いた。

文=Michael Greshko/訳=倉田真木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加