美しくも奇妙なアメリカインディアンの12の肖像

北米先住民を撮り続けた写真家エドワード・S・カーティスの功罪

2015.10.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンダーバード
 カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のクワキウトル族の踊り手。「クンフラール」と呼ばれるサンダーバードの衣装を身に着けている。太平洋岸北西部の先住民が口承する主要な神話では、サンダーバードは力強い精霊で、翼を羽ばたかせると雷が起きると言われている。(PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 1895年、写真家のエドワード・シェリフ・カーティスは、その後の自分の人生と、ひいてはアメリカインディアンに対する人々の見方を永久に変えてしまう被写体と出会った。

 彼が出会った人物の名は、王女アンジェライン。強大な権力を持っていたアメリカインディアンの首長シアールの娘である。シアトルの町の名は、このシアールが由来となっている。カーティスが出会った当時、王女アンジェラインはすでに老境にさしかかり、市場で貝を売って生計を立てていた。1枚につき1ドルを支払って彼女の写真を撮らせてもらったカーティスは、これがきっかけでその後数十年にわたり北米先住民の生き様を記録することになる。(参考記事:「馬と生きる 北米先住民」

 63年前の1952年10月にこの世を去ったカーティスは、アメリカインディアンの文化を記録する者として、間違いなく最も広く影響を及ぼした人物だった。

 J・P・モルガンやセオドア・ルーズベルトの支援を受け、カーティスは30年を費やし、北極圏からフロリダに至るまで、近代化の波を受けることなく時を超えて存在した先住民たちの姿を撮り続けた。

「カーティスは、アメリカインディアンのイメージに美とロマンを与えました」。米国ワシントンD.C.にある国立アメリカインディアン博物館の編集者アレクサンドラ・ハリス氏は語る。

 彼が遺したものは、80以上の部族の文化を記録した圧倒的な資料の数々である。その中には、約4万枚の写真と、先住民の言語や音楽を録音した1万本以上の蝋管(初期の蓄音機の記録媒体)が含まれている。彼がまとめた20巻の大作『The North American Indian』は、1907年から1930年にかけて出版された。当時の出版界ではかなり野心的な功績のひとつであった。

 だがしかし、写真家としての彼の評価は潔白とは言いがたい。『ナバホと写真(Navajo and Photography)』の著者で元人類学者のジェームス・ファリス氏は言う。「カーティスに関しては賛否両論があります。その努力と功績は賞賛に値しますが、当時はまかり通っていた過ちに手を染めていたことも事実です」

 彼のやり方には、今日のフォトジャーナリズムの基準に照らし合わせてみれば問題になる部分があった。スタジオの中に先住民たちの生活の場を再現し、モデルに伝統的衣装や宝飾品を着せ、目覚まし時計など現代的なものが写りこんでいれば消すことさえした。さらに、当時のアメリカ先住民が直面していた問題をあえて記録しなかった。例えば子どもたちが、先住民の文化伝統を無視した同化政策の一環で、連邦政府の寄宿学校へ送られていたことのように。

 そして何よりも、カーティスの作品は、アメリカ先住民が「消えゆく民」であり、彼らの文化はいずれ消滅するという誤った考え方に強く支配されていた。「彼の作品を見ると、先住民の時は止まり、変化しないという通念が根付いていることがよく分かります」とハリス氏。「彼の写真は、彼が他の人に見せたいと思う先住民の姿を写し出したものであって、本当の現実ではありませんでした」(参考記事:「米国先住民の苦闘と希望」

 ここでは、カーティスによる選りすぐりの写真を12枚紹介する。北米各地に伝わる儀式用の礼服を撮影したもので、ナショナル ジオグラフィック協会所蔵の「The North American Indian」からスキャンされたものだ。なお、ナショナル ジオグラフィック協会第2代会長であり、電話を発明したアレキサンダー・グラハム・ベルが購入した原本は、書庫の資金集めと若手写真家支援のため、2012年にオークションへ出され、90万ドル以上で落札された。

危険なもの

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 4日間続く冬の踊り「ヌンリム」の儀式で「ハミ(危険なもの)」を演じるグスギムク(コスキモ)族。グスギムク族は太平洋岸北西部に住む、クワクワラ語を話すクワキウトル族に含まれる。神隠しに遭った若い男が無事に戻って復活した伝説を物語る踊り。

背曲がりの神

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 収穫と靄(もや)と豊穣の神「ガーン・アスク・イジー(背曲がりの神)」を表したナバホ(ディネ)族の礼装。背中を曲げて畑へ種を蒔く姿を連想させる背中は、虹でできており、中には種と靄が入っているという。

黒い神

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 ナバホ族の礼装で、ナバホに言い伝えられている神々のひとり「ハーシュ・イーシュジニ(黒い神)」を表している。主に火をつかさどる黒い神は、火おこしの道具を発明し、星座を作ったとされている。

水のために生まれた者

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 ナバホ神話の中心的存在である双子の英雄のひとり、「ト・バジシュ・チニ(水のために生まれた者)」を表す衣装。ト・バジシュ・チニと双子の相方「ナーイー・ニーズガニ(敵を打つ者)」は、世界中のモンスターを全て退治した。

ワタリガラス

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

「クワーウムル」と呼ばれる大鴉の衣装を身に着けたグスギムク族。ワタリガラスは、自分の姿を自在に変えられる優しいペテン師と考えられている。

女神

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 ナバホ族の善意の女神ハシェバードの仮面。カーティスの撮影した仮面は真冬の「エイビチャイ(夜の祈り)」の儀式に使われるものだが、彼がナバホ族を訪れたのは夏だったので、撮影のためだけに衣装を着けさせた。

シロイワヤギ

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

「タウィヒアール(シロイワヤギ)」を人格化したクワキウトル族の踊り手。

敵を打つ者

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 ナバホ神話の中心的存在である双子のひとりナーイー・ニーズガニの仮面。双子のうち好戦的な方のナーイー・ニーズガニは、いなづまを走らせる黒い火打石でできた鎧を身に着けていた。

混乱をもたらすもの

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 森の精霊「ヌーリムキラカ(混乱をもたらすもの)」の大きな仮面と手を着けたグスギムク族。森で道に迷った狩人を混乱に陥れると言われている。

ふさふさの口

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 ナバホ族の善良な水の精「ザハドルザ(ふさふさの口)」の仮面。カーティスの著書「The North American Indian」によると、水におぼれた人が助けられると、人々はザハドルザへ感謝をささげるという。

水のために生まれた者

PHOTOGRAPH BY EDWARD S. CURTIS, NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

 ト・バジシュ・チニの姿をしたナバホの礼装。カーティスが撮影したナバホ族の礼服の中には、白人商人の息子でカーティスの通訳を務めていたチャーリー・デイがモデルになって身に着けたものもある。

文=Michael Greshko/写真構成=Kurt Mutchler/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加