ガラパゴスのゾウガメに「新種」発見

島のゾウガメ、2グループの一方が遺伝子解析で新種と判明

2015.10.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンタクルス島のゾウガメ。20キロほど離れた地域に2つの個体群が生息し、見た目には区別がつかないが、実は別の種だったことが判明した。(Photograph by Washington Tapia)
[画像のクリックで拡大表示]

 南米エクアドル沖のガラパゴス諸島で、ゾウガメの「新種」が特定された。(参考記事:動物図鑑「ガラパゴスゾウガメ」

 ガラパゴス諸島のサンタクルス島のゾウガメは、2つの個体群に分かれていることが以前から知られていた。島の東側にいるのは、「セロ・ファタル」と呼ばれる小規模な個体群。西部から南西部には「レセルバ」と呼ばれる、もっと大規模で頭数の多い個体群が生息する。両グループのゾウガメは見た目がよく似ているので、最近まで、同じサンタクルスゾウガメ(Chelonoidis porteri)と考えられていた。

 だが米エール大学の進化生物学者、アダルジサ・カコーネ氏率いる研究チームが遺伝子を解析したところ、2つの個体群のゾウガメが同じ種ではないことがわかった。細胞核のDNAとミトコンドリアDNAの反復配列の分析から、両グループは異なる種であることが判明。さらに、2つの個体群はお互い同士よりも、それぞれ別の島の種と近縁であることも明らかになった。(参考記事:「イヌ属で150年ぶりの新種見つかる」

 そこで、解決すべき問題がもう一つ浮上した。サンタクルス島の2つの個体群のゾウガメのうち、一方は新種ということになる。では、どちらのグループが新種なのだろうか?

「遺伝子を見れば両者は別種なのですが、見た目にはほとんど違いがわかりません」。そう語るのは、米ニューヨーク州立大学の保全生物学者で、カコーネ氏の論文の共著者でもある、ジェームズ・ギブズだ。

どちらのゾウガメが新種?

 いったいどちらが新種なのか。その答えを求めて、研究チームは、博物館に収蔵されたこのゾウガメの標本を調べた。そのなかには20世紀初頭に収集され、サンタクルスゾウガメの基準とされる、いわゆる「タイプ標本」も含まれていた。種を決める論文で証拠として使われた、貴重な標本だ。

 ところが遺伝子解析の結果、このタイプ標本が交配種だったことが判明した。細胞核のDNAはレセルバ個体群だが、母性遺伝のミトコンドリアDNAはセロ・ファタル個体群のものだったのだ。(参考記事:「ダーウィンフィンチのゲノム解読が広げる種の概念」

 この結果にカコーネ氏は驚いた。ゾウガメで、異種交配の例はあまり見つかっていないからだ。分類学の専門家にも問い合わせ、最終的に細胞核のDNAを優先することに決まった。つまり、頭数の多いレセルバ個体群は、サンタクルスゾウガメ(C. porteri)のまま。新種とされたセロ・ファタル個体群は、ファウストガメ(Chelonoidis donfaustoi)と命名された。この名前は、ゾウガメをこよなく愛し、有名なピンタ島の「ロンサム・ジョージ」を長年世話したファウスト・ジェレナ・サンチェス氏の名にちなんでつけられた。(参考記事:「ロンサム・ジョージの死と希少種保護」

 この新種についてまとめた論文は、オンライン科学誌「PLOS ONE」に掲載された。

ゾウガメの保護にも役立つデータ

 タイプ標本が珍しい交配種だったことに加え、2つの個体群の見た目が似ていることから、米スミソニアン国立自然史博物館の研究員ダニエル・マルケイ氏は、今回の報告をやや懐疑的に受け止めている。
「研究チームは細心の注意を払い、データの収集や解析を徹底的に行っています」とマルケイ氏は認めつつも、詳細な遺伝子解析の結果をもっと見たいと話している。

どちらの個体群のゾウガメも、ドーム型の甲羅をもち、見た目はそっくり。遺伝子の解析や精密な計測が、両者を区別する助けとなる。(Photograph by Adalgisa Caccone)
[画像のクリックで拡大表示]

 「もし2つの個体群が別の種でないとしたら、(ガラパゴスの)ゾウガメはすべて同じ、単一の種ということになってしまいます」。チームの解析結果を支持するカコーネ氏は、メールでこう伝えてきた。
 米カリフォルニア州立大学フラトン校のジェームズ・パルハム教授は、こう付け加える。「セロ・ファタル個体群は、新種として命名する必要があるでしょう。ガラパゴスのゾウガメは1種だけ、ということにしたければ話は別ですが、そんなことを望む人が多いとは思いません」。生物多様性を研究するパルハム教授は、今回の研究には加わっていない。

 今回得られた新たなデータは、サンタクルス島の2つの個体群を保護する上でも重要な役割を果たすとみられる。新種のファウストガメの生息数は、わずか250頭ほど。サンタクルスゾウガメの生息数はこれより多いが、その生息域は地理的に限定されている。(参考記事:「“渡り”を行うガラパゴスゾウガメ」

「ゾウガメの進化史や種ごとの分布について理解が深まれば、個体群を適切に管理していく助けになるでしょう」とパルハム氏は語る。

文=Rachel A. Becker/訳=倉田真木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加