絶滅寸前のカエルを火山から救え! エクアドル

噴火するコトパクシ山を前に、学者たちの救出活動が始まった

2015.10.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生息数が激減しているエクアドルのコオイガエル。火山の脅威が迫っている。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 南米エクアドルの首都、キトの近郊にそびえる活火山、コトパクシ山が活動を再開した。大規模な噴火が起こる前に絶滅寸前のカエルを避難させようと、学者たちが懸命な救出活動を行っている。

 茶色い縞模様の小さなカエル、コオイガエル(Hyloxalus (Colostethus) jacobuspetersi)は、かつては人家の裏庭など、どこにでも見られる種だった。だが、近年になって個体数が激減。原因はわかっていないが、今では地球上に個体群がただ一つ残っているのみとなった。アンデス山中のピタ川沿いに、100匹に満たない成体と、いくばくかのオタマジャクシが生息している。ピタ川の源は、活火山コトパクシの頂上付近から流れる雪解け水で、最近、この山の噴火が活発化している。(参考記事:「宇宙から見たコトパクシ山の噴火(宇宙画像集より)」

時間との戦い

 コトパクシ山は1900年代初頭から事実上の休眠状態にあったが、今年8月に水蒸気とともに火山灰を噴き上げた。その量はさほど多くはなかったものの、まだ活動は続いており、内部ではマグマの上昇も見られる。火山活動が本格化した場合、付近の住民30万人以上が危険にさらされる。さらに大きな噴火があれば、山頂の雪や氷が解けて大規模な泥流や洪水を引き起こす可能性がある。それは数カ月後、あるいは数週間後のことかもしれない。

 ピタ川を猛スピードで流れる溶岩や泥水、地面に降り積もる大量の火山灰は、ほぼ確実にコオイガエルを絶滅させるだろう。そのため学者たちは、コトパクシ山が本格的に噴火する前に、できるだけ多くのカエルを救出しようとしている。

「通常であれば、火山の噴火が種の存続に影響することはほとんどありません。その場所の個体群が消滅しても、離れた別の場所にほかの個体群がいますから」と、エクアドルカトリック大学の爬虫類学者サンティアゴ・ロン氏は言う。しかし、コオイガエルの場合、火山の危険にさらされているその個体群こそが、最後の一つなのだ。

 コトパクシ山の火山活動が活発化した夏以降、ロン氏が率いる研究チームは、コオイガエルの生息地を調査し、これまでにオタマジャクシ25匹と幼体(四肢をもった子ガエル)1匹を持ち帰った。

「今は乾期でカエルの活動が鈍く、見つけるのは非常に困難です」とロン氏は言う。その上、コオイガエルは昼間に行動するため、学者が近づくと警戒されてしまうのだ。

 しかし、間もなく雨期になり、カエルの採取は容易になる。雨が降れば、その鳴き声でどこに隠れているかがわかるからだ。

8月に噴火したコトパクシ山。水蒸気とともに火山灰を噴き上げている。本格的な噴火が起きたら、キトの住民だけでなく、野生のコオイガエルの命も危険にさらされる。(PHOTOGRAPH BY DOLORES OCHOA, AP)
[画像のクリックで拡大表示]

長期的な保護計画

 ロン氏のチームは、以前から絶滅の危機に瀕したエクアドルのカエルを救う活動を行っている。エクアドルの両生類は世界有数の多様性を誇り、これまでに550種以上(そのうちの40%が固有種)が見つかっているが、その3分の1以上が絶滅危惧種か絶滅寸前種だ。そんな現状に危機感をもつ彼らは、「Balsa de los Sapos(カエルの救命ボート)」と呼ばれるプロジェクトを進めている。国内に生息する種をできるだけ多く捕獲して飼育、繁殖させることを目標とし、環境が許せばその一部を野生に戻すという計画だ。(参考記事:2009年4月号「地球のいのち 両生類の危機」

 ロン氏の研究室では現在30種、約1500匹の両生類を飼育している。なかには繁殖に成功したものもあるが、多くのカエルは特殊な環境条件がそろったときにしか繁殖活動をしないため、研究室で再現するのは難しい。

 コオイガエルも例外ではないが、繁殖の心配はまだ先の話だ。まずは、少なくとも50匹の成体と100匹程度のオタマジャクシを救い出さなければならない。「自然界ではオタマジャクシの生存率は非常に低く、これを採集して飼育すれば、生存率を80~90%まで高められます」とロン氏は語る。また、オタマジャクシを採集しても野生の個体群にはほとんど影響がなく、研究室育ちのカエルは成体になっても飼育下で生き残りやすいのだという。

繁殖させて自然に返す

 こうした試みには先例がある。2001年にはタンザニアの生物学者が、個体数が急速に減少していた固有種のキハンシヒキガエル(Nectophrynoides asperginis)を捕獲して繁殖させ、2012年に野生に戻すことに成功しているのだ。

 ロン氏は、コオイガエルにも同じような方法が可能であると期待を寄せている。コトパクシ山が噴火した場合、生息地が現在と同じ環境になるには長い年月を要するかもしれないが、それでもかつていた場所に戻すことはできると考えられている。
 
両生類保存連合のドン・チャーチ理事は、「これほど広範囲にわたってカエルがいなくなった理由は十分には解明されていませんが、エクアドルの研究者たちは、病気と気候変動が主な原因だと考えています」と言う。

 「これらの問題はまだ解決していませんが、野生のカエルたちが直面している脅威を和らげるために、いくつか新しい手段を構築しつつあります。たとえば、カエルの皮膚についている細菌の一つには、多くのカエルを死に追いやっているカエルツボカビに抵抗する力がある可能性が出てきました。こうした手段は、いろいろな場所で、いろいろな生物に試してみる必要があるでしょう」(参考記事:「カエルの楽園で致命的なカエルツボカビを発見」

「特別な保護を必要とするコオイガエルは、絶好の被験体候補です」とチャーチ氏は言う。だがもちろん、火山がカエルを絶滅させる前に保護できたらの話だ。

文=Jennifer S. Holland/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加