火薬をかぎ分けるネズミ、地雷除去に活躍

嗅覚は抜群、軽いから地雷を踏んでも爆発しない

2015.10.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


カンボジアのある団体は、至る所にバラまかれた200万個近いとされる地雷を、アフリカオニネズミに探知させようとしている。

 アフリカオニネズミは、中央アフリカに生息する大型のネズミで、目は悪いが、嗅覚は並はずれて鋭い。

 そのため、TNT火薬をかぎ分けて、地中に埋もれている地雷を探すにはうってつけだ。紛争から数十年経っても地雷や不発弾が残ったままの地域もあり、踏んで怪我を負ったり命を落としたりする人は、毎年、数千人に上る。

 2014年版『ランドマインモニター報告』によると、地雷など地中に埋まった爆発物による死傷者は、2012年の4325人に比べ2013年は3308人と減少している。

 このように埋もれた爆発物の探知は、困難で危険を伴う。人間が金属探知機で探すのは、命の危険があるだけでなく、時間がかかり、探知機にそれらしい反応が出るたびに作業を中断して確認しなければならない。訓練を受けた犬もよく使われているが、費用がかかるし、輸送も簡単でない。

 TNT火薬をかぎ分けるアフリカオニネズミたちを世に送り出しているのは非営利団体「APOPO」。同団体によると、ネズミは体重が軽いので、地雷を踏んでも爆発せず、嗅覚を駆使して爆発物をすばやく見つけ出せるという。

 1匹のネズミは20分で200平方メートルを探査できるが、同じ広さを人間がやると4日かかると、APOPOの訓練担当、アブドゥッラー・ラマダーン氏はメールで語った。

 APOPOは1997年の設立以来、この恐ろしく鼻の利くネズミの助けを借りて、タンザニア、モザンビーク、アンゴラ、ごく最近になってカンボジアで、1万3200個の地雷を除去してきた。(参考記事:「再生するカンボジア 地雷の傷と生きる」

9カ月の訓練

 とはいえ、地雷をかぎ分けられるようネズミを訓練するのは、簡単なことではない。

 まず、ネズミは人間との関わり方を学ぶ必要がある。そのため生まれてすぐに訓練を始める。また、ネズミは言葉による指示には反応しない。そこで、カチッと音がしたらごほうびのエサをもらえると、トレーナーはネズミに教え込まなくてはならない。

 最後のステップは、ネズミにハーネスを装着させてロープに通し、地雷原に格子状に張ったロープに沿って動くよう教えることだ。

 訓練を受けたネズミは、地雷を探知すると、止まってTNT火薬のにおいのする地点を引っかくようになる。そこに、人間の地雷除去兵が印をつけ、後で掘る。地雷が見つかれば、その場で爆破する。

 こうした訓練をすべて終えるのに、どのオニネズミも9カ月かかる。これは難点のひとつだ。オニネズミの寿命は約8年しかないので、比較的短い期間で多くのことを習得することになる。

 ラマダーン氏によると、地雷をかぎ分けるネズミはすでに各地で活躍し、大きな成果を上げているという。(参考記事:「訓練した大ネズミで結核診断」

 たとえば、カンボジアでは村落の半数近くで地雷のために土地利用が制限され、建築も耕作もできず生活に支障をきたしていると、政府は報告している。

 ラマダーン氏は言う。「私が会った人はみな、びくびくせず自由に歩きまわれるようになって心底ホッとしていました」

文=Rachel A. Becker/訳=倉田真木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加