世界最大級の臭い花がシカゴで開花、大人気に

強烈な腐肉臭を発するショクダイオオコンニャク、その悪臭の理由

2015.10.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米シカゴ植物園で開花した、ショクダイオオコンニャク「アリス」。仏炎苞(ぶつえんほう)の下部にある四角い切り口の痕は、人工受粉作業のためのものだ。(PHOTOGRAPH COURTESY CHICAGO BOTANIC GARDEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 数週間前から米国のシカゴ市民たちが楽しみにしていた日が、ついにやってきた。2015年9月29日、シカゴ植物園で「アリス」と名づけられたショクダイオオコンニャクの花が咲いたのだ。ショクダイオオコンニャクは世界屈指の巨大な花で、腐肉のような悪臭を放つことで知られている(英語では「corpse flower(死体花)」と呼ばれる)。

 実はこの植物園では、8月にも「スパイク」という名のショクダイオオコンニャクが花芽をつけたが、開花には至らず市民を落胆させていた。アリスが開花し、植物園のスタッフはさぞかしほっとしたことだろう。

 この花のにおいは、私たち人間にとっては世界有数の悪臭だが、哺乳類の糞(ふん)を餌にする甲虫やハエにとっては、好機を示すかぐわしい香りなのだ。

「この花のにおいを嗅ぎつけた昆虫たちは、卵を産みつけられる腐った肉があると考えて、どこからか集まってきます。この花は、集まってきた昆虫たちの力を借りて、受粉するのです」と語ったのは、ウィスコンシン大学マディソン校の植物園・温室長、モー・フェイヤズ氏。2013年、首都ワシントンD.C.にあるアメリカ植物庭園でショクダイオオコンニャクの花が咲いたときにも、名高い悪臭を嗅ごうとする人々が行列を作った。「人間にとっては悪臭ですが、ハエにとっては良いにおいなのです」(参考記事:「ショクダイオオコンニャク、ついに開花」

 多くの人がこの花を見てきたことをソーシャルメディアで報告しているが、長時間並ぶ価値はあるようだ。しかし、強烈な悪臭を放つ植物が、なぜこんなにも人々から愛されるのだろうか?

 ナショナル ジオグラフィックのウェブ編集者、エリカ・エンゲルハウプトは、ソフトなマゾヒズムと関係があるのではないかと見ている。臭いけれど安全な環境で、自分の鼻(と心)がどこまで苦痛に耐えられるのか試してみたい、というのだ。

悪臭にはワケがある

 ショクダイオオコンニャクはインドネシア原産で、高温多湿な環境と広々した空間を好む。

ショクダイオオコンニャクの「アリス」が成長し、開花するまでを、連続写真にまとめた。開花直前には、高さ約140センチ、幅約90センチに達した。(IMAGE COURTESY CHICAGO BOTANIC GARDEN)

 厳密に言えば、これは「一輪の花」ではない。栗色で花びらのように見える部分は仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる葉で、その内側に、たくさんの花がびっしり並んだ肉穂花序(にくすいかじょ)が隠れている。仏炎苞からのぞいている花序の先端部分を見れば、Amorphophallus titanum(アモルフォファルス・ティタヌム、「巨人のいびつなペニス」の意)という学名がひらめいた理由が想像できるだろう。英国の映像プロデューサーで生物学者のデビッド・アッテンボロー氏は、教育的配慮から「titan arum(タイタン・アラム)」と呼んでいる。

 ショクダイオオコンニャクの特徴的なにおいは、数種類の分子からなっている。いずれも悪臭を放つ分子で、これらが合わさることで、ハエや甲虫、そして人間を引きつけてやまないにおいになる。そのうちの1つ、トリメチルアミンは、腐った魚のようなにおいがする。また、イソ吉草酸(3-メチルブタン酸)は、スポーツジムで一汗かいた後の靴下のにおいの原因物質で、チーズや汗のような刺激臭がする。(参考記事:「強烈な腐敗臭、コンニャク属の新種花」

「ショクダイオオコンニャクの花は、含硫黄化合物を分泌することで、ハエの魔法のスイッチを入れる」と説明するのは、化学生態学者でコーネル大学准教授のロブ・ラグーソ氏だ。さらに、この花は発熱して人肌ほどの温度になるため、昆虫はますます大好きな腐肉だと思い込む。「ハエは遠方から飛んできて花にとまり、卵を産みつける場所を探して、内部の暗がりに入っていくのです」

 アメリカ植物庭園の植物キュレーターのビル・マクロクリン氏によると、昆虫たちは圧倒的な腐肉のにおいに引き寄せられて、花の内部の狭い空間に無理やり入る際に、たっぷり花粉をまぶされるのだという。

 うまくいけば、この昆虫たちが別のショクダイオオコンニャクの花に出会い、受粉させることになる。


シカゴ植物園のスタッフによる、「アリス」の人工受粉作業の様子。

文=National Geographic Staff/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加